※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

企業の情報化は、経営の合理化・スピード化をもたらし、経営資源としての重要性がますます強められている。情報技術による経営改革へと進み、伝統的企業では内部の変革連鎖を引き起こし始めている。いわゆる企業の情報技術の有効利用であり、これを促進させている大きな要因には、情報コストの大幅な低減が、企業経営活用全体に情報装備・システム化を加速的に浸透させたことにある。


企業活動は、企業の関連するあらゆる分野と、各組織の先端・局面で、情報の収集、伝達、分析が行われ、これらの情報のスピード化と意思決定が経営力となっている。市場競争においてますます重視されている情報化は、必要とされるコストが情報技術の急速な進歩によって急速に低減したことで、これまでの業務、取引方法、組織形態と意思決定など、企業の中でダイナミックな変革をおこしている。

そのなか、経営活動における情報技術の代表としてよく利用されている2つの例を挙げる。

一つは、個人利用から流行が始まり、手軽に開設できる無料サービスが次々と誕生したことをきっかけに、現在では何百万人という利用者がいるブログ。個人のブログは日記としての利用が多くため、「ブログ=日記」と思われる方もおおいようだ。しかし、情報を手軽に発信できるというブログの特徴は、日記だけでなくビジネスにも十分活用できるものなのだ。

★ビジネス・ブログ


もう一つは、地図情報システムと呼ばれるGISである。現在GISは、企業での商品の配送管理や、エリア・マーケティング、出店調査などで効果を挙げる事例が増えてきた。日本マクドナルドが、出店計画にGISを利用して、年間5000店もの新規出店を実現し、業績を大きく伸ばしたことは有名である。こうしたことは、GISを活用して、出店意思決定を快速化したために可能となった。

★GIS地理情報システム


これらの情報技術かが引き起こしている共通は、情報ネットワークかの進展による、流通中間業者の不要論への展開、パソコンの普及にともなうインターネットの活用から派生する消費者情報力の増大、情報による事業サービスの多様化などがある。すなわち、IT化により企業と消費者とが直結化し、企業経営体制が、変わらざるを得ない環境におかれていることである。企業はこれからのIT化を採り入れることにより、まったく新たな体制とシステムを創らなければならない、この企業の情報技術革新には、情報処理性能と情報伝達性能の2つの側面があり、IT化を推進するには、従来の体制にこだわらない、ITの性能が十分活かせるシステムの構築が重要である。






客観環境の発展



主観意識の遅れ


添付ファイル