固有スキル「××」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

仁与の固有スキル。

これは性質。
彼は生まれてきたことが"奇跡"、家族の"幸せの象徴"、
実現の為に自身が枷を背負った"不幸体質"。
幸福と不幸を××する人生らしい。

以下を自動発動とし、RPとGM裁量で補うものとする。

問わず幸運が偏っている、あるいは自身に幸運が生じたり、
自身に不運の可能性があったりする場合のみ、「不運」ダイスを振れる。
又、問わず不運が偏っている場合のみ「幸運」ダイスを振れるだろう。
但し、他のスキルと同時に発動することは通常不可能だ。
1d100<=50を基準とし、SPを消費すれば一度に両方の期待値を変動させられる。
幸運は+、不運は-に変動し、セッション開始時点での最大変動値は±20となる。

「幸運」が成功した場合のみ他者に成功判定が、
「不運」が失敗した場合のみ自身に失敗判定が与えられる。
"運"で結果を起こせる、"運"でも絶対的に起こらないものは不可能だろう。

絶対的全体の幸福(不幸)、又は絶対的な全体の幸運(不運)が起きていた場合、
あるいは現実限定で、自身に譲渡不可能な大きい幸運が生じた場合、
自身の意思とは関係なくそれは訪れる。不運(幸運)の自動成功。
この時対象者は場にいる者全員とし、チョイスで決まる。

"奇跡"だろうが降り注ぐ、この時のみSP消費無しで一つ魔法を扱える。
ただし、魔適を満たしているものだけとなるだろう。
詠唱はターン経過に代わり、妨害されるとその分だけ延びる。


自身が死亡した時点で、当スキルでの効果は全て解除あるいは失敗となる。