十分に気を付けておきましょう!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

普段何気なく見かける違反行為があると思います。
「不快だなぁ」と思う人も多いと思いますが、
実はその行動の中には犯罪を犯していることがあるのです。
ではその違反行為はについてご紹介します。

まずはお酒を飲んだ後に自転車に乗って帰ることです。
飲酒運転はもちろん違反ですし取締の対象となります。
しかしそれは車やバイクだけではありません。
お酒を飲んで自転車に乗ると懲役5年以下もしくは100万円以下の罰金になるのです。
実際お酒を飲んで自転車に乗って小学生に怪我をさせたという事故がありました。
これも重過失傷害と道路交通法違反で逮捕されたという実例があります。
なので自転車は大丈夫だろうと思わずにしっかり押して帰るようにしましょう。

また他にも電柱に登るのも違反なのです。
よくお遊び半分で電柱に登るという光景を見たことがある人もいるかもしれません。
しかし実は電柱が登れるのは電気主任技術者と呼ばれる国家資格を持つ人のみなのです。
もしこれを犯してしまうと電気事業法に違反をしてしまうことになるのです。

また他にも並んでいる列に割り込みをするのも違反です。
よくお店などで行列ができているところがあると思いますが、
それに割り込んでしまうと何と違反になってしまうのです。
これは計犯罪法1条13号にも記載されているもので、この法律に触れた場合は1日以上30日未満の拘置か1000円以上1万円以下の罰金となるのです。
普段何気なく見る光景にも罰せられる対象となっているのです。

このように生活をしていくうえで見かける違反行為も、
法律に触れていることが多々あるようです。
なので違反行為をせずに過ごすことが一番大事なことなのです。
皆さんも十分に気を付けておきましょう!