※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

By connecting~(小西)

これらの写真を前の演技についての記述を繋ぎ合わせると、義太夫の語り手を実際見たことない人もこのような場面での興奮の小さな断片を描けるだろう。

After a~(こや)

三味線による序奏のあと、太夫は、2トントラックのローギアの音にやや似た、深いとどろくようなブンブンとした音で始める。

Slowly his~

彼の唇はゆっくり離れ荒々しくも開かれた母音の音が観客と人形を目覚めさせるため重く潜んだ空気に電気のような興奮を与え、舞台上を漂う。

The story~

話はフレーズの間に短い調的な解説を絶えず挟みながらシンプルなモノトーンで開ける。

Gradually,the~

徐々に緊張は高まり三味線はよりかき鳴らされ歌は時に歌い、時に語り、またある時は二つを混ぜた言いようのないものになる。

At the~(田代)

同時に、唄い手の体全体が、彼が演じている登場人物に取り付かれたようになる。

His legs~(田上)

彼の足は座布団に固定されているように見える、しかし彼の胴体、頭、腕は身もだえするような感情の塊となる。  顔をみよ!!!

Look again~.Picture~ (土谷)

58図-69図を見てください。赤く、汗をかいた顔、そして首とこめかみのふくれた血管が見えます。

It is~

これは語り手が彼自身の真の感情の熱を持って舞台上の相当する木の人形に大きな熱意を吹き込もうとするためである。

The music-stand~

語り手の前の譜面台は重くしゃがんだもので、叫びをより高くするために叩いたり打ったり上を這うのに必要である。

(1)A lone~

ただ一人の語り手は小さな子供から武士や年老いた祖母まで舞台上の全ての登場人物を描く。

But never~

しかし義太夫においては白か黒しかないため、どう猛な悪者のうなりや女性のキーキーという笑い、ごろごろした音は決して使わない。

The confusing~

多くの西洋の劇で見られる混ざった灰色は文楽劇ではあまり見られない。

Right is~(小西)

真は真、偽は偽、そして死は一つの犯罪の唯一の解決法である。

Thus,no~

このため義太夫の語り手による登場人物のように深く泣いたり心から笑う人は一人もいない。

Gidayu is~

義太夫は多くの人が日本音楽の全ての形の中で最も難しいと考える。それは語り手には非常なスタミナが必要でありよいメロドラマの役者でなければならないことと舞台の動きと三味線の伴奏を同時に調和させる必要があるためである。

The problem~(ここで終了)

舞台の方向の問題は実際は劇の進行を見ないといけない三味線奏者の手にあり、掛け声や音楽的合図で同時に全体を織り交ぜるためである。