記憶スキル「二つの心」

レサトの記憶スキル。

「自身の「子供の頃」に関する記憶の一部 」から取得。


セッション開始時、choice[レサト,ピピリ]を振る。
「ピピリ」が選択された場合、「レサト」の以下の固有スキルを変更する。
また、セッション中「気絶」に陥った際、一度だけこれを無効化し、人格の交代を行う。
人格交代の際、攻撃と魔法適正の値を入れ替えること。

「連続詠唱」⇒「Dear.xxxx」
ハサミを武器として装備している時のみ、1d3+2の連続攻撃が可能。

すべて攻撃値を半分にした攻撃になるが、
素早い連撃のため、「見切り」「受け流し」を含む。
すべての反応行動の成功率に、-15の補正がかかる。
耐久受けは成功率減少に含まない。

また、装備しているものが「ハサミ」であれば、
どんな形状のものでも、それを使用した受け流しや防御が可能になる。


「魔術師の心得」⇒「子供の悪知恵」
魔法スキルの取得SPが元の状態に戻るため、
人格変更時に、魔法スキルを選択し破棄することで、SPの調整を行うこと。
また、破棄した魔法の数が3つ以上ある場合、「回避」の使用回数に+1できる。


レサトの状態で以下のスキルを装備していた場合、特殊な効果がある。
SPは通常通り消費する。

「火炎弾」
受け流し_武器に変更し、すでに装備されている場合、使用回数に+1することが可能。

「生体コントロール」
このスキルの使用宣言をすることにより、
戦闘中1回だけ、自分以外の場にいるキャラクターの
ダイス判定の成功/失敗を入れ替えることができる。魔法適正には従うこと。

「復讐」⇒ 「Dice & Trik」
戦闘中1回まで使用可能。
最初に、1d100でダイスを振る。出目によって効果が変わる。
このスキルの効果決定時の出目は、
いかなるスキル・アイテムをもってしても、操作されない。

▼91から100が出た場合「Fever!!」
自分以外の味方全員に発動する。
すべての装着・固有・記憶スキルに含まれる成功値を1d100<=99に変更する。
一度そのスキルを使用すれば、すべての成功値は元の値に戻る。

またそれが成功した場合、対象の好きなステータス値に、1d3ターンの間だけ+1d5する。
このステータス上昇ダイスはその対象が振ること。

また発動したPCのうちだれか一人をピピリが選び、
そのPCに対して「気分はどうだい?」などの問いかけを行う。
ポジティブな言葉が返された場合、
そのPCのそのあとの行動のスキル判定が1回だけ自動成功となる。 
ネガティブな言葉が返された場合、
そのPCに対しての行動スキル判定が1回だけ自動失敗となる。
反応しなかった場合、この効果は発動しない。

▼61から90だった場合「Critical Hit!」
自分以外の味方全体を対象とするが、発動はPCの任意。
耐久値を-5する代わりに、発動後に行われた任意の攻撃について、
好きなタイミングで、1度だけ攻撃値を2倍にできる。   

▼31から60だった場合 「Chance maker!」
この効果の発動後に、任意のタイミングで
「Chance maker!」と宣言し、宣言から1d3ターンの間、
自分以外の味方の「回避」「直観回避」の回数を+1する

▼6から30だった場合 「Dice control!」
「子供の悪知恵」の「生体コントロール」使用による
成功/失敗ダイスの変更を、3回に増加する。   

▼1から5が出た場合 「Death & Atack」
発動したターンから次の自身のターンまでの
敵の耐久値をすべて「1」に変更し、
受け流しや見切り、回避、直観回避の成功値を1d100<=50に変更する。