※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(1)Naturally, then,~(小杉)

そしてもちろん、三味線の最初の音楽もまた物語的性質を持っていた。

There are~(児玉)

初期の段階では、民謡の伴奏として三味線が使われていた記録もあるが、日本の音楽の発展に関係づけるなら、もっとも重要な形式は“浄瑠璃”という物語形式であろう。

The word~(小西)

浄瑠璃という言葉は’浄瑠璃姫物語’と呼ばれる物語の題名の略で、’瑠璃姫の物語’と鮮やかに訳される。

Actually,it~(小西)

実際それは日本の偉大な武士義経の幼少期の話で、彼は平家物語で古くからとても強く描かれていた。

The original~(コヤ)

この最初に知られた彼の人生の伝説の三味線での元々の音楽は失われているが、今日に存在している数多くの模倣や念の入った作りかえが、その人気を証明している。

The word~(斎藤)

浄瑠璃という言葉は、すぐに、古代から近世までの主題を利用した語りの三味線音楽の、十数個ある違った種類のうちのひとつを意味するようになった。

Such music~

この音楽も主に語りに関係する一般的な語り物となり、主に旋律に関係する唄い物と区別される。

The main~(ササキ)

浄瑠璃という言葉と語り物の主な区別は浄瑠璃は歴史的なものであり、一方語り物は歌いものとの対比のために後の門下生によって物語音楽を課されたものである。

The difference~(住友)

語り物と歌い物の違いは、言葉を重視するフランスオペラと、声と旋律を強調するイタリアオペラの違いのようだとよく言われる。

While in~(瀬崎)

実際のところは、日本、欧州のどちらの場合もその区別は明確ではない。それにもかかわらず、音楽様式の多くの面の研究部門のための最も都合のよい工夫として、そのような区分が使われている。

One of~(田代)

現在でも名残のある初期の語り調の音楽の一つが、浪花節である。

It is~(田上)

それは二章で述べられる、歌祭文の劇的な語りべの伝統の主要な系統です。

The uta-zaimon~(土谷)

歌祭文の名人は神社の境内の中に集められた、一般的な民衆の聴衆の前で彼の愛についての話を長々と話した。

Naniwa-bushi also~

浪花節はまた、農民たちともこの関係を保ってきた。

It is~

魅力ではアメリカの田舎の音楽に匹敵するが、話題や話しぶりはより高く発達している。

(1)Contemporary~(下から7行目)

現在の浪花節は商業化されたが、元々の語りの様式とされている基本的な質は変わらない。

Its formal~

その形式的な要素は世界中の話し手と共通部分がある。