※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

適宜加筆訂正します。情報の誤りや不足等があれば、コメントページにてご指摘下さい。

  • 虹裏mayに出没するクソコテ。豊田県在住のヒキニート。職歴無し。
  • 2006年頃には既に活動していた模様。
  • 虹裏では自分でスレを立てて構ってちゃんをする他、他スレにコテ付きで書き込んで無視される事も多し。
  • コテ無しでの書き込みや自演疑惑もあり。ラジオ等ではそれを認める発言も見られる。
  • あいんやちびとら、白濁等のクソコテは自分であると主張。
  • 根気の無さは筋金入り。様々な事をとしあき達から教えられるも、自分ではろくに調べもしない、すぐに投げ出す等の傾向が顕著。
  • 荒らしへの耐性が極めて低い。荒らしレスには極端に反応する一方、真摯な批判は容易にスルーする傾向がある。度々「楽しくやりたい」と発言し、自分をちやほやしてくれる反応以外は求めていない模様。
  • 2007年時点で28歳と自称するも、免許証画像の生年月日とは一致しない。なおこの免許証画像が本当に彼の物かは不明。
  • Fランク高校を出席日数ギリギリで卒業したと主張。
  • 自称鬱病、自称GID。だがおっぱいは好きなようだ。精神科に通院するも、改善の兆しが見られない事を理由に親から通院費を止められたとの事。
  • 家族からは蛇蝎の如く嫌われており、食事の準備もして貰えないとの事だが、自宅から追い出されはしないようだ。家族の居ない時間帯を見計らって、残飯を漁っているとの事。
  • 小遣いは貰っていないとの事。所持金の少なさをいつも嘆いているが、尽きる事はないようだ。
  • 100均を愛用している模様。100均コーヒーで空腹を誤魔化しているとの事。また、100均接着剤を「トルエンボンド」として壺にて販売しようとした事がある模様。売り上げ額は不明。
  • 自室にはテレビなし。見たい番組は録画予約しておいて家族の居ない時に見ているとの事。
  • 親からくすねたデジカメで自分撮り画像を多数うpしている。にこやかに微笑む画像から顔芸、全裸、果ては局部アップまで様々な画像が存在するが、としあきからの評判は低い。
  • 自宅では犬を飼っていたが、行方不明になったとの事。
  • iMacユーザ。1998年頃購入?のため、今となっては非常に低スペック。OSはMacOS9で、最近のソフトは一切使えない。IEやicabは壊れたと主張しており、Netscapeで虹裏を閲覧しているとの事。
  • icabではクッキーが機能せずトリップ等は毎回手打ちしていた所、トリップ漏れを起こした事がある。トリップは数回変更している。
  • 一時期物乞い路線を突き進み、個人情報は晒したくないが物は欲しいとして様々な手段を弄した。
  • 2007年9月、Amazonのウィッシュリストを公開して新PCや食料をリクエストしたが、誰も送る事はなかった。当時は母親がガンで自宅で伏せっているとの設定だったが、リストにポカリスエットを追加した時のコメントに「母親、最近は飲み物以外は吐く。ちょ、どんだけw」と記載し袋叩きに遭う。直後に「お母さんがね、食欲ないからね、お飲物あげたいの」と書き換え、更にその後ポカリ削除。スレでは「ポカリ?何カナ?」ととぼけて見せた。
  • としあきの中にはPCや食料を直接送ると言う者も現れ、局留で送るという流れになったが、郵便局への問い合わせをする事を躊躇し様々な言い訳で逃げようとした。最終的には勇気を振り絞ってなんとか問い合わせたようだが、「偽名での受け取りはできません」と言われたとの事。欲しい欲しいと言いつついざとなると怖じ気づいて逃げるその態度はとしあき達の不興を買った。
  • 2007年10月、としあき達の気を引くためにラジオ録音放送に踏み切る。家族には聞かれたくない、マイクがないなどとして、ラジカセを持って自宅近くの山の中で録音したと主張。だが録音された音声からは周囲の雑音等、主張を裏付ける内容は確認できず、虚偽である可能性が高い。ラジオの内容はヒキニートの名に恥じぬ悲壮感溢れるもので、多数のとしあき達を呆然とさせた。
  • 録音放送は「ガルキーバ引退宣言」で終わりを告げたが、実際には引退する事はなかった。その直後にトリップ漏れを起こす。土下座画像をうpしたかと思えば新トリ画像は挑発的顔芸でうpするなど、当人も混乱していた模様。
  • 2007年11月にはG4を譲るという人間が現れ、水面下で交渉が行われた。パソコンあきと呼ばれるとしあきとの交渉過程の一部は梱包途中のG4画像貼りによって公開され、としあき達に賛否両論を巻き起こした。ガルもかなり乗り気で、遂にG4ゲットかと思われた。だが土壇場でパソコンあきによる釣り宣言が行われるという衝撃の結末を迎えた。
  • この件がショックだったガルはコテ卒業宣言をしたが、大晦日にあっさり復活した。釣り宣言直後に「モニタを前にして呆然」画像を自ら貼っており、実際にどの程度ショックだったかは不明。
  • 2008年2月にはとしあき達の粘り強い指導によりどうにかラジオ生放送技術を習得、放送開始した。当初は録音放送でも見られたように低姿勢だったが、手慣れた途端に高圧的トークに変貌する。自分で用意したネタはことごとく滑り、すぐにとしあきにネタを求める姿勢は不評を買っている。現在及び過去の世間の流行に関連したトーク、格闘技やスポーツの話題は一定程度可能な模様。