※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

579 名前:鴨客 ◆X7eXWojExA 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 21:50:02 MFAXggKl0
|、ン、) チラッ



|彡サッ


591 名前:鴨客 ◆X7eXWojExA 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 21:51:37 MFAXggKl0
少し落ち着いてきたんで報告をしようと思って
メモ帳にまとめたらすんげぇー長くなったんだけど…いるかね?


606 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 21:52:41 Kz06G+4y0
 >>591
よこせ
あと11時半におまいの大好きなおっぱいうp


622 名前:鴨客 ◆X7eXWojExA 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 21:54:27 MFAXggKl0
 >>606
そしたら11時半にするか?www
千聖も今日は許してくれたしwwwwwwww

大好きなものを見るのはダメって言われたがなorz


631 名前:鴨客 ◆X7eXWojExA 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 21:55:29 MFAXggKl0
んじゃ報告をば。

土曜日の夜に千聖の実家に行く予定だったんだが、
金曜日の昼過ぎに千聖からの電話で起こされて急遽向かう事に。

千聖に指示された駅で降りて向かったんだが、これがまぁ…何と言うか…
いわゆるお金持ちしか住めないような家ばかり並んでる場所。
『だらしない格好で来ちゃダメ』
との指示通りにしておいて良かったと胸を撫で下ろしたww
ブルジョア臭漂う雰囲気に圧倒されつつ教わった道順通りに歩いていくと…ありました。
森がwwww低いけど塀で囲われてる森がwwwwwwwww
…周りの家よりも更にデカイじゃんココ。家っつーかお屋敷だし。
千聖ちゃんよぉ…アンタお嬢だなんて一言も言ってなかったじゃんorz

早鐘を打つ鼓動をなんとか抑えて門まで辿り着き、
間違ってないかと表札を確認するが正しいようだ。
やべぇよ…キョドリながらチャイムを見つけた。
なんですかコレ?テレビが付いてますよ!
こんなハイカラなもんは見たことありゃしまへん。
深呼吸を数回繰り返し、意を決してチャイムを鳴らす。


640 名前:鴨客 ◆X7eXWojExA 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 21:57:14 MFAXggKl0
ぴんぽぉ~ん♪
…音は普通なんだなぁ~と妙に感心してると、テレビ画面に千聖の顔ww

俺『初めまして○○です。お忙しい中お邪魔致しまして…』
千『見れば分かるわよ』ツメタスorz

でも、2日振りに見るけどやっぱかわええwwwwwwwwwwww
見惚れている場合じゃなく、俺には言わなければならない一言がwww

俺『でさ、実はHIVなんだ』
千『は?変なこと言ってないで入って来て。鍵開いてるから』プツン…

ソッケナサス…切ないよ俺orz
落ち込んでいても仕方がないんで、トボトボと通用口からお邪魔することに。
…玄関どこだよ?石畳ってココは神社か?寺か?
貧富の差を痛感しながら歩いていると千聖登場www
いつもと違うファッソンしてるしwwテラカワユスwwwwwwwwww


652 名前:鴨客 ◆X7eXWojExA 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 21:59:40 MFAXggKl0
千聖に案内されて家の中に入ると、豪華さはないが作りのしっかりした
家具や調度品があって、一朝一夕で築き上げた財ではない感じ。

俺『千聖ってお嬢だったのか?』
千『私のものじゃないし、私たちには関係ないでしょ?』
…と実家のことなのに傍観するような返答。
リビングに通されて千聖と一緒にフカフカのソファーに身を沈めていると、
千聖母登場ww品のある挙措をしたおだやかな雰囲気の女性wwww
この女性から鬼神を召還する娘がwwwwww
思わず見比べたら千聖に睨まれたorz
形式通りの堅苦しい挨拶を済ませて、多少くだけた会話になってきた時に一言ww

母『○○さんは千聖のどういったところが?』
俺『実は女性よりも男性の方が好きでして…』
母『?』
俺『いや、千聖さんの快活な部分に魅かれました』
千『…』(針の雨を降らせるような視線を射っていた)


667 名前:鴨客 ◆X7eXWojExA 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 22:00:30 MFAXggKl0
そして事態は思わぬ方向にorz

