キラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「はっ! 噂に聞くガンダールヴがその程度とは。やはり骨董品だな」
「なっ!?」

 至近距離から放たれた魔法を、なんとかデルフリンガーで受け止める。

「くそっ!」

 キラは焦燥を隠しきれない。
 ラウ・ル・クルーゼとの死闘。その終焉直後に発射されたジェネシスにより、彼の愛機は消滅した。
 退避が一歩遅れたのは、相手がプロヴィデンスに残した執念か。

「やはり風の遍在には手も足も出ぬか!」
「なんだとっ!」

 叫びながら剣を夢中で振り回す。
 工学系の学生だったキラは、正式な訓練を受けていない。
 ヤキン・ドゥーエ攻防戦前の数ヶ月間に、ムウやアスランから手解きを受けた程度である。

 確かにルーンが自分の力を上げている事は実感できるが、それでも多人数相手では分が悪すぎた。

「だけど、僕は……!」

 諦めるわけにはいかない。

 死んだと思った直前、自分は不思議な鏡に吸い込まれた。
 その結果としてルイズの使い魔とされたが、元より死んだ身だ。不満など感じなかった。
 自らの在り方を語ったクルーゼの言葉も、いまだに心の中に焼き付いている。

 一人の人間として生きるには、コーディネーターという枷から逃れられない。

 だが。

「ルイズが僕を救ってくれた。僕はここで生きていけるんだ!」

 ルーンが輝く。

 メイジという明らかに特別な存在は驚きだった。
 しかし、それ以外の無力な平民、そこには何の区別もない。ナチュラルもコーディネーターもないのだ。

 だから。

「僕には、守りたいものがあるんだ!!」

 ルーンが一際激しく輝いたとき。
 なにかが割れるような幻想とともに、走った剣閃は全てのワルドを一瞬で薙ぎ払った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。