緋影の守り札

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

消耗品。
不可思議な模様と文字が描く円の中に、羽を広げた緋色の烏が描かれた長方形の和紙。
半分に折りたたみ、折り目で円を断ち切ることで、烏は自由となって紙を食い顕現する。
魔法を扱えない者にはその姿を見ることはできないが、
微かに紫煙を纏う何かの気配を感じることだろう。

戦闘外使用可能。戦闘時は戦闘開始と共に召喚出来る。
夕焼けに似た緋色の烏は、一度だけ任意の「攻撃」の身代わりとなってくれる。
魔法であっても物理であっても、それが例え視認出来ないものだとしても、
烏は身を挺して召喚者の危機を完全防御するだろう(連続攻撃はまとめて一度と見なす)
役目を終えると、影のように黒くなり紫煙と共に消えていく。

魔法が扱えない者でも効果は発揮されるが、多重召喚は出来ない。