俺『…それでお父様はいらっしゃらないんですか?』
母『千聖から聞いていらっしゃらなかった?パパは今朝早くゴルフをしに××に
  行ってまして、ちょうどウチの別荘もあるし、これから一緒に行きましょう
  ということで○○さんには早く来ていただいたのよ』
千『私は行かないって言ってるでしょ!○○に迎えに来てもらったの!』
母『いいじゃない。ね?○○さんもお休みなんでしょう?でしたらね?』
俺『…ご家族の団欒にお邪魔しても宜しいんでしょうか?』
母『いいんですよ。落ち着いて話せる場所の方が良いでしょうし…』
俺『お邪魔にならないんでしたら…』
千『ちょ…』(太腿ツネられる。俺笑顔で耐えるorz)
母『決まりましたわね。用意はできていますの。一息ついたら出掛けましょう♪』


669 名前:鴨客 ◆X7eXWojExA 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 22:00:57 MFAXggKl0
ここで千聖母、千聖父へ連絡のため席を外す。その間に千聖の部屋へ行く事に。
部屋に入るなり、ギブスが取れたばかりでまだ少し固まっている左肘を掴まれる。

千『アンタなに行くとか言ってんのよ!?』
俺『痛てぇ…離して……』
千『私はパパに会いたくないの!会ったら私たち別れさせられるよ!』
俺『何でだよ!』
千『どうしてもなの!いい?会っても余計なことは言っちゃダメだからね!!』
俺『何だよ!余計なことなんて言わねぇよ!』
千『その言葉、信じていいのね?』
俺『うん…それより俺にも言えないことなのか?』
千『…今は言えないの。時が来たら話すから。今はゴメンね』
俺『納得できないけど、千聖がそう言うんなら待つよ…』

本当は会ったら余計なことを言わなきゃいけないなんて、
口が裂けても言えなかったwww


670 名前:鴨客 ◆X7eXWojExA 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 22:02:19 MFAXggKl0
そうこうしているうちに、千聖母から呼ばれ玄関に集合。
ここで千聖妹初登場wwエロゲに出てくるような
清楚なぢょしこうせいwwwテラモユスwwwwwwww

妹『はじめまして、妹の△△です』
俺『さあゲームの始まりです』(会釈をしながら)
妹『え?』
千『なにまたバカなこと言ってんの!』(肘掴む)
俺『(痛みに耐えつつ…)いえいえ、これから楽しいドライブですよって意味で…
  はじめまして○○です』

…というような挨拶を交わし、別荘へ出発することにww

駐車場行ってまたカルチャーショック…
屋根付き5台分のスペースにメルセデスやらレンジローバーやら
俺の給料じゃとてもじゃないが買えない車が並んでたww
腕さえまともなら運転させてもらいたかった…orz
その中からレンジローバーにみんなで乗り込んで出発。
運転手は千聖、俺は助手席、後ろに千聖母&千聖妹。
千聖は話し掛けても、ほぼ無視して運転に集中orz
電話を貰った時から素っ気無かったし…
気を利かせて千聖母が話し掛けてくれるが、あまり盛り上がらずww
結局、狸寝入り→そのまま爆睡→到着wwww


675 名前:鴨客 ◆X7eXWojExA 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 22:02:49 MFAXggKl0
別荘もまた良い場所に建っていて、重厚な威圧感を醸し出してた。
チャイムを鳴らすと、見るからにダンディってな感じの男性が登場ww
すかさず

俺『はじめまして、お宅のお嬢様に手首を折られた○○です』
父『君が千聖の言っていた…その腕は千聖が折ったのかね?』
俺『ちょっとした事故で…今はギブスも外れてサポーターをしているだけですが』
千『…余計なことは言わない』(小声で)
母『こんな場所ではなんだから入りましょう』

そして中に入ると、内装も調度品も東京の家と比べても遜色ないようなあつらえ。
プロレタリアートのあてくしには分からない世界デスorz


678 名前:鴨客 ◆X7eXWojExA 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 22:03:26 MFAXggKl0
客間の一つを宛がわれて荷物を置いてホールに戻ると、女性陣は食事の支度をしていた。
千聖父とふたりっきり…テラキマズスwwwwwwww
仕事の話やら出身大学の話やら他愛ない話をしていると、

父『千聖とはどこで知り合ったのかね?』
俺『出会いは…実はキャバクラで、それは鮮烈な出会いでした』
父『なに?千聖が?』
俺『ぇぇ…まぁ……』テラコワスww
父『…そんな冗談は私には通じんよww○○君も結構面白い男なんだねwww』
俺『そうですか?ww』
父『第一、千聖には学業に専念できるようにバイトをしなくても良いだけの
  仕送りをしているんだよwww』
俺『…学業ですか?』
父『そうだよ。学生の本分は勉強だからね。あと4年は君にも節度を守った
  付き合いをしてもらわないとなw』
俺『…は、はい』
この時点で頭混乱、動悸と眩暈が…
その場を何とか取り繕って会話を進めていき、おぼろげながら分かったのが

