※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The long~(ササキ)

その三味線の長いネックは運ぶ便利のために、取り外すことのできる3つの木製のパーツで作られている。

The thickness~(住友)

棹の太さは、三味線で使われている絹を縒って出来た三本の弦の太さと同様に、音楽の演奏の種類によって変わる。

Nylon strings~(田代)

現在ではナイロン弦も使われている。

The strings are~(田上)

その弦は下端では音緒に結びつけられていて上部では三つの糸巻きに結び付けられている。

These pegs~(土谷)

これらの糸巻き(弦巻き)は象牙や木で作られています。

Because of~(?)

皮は反応しやすいので、ブリッジ(駒)の形、重さ、材質、位置は三味線の音色にとても重要である。

The most~(?)

最も一般的な駒は象牙で作られているものだが、プラスチックや木製のものも使われている。

(1)The plectrum~(9行目)(小杉)

ピック(ばち)もまた大きさや形に種類がある。

Plate 73~(児玉)

図73は3種類のばちを示している。

From the left~(小西)

左から地唄ばち、長唄ばち、そして最後のばちは義太夫節のためのものです。

The concert~(コヤ)

演奏会用の撥(ばち)は象牙で作られており、一方、練習用の撥は木製である。

These wooden~(斎藤)

これらの木でできたばちは、3つの違った種類の木を精巧に組み合わせてできていて、後ろと中心の一部は、バランスをとるために、より重くなっていた。一方、目立った縁(端?)は、音色のために、弾力性を持ったものになっていた。

The tone~(?)

音色は三味線のもっとも独特の表情である。

In addition ~(?)

甘み渋みのある響きに加えて、三味線は太鼓のような鋭い音や、低音域ではややユダヤハープの音のようなぶんぶん音を持っている。

The drum~(住友)

叩いて音を出す効果は、弦とピンと張った猫の皮を同時に両方を叩くように、ばちで打つことによって得ることが出来る。

The reverberation~(瀬崎)

響き(さわり)はさおの先にある小さな窪みと特別な金属の駒によって生み出されている。

The lower~(田代)

他の弦(二の糸、三の糸)がこのコマ(ウマ)にのっているのに対して、一の糸はのっていない。

This cause~(田上)

これが原因で一の糸はこのくぼみにぶつかって振動する、一方で持ち上げられているその他の弦はその上を通り過ぎている。

The sound~(土谷)

この新しい装置によって作られた音は実際には琵琶の弦の強い余韻を模倣するための試みであった。というのは琵琶は三味線を初めて試みた人達のもっていた楽器であったからである。

There are~(堤)

三味線には十数個の付属品があったが、ここでただひとつ触れておくべきことはゆびかけ、すなわち指に引っ掛けるものである。

This is~

これは棹の後ろで手を上下に動かしやすくするために左手の親指と人差し指の間に付ける小さな織物の小物だ。

(1)Morden~(最終行)

現代の文明はこの伝統的部品を侵害し、ゆびかけは今では女性の着物に合うように作り変えられている。