※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

While text~(小西)

テキストの違いが流派の特徴を区別する一方で、ほかには語りや演奏の様式に違いがある。

Anyone who~(こや)

新内節の語り手の素晴らしい裏声(?)を聞いた人は、これらの声の移り変わりと、他の様式とを決して混同できない。

This music,~

この音楽は鶴賀新内によって作られ東京で唯一禁じられた遠まわしに夜のない町と呼ばれる場所、吉原で名声を得た。

The story~(斎藤)

この禁止の背景にある話は、かなり特異である。

The madames~

吉原地区の様々な店の女亭主や所有者は新内節に長く晒された’雇用者’が恋に落ち多くの場合逃亡する傾向があり、どちらにせよ商売に悪影響を与えるとした。 

Despite this~(ササキ)

この禁止にもかかわらず、あるいはもしかしたらそのために、新内節は今日で未だに聞かれるのかもしれない。

Shinnai-bushi uses~(瀬崎)

新内節はいくぶん難波節に似た三味線様式を用い、新内節で使う楽器もさおはやや厚い。

The plectrum,~(田代)

しかし、バチはそれほど鈍くはない。

In shinnai,~(田上)

新内では、明るく高いオブリガート(第二声部?)でかきならし続ける第二三味線がよくある。

This adds~(土谷)

これは音楽の全体の音色に、より多くのつやっぽさを加えます。

When Shinnai~

新内節が場内の公演の伴奏として使われるとき、語り手の声は強さを保ちつつボリュームを減らす一方で、その緊張はきわめて一貫している。

The most~

新内節の最も個性的な質は主要なフレーズがひどく高い音で始まり、そして波を打ちながら落ち、語りのトーンにいたるまでの短いアラベスクであることである。

(1)The formal~(19行目)

新内節の一部の形式的概要は対話部分が非常に少ない点を除いて浪花節のそれと似ている。

The piece~

現在でも謳われているその部分は浪花節より短い傾向にある。

Shinnai-bushi can~

新内節は浪花節の感情表現よりやかましくなく且つ表現の十分な官能を保とうと、素人の練習生の集団が開発した。

Shinnai-bushi can~(小西)

新内節は観客が全員畳に座れるような、日本の小さな劇場で見聞きするのが最も良い。

Here one~(こや)

ここでは、強い、しかしあまりに強すぎではない感情で歌われる古い恋物語の物悲しさをさりげなく味わいながら、タバコを吸ったり、食べたり、飲んだりする人もいるかも知れない。

Perhaps this~(斎藤)

おそらく、これが新内節の本当の隠された魅力である。

Tokiwazu-bushi,found~

常磐津(?)節は文字太夫常磐津によってつくられ、歌舞伎の劇場でよく見られる語り物音楽の一つである。

It also~ (ササキ)

それは愛好家や三味線コンサートの愛好者の間でよい支持をも得ている。

It differs~(住友)

それ(常磐津節)はずっと激しくない歌い方で、打楽器的ではない三味線のパートを持つことから、上記の演奏方法とは異なる。

Both the neck~(瀬崎)

あとから述べる唄いものの楽器よりも三味線の音色は明らかに重くしゃがれているにも関わらず、そのさおとバチはどちらもそんなに厚くない。

A wide-based~(田代)

底辺の広いコマ(ウマ)が、三味線の種でこの「アルト」の音(高い音)を生み出すのを助けている。

The stories~(田上)

常磐津節の物語は、全ての語り物三味線形式に見られるものの典型である。