IdolSimulationについて


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サービスが終了した某ゲームのシミュレータです。


仕様

音声ファイルはwavとoggとmp3に対応しています(速度・容量の観点からoggの使用を推奨していましたがmp3でもたぶん問題ないです)。
譜面ファイルには、「太鼓さん次郎」独自フォーマットのtjaを基に設計した、独自仕様のissフォーマットを利用します。
一応tjaファイルも読み込みますが(難易度的な意味で)大変なことになります。

設定ファイル

ゲーム中のConfigから直接変更するか、ISconfig.iniを書き換えると設定がかわります。
書き換えた際はソフトを再起動するか、ゲーム中のConfig内のLoadConfigを選択してください。
また、画面表示の位置等に関してはimageフォルダ内にdisplayconfig_xxx.iniというファイルがありますのでそちらを書き換えてください。

譜面ファイル(.iss)のフォーマット

譜面ファイルには、「太鼓さん次郎」独自フォーマットのtjaを基に設計した、独自仕様のissフォーマットを利用します。
各小節は「,」で区切って改行してください。
小節の途中で改行して命令を挟むことで、小節の途中からBPM変更やアドリブゾーン開始ができます。
詳しい説明は譜面作成のページをご覧ください。

EditMode

ver.1.20βから搭載、感覚的に譜面を書きたいとのことなので搭載しました。
ゲームのプレイ画面を利用して譜面を入力できます。
操作方法は操作方法のページの通り、上下でリズムを選んで1~7をポチポチ押して入力します。
ヘッダファイルは現在自動での書き込みできないので手動で用意してください。
譜面等テンプレートのページからコピーしてくるのが良いでしょう。
また、作成途中の譜面をスペースキーで再生できるので確認もしやすいです。
今のところ譜面のコピペとかそういうのはないのですが気が向いたら実装しようかと思います。
あといろいろとバグが眠っているので、バグ報告をしていただけるとありがたいです。

メニュー画面でのフォルダ分け

フォルダ内にfolder.iniというファイルを作成すると、そのフォルダ以下にあるファイルをゲーム内で格納します。
folder.iniはissファイルと同様にTITLE:とSUBTITLE:とIMAGE:が利用できます。
譜面等テンプレートのページにテンプレートがあります。

メニュー画面でのジャケット画像

それぞれのissファイルとfolder.iniについて、同じフォルダにimage.pngを置いておくとジャケットとして利用します。
デフォルトでは256×256を想定おり,それより大きいファイルは縮小表示されます。
また、先述の通りissファイルとfolder.iniのIMAGE:からファイルを指定することもできます。

動画の再生

友人の素晴らしい提案により背景で動画を流せるようになりました。
aviとmpgに対応しています。mp4は勘弁してください。
表記法などの設定は譜面作成のページに。
動画の位置を変えたい時はimageフォルダ内にあるdisplayconfig_game.iniのMoviePosを書き換えてください。
動画のサイズを変えたい時は、上に同じくdisplayconfig_game.iniのMovieWidth, MovieHeightを書き換えてください。

免責とか

このソフトを利用して他者の著作物を使用する場合、個人利用の範囲を超える著作者の許可なきデータの配布・転載については自己責任でお願いします。
この点に関して何らかのトラブルが起きたとしても、こちらで責任は負いかねますのでご了承ください。
バグ報告等はバグ報告のページへお願いいたします。

このソフトはDirectX、及びDXライブラリを利用しています。
また、効果音素材はザ・マッチメイカァズ様よりお借りしました。