英語板対応スレ@Wiki グレゴリー・クラーク

メニュー

資料Links

行動

記事スクラップ





意見要望



html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【日朝/拉致/Iza】グレゴリー・クラーク副学長の拉致問題暴言さらに拡大 「日本の拉致問題は日本側の捏造だ」と【2006/10/04】

日本の公立大学の国際教養大学副学長グレゴリー・クラーク氏がアメリカのネット論壇NBRへの投稿でさらに「日本の拉致問題は日本側の捏造だ」という主張を繰り返し、さらにエスカレートさせています。

横田めぐみさんの悲劇も国家ヒステリーを作るためのインチキだとまで述べるのです。

10月3日付のクラーク語録の日本語訳を以下に紹介します。

「日本の(北朝鮮による)拉致という主張は捏造だ」
「横田めぐみ物語というのは北朝鮮への拉致ヒステリーを作り出すために不正に操作された(ストーリー)」
「日本の国家全体がそんな捏造された問題のために、反対の声一つなく、総動員されてしまったことは、恐ろしい」
「北朝鮮には拉致されて、なお生存し、日本へ行きたいと願っている人間がいるかも知れないし、いないかも知れない。だがいまの日本は国のほぼ全体が横田めぐみの神話に取り付かれている」

クラーク氏は10月1日付の投稿で「日本の拉致問題は捏造」と断言した後、そうした主張の間違いを他の学者から指摘されると、また改めて、
「拉致は捏造」という主張を上記のように繰り返したのです。証拠とか根拠と呼べるようなものはなにも示していません。

クラーク氏は日本在住の長いオーストラリア人の元外交官です。日本の教育にもいろいろかかわっています。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1159913122/


産経新聞の小森編集特別委員・論説委員のブログより
http://komoriy.iza.ne.jp/blog/

多摩大学の学長や文部省大学審議会委員などを務めてきた在日オーストラリア人
クラークのアメリカのインターネット論壇「NBR JAPAN FORUM」での発言

「北朝鮮による日本国民の拉致というのは、日本側による捏造」

「反北朝鮮のキャンペーンを打ち上げるために捏造された拉致問題を利用しようと
する東京(日本)の異様な努力は、韓国を日本からさらに離反させ、中国へと接近
させるだろう」

「民族主義の日本は共産主義の中国よりずっと危険だ」




お問い合わせ
国際教養大学 〒010-1211 秋田県秋田市雄和椿川字奥椿岱193-2
TEL:018-886-5900 FAX:018-886-5910  E-mail:info@aiu.ac.jp
http://www.aiu.ac.jp/cms/index.php?id=328