記憶スキル「はじまりの言葉」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東堂 紫音の記憶スキル。

「「魂」に関する記憶の一部分」から取得。


要宣言スキル。
記憶スキル「I am I.」を装着している際にのみ、装着可能。
下記効果から3つ言葉を選び、セッション中一度ずつ使用出来る。
この効果は一度のターンに一つしか使用出来ない。
また、同じ対象に重ねがけすることは出来ない。

「言葉の刃」
対象一人を指名。
宣言時に、自身の攻撃値分の無魔法属性ダメージを相手に与える。
連撃効果等を乗せる事は出来ない。
この攻撃には「回避」「直感回避」「魔耐」でのみ対応可能。

「言葉の壁」
対象一人を指名。
宣言以降、対象の全ての「声」を使用したスキル、アイテム効果を使用出来なくする。
対象に自身を選ぶ事は出来ない。
この効果への反応には「回避」「直感回避」でのみ対応可能。
また、この効果は宣言者が任意のタイミング(戦闘中であれば3ターン後)で解除出来る。
宣言者が死亡した際も効果は消える。

「言葉の重み」
対象一人を指名。
宣言以降、対象の「回避」系、またはそれに準ずるスキルに-20補正を加える。
対象に自身を選ぶ事は出来ない。
この効果への反応には「回避」「直感回避」でのみ対応可能。
また、この効果は宣言者が任意のタイミング(戦闘中であれば3ターン後)で解除出来る。
宣言者が死亡した際も効果は消える。

「言葉の愛撫」
対象一人を指名。
対象を3ターン「洗脳」状態にする。
この効果への反応には「回避」「直感回避」でのみ対応可能。
宣言者が死亡した際に効果は消える。

「言葉狩り」
対象一人を指名。
「攻撃」系スキル、「回避」系スキル、「防御/受け流し」系スキル等
反応行動に使用するものを除く、
対象が装着している1d3個のスキルをその戦闘中3ターンのみ使用出来なくする。
スキルは固有、記憶、固有装着スキル以外であれば種別を問わない。
宣言者が死亡した際に効果は消える。