VSLのアンダーアチーブメント


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

視空間優位型学習者は聴覚連続型学習者に比べ、学業においてアンダーアチーブメント(低達成)に陥りやすい。
その原因は、リンダ・シルバーマン博士によれば、「筆記能力が低いこと」である。
他の原因としては
  • 失敗・成功へのおそれ
  • 同級生仲間の無理解
  • 隠れた学習障害がある
  • 基礎的スキルや勉強習慣の欠如
  • 不適切な学習活動
  • 社会的機会の欠如
  • 親からの期待度が高すぎる/低すぎる
  • 親からの教育的サポートの欠如
  • 親の立場を潰してしまうことへの恐怖
  • 親に向けられた受動攻撃性
  • 欲求不満への耐性が低い
  • 衝動をコントロールする能力の欠如
  • リスクの大きい活動を避ける
  • 競争の欠如
  • 学力面で進んでいることが後ろめたい
  • 学校以外の活動への興味
  • 度重なる失敗とネガティブな確信
等がある。