※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タイトル未定


作:生姜


1-1 見知らぬ川原にて


目覚めると僕は、見知らぬ場所に居た。
川が勢いよく流れる音、鳥の鳴き声、木々のざわめき。都会で生まれ育った自分には、どれも聞きなれない音だ。
目の前は川。両側には、急な斜面が切り立っている。
どうやら僕は、深い谷底の川原に居るらしい。
上へ目をやると、車が通れそうな頑丈で現代的な造りの橋梁が架かっている。
あの幅からして、恐らく二車線ぐらいはあるか。
橋梁以外の建造物は、周囲を見渡す限り見当たらない。

ふと僕は、なぜここに居るのかという疑問を持つ。
記憶を辿ってみる。
「確か、中学時代の友人と飲み会に行って、・・・・・・行って、そこで僕はどうしたんだ・・・?」
全く記憶が無い。また飲みすぎたか。
僕自身、飲みすぎで記憶が曖昧になることは何度かあったが、
ここまできれいに記憶が抜け落ちているのは始めてだ。
「もしかして酔った状態でここまで来たっていうのか?」
都心から、こんな場所まで来るなど、いくら酔いつぶれて意識が朦朧としていたとしても、ありえない。
同じ大自然溢れる山間でも、二車線国道の脇で寝そべっていたというのなら、まだ現実味がある。
が、今自分の居るこの場所は、川原である。
もちろん、上に通っているであろう道路に出れそうな道は、見当たらない。
「もしかして、事件に巻き込まれたのだろうか・・・?」
嫌な汗が頬を伝う。
あわてて、自分の身に怪我はないか確認する。
よかった、怪我は無い。となると服装、荷物はどうか。
服装は、飲み会に行った時のままだ。特に破れたり切られたりした痕跡は無い。
持ち物は・・・・・・、
普段から使っているリュックは抱きかかえながら寝ていたし、中身も特に変わった形跡無し。
コートに入れていた携帯や財布も無事だ。
ひとまず自分の身と持ち物は問題無いと分かって、僕は少々気が楽になった。
思わずほっ、と一息つく。
そうだ携帯を確認してみよう。
コートから携帯を取り出し、電源を、電源を・・・・・・、
あれ?つかない。
まさか、充電切れか。よりにもよってこんな時に。
携帯に入っているアプリ『ゴーグルマップ』で現在地を確認出来ればと思ったのだが、現実は非情である。

さて、どうしたものか。
とにかく、ここに留まっていてはどうしようもない。
僕はひとまず、この川原から抜け出せそうな道を探す事にした。
ここまで無傷で来れているのだから、無傷で抜け出せる道はどこかにあるはずだ。


探すこと数分。僕は、川原から上がれる小道を見つけた。
他に上がれそうな場所も無さそうなので、道なりに歩く事にした。



1-2 森



道なりに歩いて、30分ぐらいは経っただろうか。
辺りは鬱蒼とした森が広がっている。
川の音は聞えなくなり、今は小鳥のさえずりと木々のざわめきが聞えるのみだ。
しかし自分は、なぜあんな所で寝ていたのだろうか。
一瞬は事件に巻き込まれたのかと疑ったが、もしそうだとすれば、大抵何らかの怪我を負ってたり、持ち物を取られていたりするものだ。
謎だ、謎すぎる。

もしかして、何かのドッキリか?
いやいや、こんなの、ドッキリでもなんでもない。ただ迷惑でしかない。
全く、誰だか知らんがいい加減にしてくれよ・・・。
などと半ば現実逃避気味に考えていると、突然、血生臭さが鼻を刺激する。
「なんだこの臭いは!?」
反射的に、臭いの発生源に目をやる。
するとそこに、犬が血を流して倒れているではないか。犬種は柴犬だろうか。
よく見ると、左足の付け根や腹部に刺し傷がある・・・・・・!?
その瞬間。
遠くから、銃声がした。その直後、微かながら女性の悲鳴も聞えた。

・・・何が・・・・・・起きてるんだ・・・・・・!?

