杏鈴

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンズと呼ばれる花の模様が刻まれた鈴の首飾り。鈴は真鍮製のような素材を使用しており、
その実を思わせるようだ。桃、白、緑の硝子ビーズと共に赤茶けた麻紐に結ばれている。
鈴と名のつくものの筈なのに、いくら揺らしてもそれは音を奏でない。

「精神分析」と同等の効果を持ち、相手の気持ちを知りたい時に鈴をこつりと指で叩いてやると、
真実を話したならば沈黙を、嘘を吐いたならば装備者だけに聞こえる軽やかな声で鳴いて知らせてくれる。
相手が拒絶を取得していた場合、嘘を教える時は声を大にして嘘吐きだと教えてくれる。
その大きな声はきっと、相手にも聞こえてしまうだろうが。

疑ってしまうから、嘘が分かってしまうから、とても臆病になってしまう。
装備者が他者に「愛情」を向けた時、向けられた時、ステータス上昇のダイスは1d3となってしまう。