※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



システムってなに? ■_ヾ(・・*)カタカタ

システム (system) は、相互に影響を及ぼしあう要素から構成される、まとまりや仕組みの全体。系。一般性の高い概念であるため、文脈に応じて系、体系、制度、方式、機構、組織といった多種の言葉に該当する。


システムの種類?

開かれた(オープンな)システム
システムの外部からの入力を受け付けたり、システム外部への出力を行うシステム。
(例:ATM)
閉じた(クローズドな)システム
システム内の構成要素の間でのみ入出力を行い、外部との入出力がないシステム。
(例:外部からの干渉がないと仮定したとき、太陽系はこれであると考えることができる。)


情報分野におけるシステム

何らかの入力に対して出力を行う仕組みや装置のこと。論理的な仕組み・構造なども含まれる。システムを設計するための学問としてシステム工学・情報システム学がある。


情報システム(じょうほうシステム、英:information system)とは、

多様な要素がそれぞれに結びつくことで情報の活用を可能とする仕組みのことである。
一般的にコンピュータ(電子計算機)による情報処理によって、情報の高速処理が可能となっているものを指すことが多い。


経営情報システムって?

経営情報システム(MIS)とは、組織内で使われるコンピュータベースの情報システムのこと。
情報システムはデータや情報を集め、操作し、普及させるコンポーネントから成る。それにはハードウェア、ソフトウェア、人々および電話やデータ自身からなるコミュニケーションシステムが含まれる。活動としてはデータの入力、データを情報化する処理、データおよび情報のストレージ、および、管理レポートなどの出力の生成などからなる。
1960年代から1970年代にかけて、従来の経験に頼っていた経営をコンピュータ利用によって効率化することを目的としていた。後年、MISから派生して意思決定支援システムや戦略情報システムが出てきた。
■目的■ ①マネジメントに必要な情報を提供すること ②即座に情報提供をすること



意思決定支援システム?

DSSは1970~80年代に、MIS(経営情報システム)の発展形として提唱された経営管理のためのコンピュータシステムであり、情報利用者の意思決定の質の向上を目的とする。MISとの最大の違いは、エンドユーザ(つまり経営者)が直接コンピュータを操作して情報を取得するようになったことである。しかし、当時の未成熟なユーザインターフェースはコンピュータの専門家でない人が日常的に使用するにはあまりに難解過ぎ、また、コンピュータを操作することに対して多くの人が抵抗を感じていたため、受け入れられなかった。




戦略的情報システム?

戦略的情報システムとは、組織の戦略行動を支援しかつ促進するために、競争力優位に作用する情報処理技術ならびに情報の流れに関する仕組みを、組織内のみならず組織化において総合的、統合的、有機的に組あわせ展開する、戦略機会生成のための情報システムのことである。