※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一つ影有り。





――――タルブの戦場に夜叉が舞う。

さては人非ざる者よと、見た者は言葉に残す。其は人外と見まごうばかりの黒い影、一太刀二太刀と血刃を奮う。
紅に染まる「えふ91」が残像を曳いた。
噂に聞く遍在であろう。

人の道を踏み外した事、夜叉なればこそ恥じること無し。
彼の者の名は。

「ワルド!雑魚に構うまいぞ!」
「さても面妖な。その申されようはクロムウェル殿とも思えぬ」
「無礼な!」

かりそめとはいえ主の言。
木石を相手にするが如くのワルドに対し、近衛の者がいきり立つ。

「よい」
「はっ?」
「あれは戦気に逸ってのもの。なればあの言は良し」
「ははあっ!」

クロムウェルの駆る「げぇまるく」が鷹揚に左右の者を押し留める。この地を治めんが為に来臨した朱の大司教。

主の命とあれば是非もなく。がずえる・がずある両騎は一歩下がるのみ。



「見よ、ワルドが築く屍山血河を。あれこそが我等の行く道なり」
「御意」

荒れ狂うは邪道の極み。冥府より黒き悪鬼の所行。

戦場に累々横たわるトリステイン精兵「ざく」の姿よ。
虚空を掴み取った無念の肖像に、応える者などありはすまいか。





いや――――風が伝える。
其はただ一つ、闇に非ざる影と。

「なに!?」

夜叉が刃を止めた。

「ばかな、大将騎が・・・」

ざわめく兵士共。
いつ隙を突かれたというのか、本営に火の手があがる。

「狼狽えるな。私が戻るまでここを支えよ!」

怒鳴りつけ、ワルドの乗機は反転する。

走る、走る。
えふ91の真に恐るべきは、侍大将に忍びほどの足を与えることであろう。




「なんと!」

陣幕を引き上げた夜叉が見たものは、自らより朱に染まる主と近侍の者。

「おのれ・・・」

歩を進めたワルドは、ひそりと腰に指を滑らせる。

「何奴!」
「!」

ぎいんと乾いた音がひびく。
打たれたびーむ手裏剣を弾いたは、幕間が落とす闇であろうか?



「追いついたわ」
「・・・生きていたのか」
「死なないわよ。王子の無念を晴らすまでは」

そこよりいずるは、鈴が如きおなごの声。立ち上がる痩身の影――――G。

さてはこの機を駆るは大貴族の令嬢と?

断じて否。
影がすらりと抜き放つ、金剛宝虚空剣!

「使い魔め!」
「如何にも」

デルフリンガーの異名を持つその剣は、彼の者にしか扱えぬ。

「よくもクロムウェルを!おのれ、此度こそとどめをさしてくれようぞ!」

夜叉の駆る、えふ91が再び奔る!
質量を持った残像。其は単なる幻ではなく、見抜く者不在の不破の技なり。




――――だがしかし、此処に在るは者に非ず。
其は、影なり。



「心眼!」

Gの胸部が開き、心眼センサーを解き放つ。
使い魔リョウガとその主、ルイズが収まるコクピットに、全天周モニターが全てを曝す。

「愚かな!」

僅かな硬直を隙と見たか、雷がごとく迫る夜叉!




その動きを、主従一体となった瞳は見逃さぬ。

「リョウガ!」
「応。――――見切ったぞ、悪鬼羅刹」

きらりと舞うは二筋の刃。





やがて影は剣を納めた。

地面を揺るがす音を残し、倒れ伏したは一騎の夜叉であったという。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。