(1)千聖は某大学の2年生。
(2)俺といる間には、大学に行った形跡はない。
(3)千聖が住んでいたマンソンは千聖父が買い与えた。
(4)キャバクラは勿論、バイトをしていた事実も家族は知らない。
(5)俺と同棲してることも秘密。


681 名前:鴨客 ◆X7eXWojExA 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 22:04:04 MFAXggKl0
食事中も団欒しているときも、このことが頭を離れずにいた。
なんとか千聖とふたりきりになるチャンスを窺ったのだが、
千聖母&妹に邪魔をされ、更に千聖父の晩酌に夜中まで付き合うことになって
この日は何もできずに寝ることに…なかなか寝付けなかったorz

明け方に浅い眠りに就いたらしく、起きたら昼前。
千聖両親&妹はテニスに出かけ、幸いにして別荘には千聖と俺だけ。
そこで千聖に確かめてみることにした。

結果は(2)以外は事実orz

キャバクラは親に反抗できる過激なことがしたくて入ったらしい。
客としての俺に話していた家族の話は全部嘘で、付き合うようになってからも
嫌われるのが怖くて言い出せなかったらしい。
大学は、俺と一緒に住むようになってからサボる事は多くなったが、
試験は受けて単位は取ったらしい。
俺が一緒に住みたいって言った翌日に越して来れたのは、ウィークリーマンソンだからではなくて、
ほとんどの荷物をそのままにして来たからだったらしい。
俺、何も…全く…全然気付いてなかった…orz


685 名前:鴨客 ◆X7eXWojExA 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 22:04:47 MFAXggKl0
俺に隠していた事実はショックだったけれど、
気丈な千聖が涙を流しながら搾り出すように話してくれたことで、
問い詰めたり責めたりなんてできなかった…
ただ聞きたかったのは、千聖のこれからのこと。
俺たちのこれからのこと。

千聖の気持ちをまとめると、

  • 今までと同じように一緒に暮らしていきたい。
  • 我侭だけど、親が決めたレールに乗って良い子を演じながら大学に通うのは嫌だ。
  • どうしても大学に行かなければいけないのなら、俺と一緒に住んでそこから通いたい。

正直言って俺からすると我侭に見えるけど、これが千聖が考えて出した答え。
たぶん、この状況で千聖を支持してやれるのは俺しかいないし、
俺も千聖と離れたくないから、御両親が戻ったら現在の状況と
正直な気持ちを話すことにした。


688 名前:鴨客 ◆X7eXWojExA 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 22:05:20 MFAXggKl0
最初は驚愕、怒り、悲しみ…様々な感情が入り乱れて、まさに修羅場だったけれど、
時間をかけて話し合っていくうちに、そこにいる皆が目指しているものが一緒だって分かった。
それは、千聖に幸せになってもらいたいってこと。
方法論が違うだけで、皆そう思っていた。願っていた。

月曜の夜に帰って来るまでに出た結論としては、
  • 俺と一緒に住むのは許容するが、学生であることを考え避妊は必ずすること。
  • 学校へはちゃんと通うこと。
  • 社会勉強がしたければバイトをしても良いが、夜の仕事は禁止。

夏休みっていうこの時に、こういう話ができたのは良かったんじゃないかと思う。
予定を延長して本音をぶつけ合って、試しという形だけれど一応の結論は出たのだから。

最後に、謝らなければならないことが一つ。

帰宅時のアンカー…やり忘れたwwwwwwwwww
だって気持ちが昂ぶってて千聖モエ状態だったもんでwwクオリティヒクスですまんorz


だ が 、

引退するならこのスレ見せろってのは実行したぞwwww
…思いっきり殴られたけどなorz


693 名前:鴨客 ◆X7eXWojExA 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 22:06:58 MFAXggKl0
まぁ…こんな感じでしたww


696 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 22:07:00 xMoqHZGp0
 >>688
あれ?千聖とパパンとの修羅場は?


702 名前:鴨客 ◆X7eXWojExA 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 22:07:53 MFAXggKl0
っつーことで、今回こそは引退しますww
スナイポしてる時に怪しいなと思っても、そっとしておいてやってくださいwwwwwwww
では名無しでスナイポに参加しますwwww


718 名前:鴨客 ◆X7eXWojExA 本日のレス 投稿日:2005/08/16(火) 22:09:42 MFAXggKl0
 >>696
千聖と千聖父との修羅場は、詳しくは書けんよ…
本音と本音の話だからさ…すまんorz