News【改正児童ポルノ法案】民主党女性議員らシーファー駐日米国大使と意見交換(2008,04,02)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

民主党:児童ポルノ規制めぐり女性議員らシーファー駐日米国大使と意見交換
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=13002
(web魚拓)http://s04.megalodon.jp/2008-0403-1533-29/www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=13002

一部抜粋
女性議員からは、大使の考えに賛成する発言や大変重要な問題を取り上げたことへの感謝の言葉が続いた。一方、日本での法規制強化、単純保持を処罰の対象にした場合、警察権力の乱用につながることへの危惧も示され、このようなことがないことがしっかりと示せないといけない、との指摘もあった。

どうやら、出席された議員の中には、単純所持規制を危ぶんでいる方もいるようです。


参考 1998年6月11日 児童買春・児童ポルノ規制法案に関する見解(民主党児童性的虐待問題プロジェクトチーム)
http://www.dpj.or.jp/seisaku/sihou/BOX4151.html
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。