楓の場合

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 





バレンタイン 
それは男の子がいつもより落ち着きが無くなる日









「楓~今日は何の日かしっとるー?」
「・・・バレンタインの日」

別に興味がなさそうに言う

「せやぁv女の子が好きな男の子に手作りチョコをあげる大事な日やねん!」
「だから?」
「僕にチョコちょーだいv楓の手作りチョコが食いたいv」
「あー・・・忘れてた」
「な・なんやてぇ~?!僕という格好いい恋人がおりながら忘れてた?!
てかさっき聞いたら知っとったやないの!」
「朝チョコ貰って気付いたの・・・ごめん  あ・じゃぁこれあげる!」

そう言って差し出したのは紙袋一杯に入ったチョコ

「なんやこのチョコの数!これ全部貰ったんか?!」
「うん これで全部じゃないケド・・家の前にもチョコがあってさ 家出る時大変だった」

男前な顔+男前な性格 から
同姓からも異性からももてるという何とも凄い子なのだ

(女の子の癖して女の子にもてるやなんて・・・ありえへん!)「そんでそのチョコを僕にくれると?」
「うん ギンがチョコ欲しいって言ったからあげる あんなに私一人じゃ食べれないし」
(一人で全部食う気やったんかい!)「楓ぇー僕が欲しいんはこんなチョコやないの!楓の手作りチョコが欲しいぃー!!」

赤ん坊の様に駄々をこねる
それを見かねた楓は面倒臭そうになだめる

「ギン・・分かったから・・明日作ってきてあげるから
そんな事しないで・・・恥ずかしい」
「おvホンマ?!約束やで!」
「分かった分かった だから早く仕事したら?」

そう言った時だった

「隊長ー!ここにいたんですか!探しました!さぁ早く戻って仕事して下さい!」
「はいはい イズルーそんなデカイ声上げんでも聞こえとるで?
 じゃぁな~楓v明日楽しみに待っとるでーv」

楓に手をヒラヒラさせて別れた後イズルと共に真っ直ぐ隊舎に戻る
イズルは思った(今日はやけに聞き分けが良いな・・)と










「かーえーでっv作ってきてくれた?!」
「うん・・一応 ね」

朝会った早々に嬉しそうに聞くギンに
楓は綺麗にラッピングされた箱を渡す

「やったv初めてやね!楓からモノ貰ったのーv」
(自分が駄々こねたんでしょ)
「開けてみてもえぇ?」
「うん・・・」

顔を赤くしながら頷く

「・・・・?!!!」
「?どうかした?」
(いやいやいやいや!どうかしたとかの問題ちゃうで?!なんやねんこれ!)「い・いんや?なんもあらへん! よ・・・」

箱の中身を見て動揺する
そして必死に動揺を隠そうとするが最後は声が小さくなってしまった・・・

「朝早く起きて作ったんだから有り難く食べてね」
「う・うん・・有り難く・・・な」










「はぁ~お腹一杯や~v」
「それはそれは ごちそうさまでした」

お昼時間を2人で過ごす

「・・・でも何かもの足らーん・・・せや!デザート食ってへん!」
「今日は出ないよ?」
「マジ?!ありえへん・・・」
「・・・じゃぁ朝上げたチョコ食べれば?」
(・・・あかん!それだけはあかん!!)「い・いやぁ~それはなぁ・・家でゆっくり食おかな と 」
「まだ時間20分あるから別にいんじゃない?」
(うわー!僕のアホぉ!!)「う・うん なら今食ぉかな・・」

箱をゆっくり開けて・・・もう一度 ちゃんと見る

(・・やっぱり朝見たのは夢やないんやね・・・)

ギンが夢と思いたがっているチョコとは
どん!とチョコの固まりが丸く固まっていて
色々な所からイモムシの頭部や後部がにょきにょきっ と出ている・・・
チョコの中にイモムシが入っているという事は一応溶かしはしたのだろうが・・
なんとも 食べる人の気を無くす様な代物だ

「なぁ・・・なんでイモムシの“様な”モノが入ってるん?」

恐る恐る聞く

「ん?栄養があるんだって 
 だからこれを食べて仕事頑張って貰おうかな・・・と思って 
 因みにそのイモムシ食べれるやつだから安心して!」
(こんなんを目の前にして安心なんかできるかぁー!)「う・うん じゃぁいただきます・・・」

普段あまりこういう事をしない楓にとって
男にチョコを上げるというのは凄く恥ずかしいらしく 顔を真っ赤にして俯きながら言う
こんな可愛い姿を見てギンは(可愛い顔でそんな事言わんとって!)と心の中で叫んだ
こうして20分後には全て完食したとさ











次の日・・・・

「楓君 うちの隊長知らないかい?
 また君の所にいるのかと思って来てみたんだけど・・・見あたらないね」
「あぁ ギンなら4番隊で入院してますよ?」
「?!なんで?!」
「なんか食べ物に当たったらしく私のチョコを食べた後に倒れたんです・・
 私も何で倒れたのか詳しくは知らないんですよ・・」
「聞かなかったのかい?」
「はい・・聞いたんですけど何も答えてくれなくって・・・」
「そうなんだ 隊長も大変だね・・・」
「そうですね・・・」






一方その頃ギンはと言うと・・・

「・・や・やめぇぇぇ!射殺せ 神そ「何やってるんですか?!!」

4番隊員がギリギリで止めに入る
寝ながら刀を鞘から出そうとしたのだ
ギンは はっ!と夢から還る

「び・びっくりした・・・夢か 」
「びっくりしたのはこちらです!!
これで5回目ですよ?!もう止めて下さいね!」
「すんません・・・」

病室から隊員が出て行く
ギンは はぁ・・・と深いため息をつきながら独り言を言う

「んな事言われても巨大イモムシが大群で襲ってきたら誰でも殺したくなるやん・・・
 しかも口から噴射するのは糸やなくて チョコ・・・どないやねん・・・
・・それにしても楓の作る物には要注意やな・・・」



―――END―――






 
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|