記憶スキル「I was a good boy」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本仮屋ブルックリンの記憶スキル

「自身の「子供の頃」に関する記憶の一部」から取得。

「自身の「性別」に関する記憶の一部」から取得。


男性的、特に良家の子息的振る舞いを彼女が意識的に行った場合、
正体を見破られにくくなる。
彼女は“彼”として、すんなりその場に馴染んでしまうだろう。

しかし良家の子息的振る舞いをしている場合に限り、
その現場を途中で知り合いに目撃され、
かつ“彼”が「本仮屋ブルックリン」であると気づかれたなら、
羞恥により1d3時間、すべてのスキルの成功率が-5される。
自動成功スキルの場合も、使用の際はまず1d100<=95で成否判定を行わなければならない。

「僕は昔、ぼくだった」