この森は、危ない。そう直感が告げていた。
今は犬などを気にしている必要は無い。
僕は立ち上がり、この森を抜けるべく、さっきよりも少し早い速度で歩き始めた。


歩くこと数十分。
突然飛び込んできたその光景に、僕は思わず呻き声を漏らしていた。
なんと、女性が、血を流して倒れているではないか。歳は、まだ20代前半ぐらいだろうか。
腹部には数箇所の刺し傷がある。銃痕は見当たらない。

彼女は、まだ息をしていた。
そして・・・・・・、
かすかに何か言っている!?
僕は、「大丈夫ですか!?」と叫びながら、彼女に駆け寄った。
「・・・フェの、・・・・・・イドカフェの・・・、男が・・・・・・」
彼女は、そう言った。確かにそう言った。
カフェ?何のことだ、一体どういうことなんだ。
「しっかりするんだ!ここで何があったんだ!?」
犬の刺死体に始まり、銃声、悲鳴、そして刺し傷から血を流し死にかけている女性。
このあまりに非日常すぎる出来事の連続に、僕の脳は焦りと混乱で支配されていた。
「おい!しっかりしろ!大丈夫か!大丈夫か!」

それから間もなくして、彼女は息を引き取った。
何度も彼女の体をゆすっていたため、いつの間にか手や服は血だらけになっていた。
もう、わけがわからない。僕は、ただその場に立ち尽くすことしか出来なかった。


「おいお前!そこで何をやっているんだ!」
この一言で、僕は我に返った。
反射的に声のした方向を見ると、やや息を切らした警官が、そこに立っていた。
「い、いえ、僕はその―――」
何でこんな時に、言葉に詰まってしまうのか。自分が恨めしい。
「これはお前がやったのか!」
「僕が来た時には、既にこうなって―――」
「ではその手はなんだ!動くな!逮捕する!」
見るとその手は、見事なまでに鮮やかな赤色に染まっていた。
くっそ!どうして、どうしてこうなるんだよ!!
僕は、その場から逃げ出した。




くそっ、どうして逃げなきゃならないんだ!
心中で悪態をつきつつ、ひたすら走る。
ここは森だ。ゆえ、落ち葉と下草の所為で、足場が非常に悪い。
警官もよくこの中を走ってこれるものだ。
そういう自分も、普段は滅多に運動しないくせに、よく走っている。
『人間は、普段なら自分の持つ力の80%までしか出せないが、本能が危機を感じると120%もの力が出せる』
という話をどこかで耳にしたことがあるが、まさにその通りなのかもしれない。
逃げねば。逃げねば。その衝動が、自分を加速させている気がした。

と、その時―――
っ!?

足先が木の根に引っかかり、転んでしまった。
くそっ、何やってんだ僕は!
またすぐに立ち上がりまた走ろうとするも、うまく起き上がれない。どうやら足首を挫いてしまったらしい。

その後間もなく警官に追いつかれ、僕は確保された。


1-3 結末



僕は逮捕されてしまった。容疑は殺人。今は刑務所の中だ。
僕が確保されて間もなく、現場周辺から血の付いた刃物が発見された。
その血は、被害者の血液と一致。柄には僕の指紋が付いていたそうだ。
最初は、そんな馬鹿な話があってたまるかと思っていたが、現実は非情だ。
また、事件の前日にあの森の近辺で「僕と同じ服装の人を見た」と証言する人が、複数人居るそうだ。

どうやら僕は、誰かに嵌められたらしい。

こうして僕は、罪人になった。
今勤めている会社は間違いなくクビになる。
僕は一体、どこで何を間違えたというのだろうか。
今はただ、真犯人を恨むことしか出来ない。

(終わり?)




キーワード:目覚め/川/犬/カフェ