朝陽 白

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

からん、という角い音で鳴く、白猫の鈴。
所持者の頭にはぴん、と立った猫耳、お尻にはゆったりと揺れる猫尻尾が生えてくる。
貴方の毛色に合わせたそれらは、貴方の意思に従ってぴくぴくと、ゆらゆらと動く。

「忍び歩き」「跳躍」「隠れる」「アクロバット」をSPの消費なしに自動取得する。
セッション時、所持者の敏捷は1d5+2上昇し、
ダンジョンが陽の出る朝(昼)だった場合、更に+3上昇。
誰かが「人魚姫」を使うと、跳びかかりたくなるかもしれない。

夜月 黒と対の存在だ。白と黒が同セッションで出会った時、
上記の敏捷上昇はしないが、互いに1d5+10の敏捷上昇をすることが出来る。
所持者は互いに「逃走」を自動取得し、2人で逃げる時に限り自動成功となる。