[05年3月] お題は「( )離( )」

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

流 離

0503_1.jpg 新天地いよいよ移るわくわくと目映る景色変わる寂しさ 

               由(ユ)









距離


良い人間関係を続けるには何が必要だろうか?

逆説に聞こえるかもしれないが、少し”離れてみる”ことではないか。

たとえば、四六時中一緒にいるカップル。
初めはラブラブで楽しいかもしれないが、
常にべったりでは新鮮さがなくなり、
物足りなさを感じるようになるかもしれない。

趣味やネットワークなど
お互い別々の世界を持ち、刺激し合うことで、
魅力的な「男」と「女」でいられる気がする。

自宅で肉親を介護している人も、そうだ。

たとえ「思い」があったとしても、
24時間一緒にいたら、精神的にも肉体的にもまいってしまう。

ホームヘルパーに来てもらうなど
介護から離れて、少しでも自分の時間が持てれば、
肉親に対してもっともっと優しくいられると思う。

愛しいわが子でさえも、1日中一緒にいたら息が詰まってしまう。

10分でも15分でも誰かに見てもらって
子どもと離れる時間を持てれば、
気分がリフレッシュでき、
よりいっそう子どもを思う気持ちが深まるのではないか。

少し「距離」を置くこと。これがウマくいく秘訣だろう。

               大ちゃん





距 離


のぞみは2週に1度位の割合で、
好きな先輩と街で会うようになった。

とは言っても会ってする事はといえば、
いつものCafeでお茶か食事をして、後は
渋谷の街をぶらーっと歩いたらそれでおしまい。

いまどきありえないほど奥手なのぞみは、
手をつなぐどころか、横に付いて歩く事さえ満足にできない。
気が付くといつも先輩から50センチくらい離れて歩いている。…おいおい…。

今日ものぞみと先輩の距離は50せんちめーとる。
先輩はさっき食べた海鮮丼の話をしているみたいなのだが
正直いまいち聞き取れない。
気が付くと線路の上の夜の公園。いつもならぼちぼち帰りの時刻。
のぞみにとってはちょっと寂しい時間帯。

『なんか…いつも…離…なあ~!』
急に先輩が話し出したので聞き逃してしまった…。

『えっ、なに…?』

『離れすぎー!』
先輩がのぞみを掴まえて引き寄せた。

2人の距離が一気に近づいた。


というか唇がくっついた……。


               SAKA
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|