[05年2月] お題は「( )願( )」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

単願

0502_1.jpg

補助外しゆっくり進む自転車の後ろ見つめる薄着の父親


               由(ユ)






願望



何気ないコトバでも人を傷つけることがある。

「結婚は?」
「お子さんはまだ?」
「一人っ子はかわいそうよ」

悪気はないとわかっていても
悩んでいる時期にその手の話題を出されると辛くなってしまう。
サラッと聞き流せればよいのだが、人間なかなかそうもいかない。

今回、出産してみて気付いた。

「母乳は出るの?」

いろいろな人から繰り返されるこのコトバ。
何度も言われると、新米ママは結構しんどい。(^^;)

母乳は出産すれば自動的に出るものではなく
何度も赤ちゃんに乳首を吸ってもらったり
上手なマッサージをすることで出るようになるのだが
すぐにたくさん出る人と、少し時間がかかる人とがいるらしい。

同じ時期に産んだ妊婦さんは
義理の両親に母乳が出ないことをネチっと言われ
ストレスが溜まって泣いてしまった、と話していた。

コトバをどう受け取るかはその人の”解釈”だが
やっぱり相手の気持ちを考えてコトバを使いたいな。


               大ちゃん




本願


 「おまえはいつだって他力本願なんだから。たまには自分の力で
なんとかしてみろよ」なんてやりとりを時折り耳にします。他人の力を
当てにする、それが他力本願だと。でも、それだけの意味にしては
少し仰々しい言い回しだなと思っていたところ、これはもともと仏教語、
本来の意味はぜんぜん違います。

 まず「他力」。これは誰か他人の力じゃなくて、仏の力、はたらきのこと。
そして「本願」は仏の願い、「必ずおまえにも悟りをひらかせてやるぞ」
という願いです。

 本願に向き合うこと、仏の願いにどうやったら応えられるのだろうか、
そう悩んでみるところから、仏の道は始まります。


               まっちゃん




小 願


小さな願い【short hope...】

背の小さなのぞみは20歳をもう2年も過ぎているのに
いまだによく高校生に間違えられる、地味で大人しい女の子。
彼女の憧れは前の会社に居た背の高い先輩。
いつもショートホープをくわえている、今時珍しいタイプだけれど、
その姿こそがのぞみ的には堪らないポイントだったりする。

偶然、先輩に出くわしたのはLOFT近くのビルの前。
驚いたのぞみに、先輩は
「せっかくだし、時間有るなら珈琲でも飲んで行くか!」
と更に刺激的な一言を投げつける。
顔を真っ赤にしながら後を付いて行くのが精一杯で、
そのままビルの7階のCafeでお話し...
会社で見ていたのとはかなり違う雰囲気。
でもくわえるタバコは変わってなかった。
しかも気を遣っているのか禁煙なのか火を付けない(笑)。
少し安心して、だんだん話が弾み始めるのぞみには
もう、こーひーの味さえ分からない。


何となく店を出るタイミング。
素敵な時間もあと少し。LOFTも多分もう閉まってる...。
下に降りるエレベーターの中でずっとうつむいていたのぞみは
ドアが開くと同時に 小さな小さな願いを口にした
「ま...、また会って!.........」


先輩はとびっきりの笑顔で
" short hope " に火を付けた................


               SAKA.
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|