記憶スキル「ペンは水よりも強し」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

琥葉の記憶スキル。

「自身の「喜び」に関する記憶の一部」から取得。


スキルの使用宣言が必要。
また以下の使用条件をクリアで発動可能。
  • 自身がなんらかの「液体」に濡れる
  • 自身がその液体で「状態異常」になっていない
  • 自身が水中にいない
  • 「液体」と「固形物」が混ざった物は対象ではない(泥、スライム等)

自身が濡れた「液体」を掌の上に集めて球体にし留める事が出来る、制限時間はない。
掌を返せば液体は重力に従い落下する。

また投擲スキルがある場合「液体」を投擲する事が出来る。
投擲スキルと同じく1d100を振って判定、成功値は濡れた度合いで変動する。
全身ずぶ濡れは50、半分程度の濡れなら60、片足、片手等の部分的なら80となる。
ただし敵に投げても「ただの液体」に固定ダメージは無い為
相手を自分と同じ位濡らす程度である。
火属性や水が弱点の敵、または対象ならばGMの判断で固定ダメージを多少つけても良い。


彼は人であり付喪神(ガラスペン)である。
その不確かな存在はまた不確かな対象を操る。
産まれた喜び、祝福された喜び、その喜びを胸に彼は立ち向かう。