記憶スキル「「私はダメなんかじゃない」」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

花表 さなえの記憶スキル。

「自身の「挫折」に関する記憶」から取得。


自動発動スキル。

自身の「過去(主に幼少期)」を詮索された際、無条件で拒絶反応を起こす。
話題を変えようとしたり、その場を立ち去ろうとしたり。
……あまり、その話はしたくないんだ。

上記の拒絶反応を無視して踏み込んでくる者に対して、
その時点で取得している感情スキルとは別に
「敵対」か「嫌悪」、またはその両方を取ることができる。

また、このスキルが自動発動した後、
誰かから「君はダメな人だ」と言われると錯乱状態に陥り、
すべての能動的な行動に対して「1d100<=40」の判定が付く。
3回失敗すると今度こそ何も出来なくなり、
誰かの補助が無ければ動くことすらできなくなる。

この「混乱」は、上述の判定に5回成功した場合、
もしくは他者から「君はダメな人じゃない」と
諭す内容を乗せたロールを受けなければ解除されない。
また、諭す場合は彼女を納得させる必要があるため、
説得や精神分析などのスキルを併用しなければならない。


ちがう、ちがうの、
わたしは、だめなんかじゃない
おねがい、やめて、……いわないで