※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




経営戦略ってなに?

企業経営において、将来の経営目標を実現するための計画的な策略。
(まず「将来の構想」という言葉で、経営戦略には将来の方向性を与える一定の戦略意図が存在し、それによって短期的な目先の現象にとらわれないで長期的な展望を提供するという機能あることが示されている(視野としての戦略)。また、「企業と環境の相互作用の基本的なパターン」という言葉によって、経営戦略が企業と環境の関係にかかわるものであり(位置としての戦略)、そのかかわり方に、意図したものであるかどうかかかわらず企業特有のある種のパターンがある(パターンとしての戦略)ことを示している。さらに、「意思決定の指針」ということで、経営戦略には企業の多様な人々の意思決定を整合化する機能(計画としての戦略)があることが示されている。)





経営戦略の概念

経営戦略の概念を次の5つの類型に整理している。
①、 計画:目標を達成するための行為のコースや、状況に対処するための行動指針を意味している。
②、 策略:特定の競争状況において競合者を出し抜くための具体的な侵略を指す。
③、 パターン:前もって意図(いと)するかどうかにかかわりなく意思決定や行為の流れに見られる整合性に注目する:
④、 位置:ドメイン、ニッチ、環境における「位置」
⑤、 視野:世界観、ビジョン





経営戦略の構成要素

経営戦略の4つの構成要素
①、 ドメインの定義
②、 資源展開
③、 競争優位性
④、 シナジー(能率)

Q:経営戦略のレベル
A:企業の仕事の種類やレベルによっていくつかの戦略に分けることができる
① 企業戦略:企業全体にかかわる戦略、企業戦略にとって主要な戦略要素はドメインの決定と資源の展開である。
② 事業戦略:多角化した企業では、企業戦略によって決定された各事業分野ごとに戦略である
③ 機能別戦略:生産戦略、マーケティング戦略、研究開発戦略、人事戦略など、機能ごとに決定される







経営戦略は具体的には、基本戦略と各種の下位戦略

基本戦略
①、 市場浸透戦略:現有の製品分野と現有の市場分野との組み合わせによって生じる成長戦略。
②、 市場開拓戦略:現有の製品分野と新しい市場分野との組み合わせによって生じる戦略。
③、 製品開発戦略:現在の市場分野と新しい千品分野との組み合わせによって生じる戦略。
④、 多角化戦略:新しい市場分野と新しい製品分野との組み合わせによって生じる戦略。
さらに、基本戦略を支える下位戦略は次のようにて意義付けられる
①、 技術戦略:これは研究開発と生産技術の両者に関連する
②、 マーケティング戦略:特に製品ラインの拡充、製品の価格政策の設定、流通チャネルの整備・確立および販売促進の強化などに関連し、製品・市場戦略の実行を助ける。
③、 財務戦略:成長による資源の拡大・強化に即応して生じる資金需要の充足に関連し、資金の調達戦略とみなすことができる。







経営戦略のタイプ

マイルズから
①、防御(ぼうぎょ)型戦略:成長率の低い特定市場に特化し、しかも競争率は低く範囲も限定的であるような市場を対象とした戦略のことである。
②、探索(たんさく)型戦略:基本的には防御型戦略と同一特性を有する。ただし、市場範囲の拡大あるいは異質市場への進出という新しい市場機会を継続的に探索する点が異なる。
③、反応型戦略:市場を取り巻く環境変化に対応して、追随的に組織を反応させる戦略。
④、 分析型戦略:1つは比較的安定した市場ドメイン、ほかの1つは変化しつつある市場ドメインに属する製品を扱うような戦略のことを分析型戦略。
⑤、 順(じゅん)向(むかい)型戦略:変化を咲き取りする、市場創造方の戦略が順向かい方戦略。