※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クリスマスプレゼント配達 メッセージ


06-00158-01:城 華一郎:-5
合計消費マイル:-5

お届け先:レンジャー連邦市民病院
メッセージ:
強くなりたいといつも思っているけれど、力が足りなくて、みんなにはいつも苦しい思いをさせてしまっています。

あなたたちが普段どんな思いで暮らしていて、どんな風に私たちと向き合ってくれているのか、とても気になってるけど、私に勇気がなくて聞けないです。

元気にしているでしょうか。おいしいものを食べて、いろんなことを学んで、周りの人と一緒に笑い、日々を健やかに暮らせているでしょうか。

みんながそうあれるように努力するべき身の上であることは承知の上で、ささやかだけど、私からの贈り物をさせてください。

あなたたちが大事です。一番一番、大事です。

けれど、どうやって愛せばいいのか、何をすれば届くのか、心に抱いた迷いや弱さだらけでほんの少し前まで当たり前に思っていたことまで追いかけ続けられなくなる時があって、今も、そうで、そんな自分自身に戸惑っています。

それでも、弱さも傷も、他の誰にも与えてはいけないし、奪ってもいけない、そう信じて、私自身、ここしばらくの間ずっと抱え続けている痛みに耐えています。ううん、信じるというより、そう思っていなければ耐えられないだけなのかも知れない。

だから、やっぱり今、あなたたちも苦しいかも知れないけれど、あなたたちを支えるのは、あなたたち自身が何かを愛したその想いだけだとそう信じて、少しでも私たちのことを好きになってもらえるように、今この言葉を綴っています。少なくとも、私はあなたたちのことが好きだから、その気持ちを諦めることだけはしたくなくて、このメッセージを書きました。

あなたたちをもう絶対に傷つけさせることはない、なんて、言えません。それでも、少しずつ、少しずつ、強くなって、みんなを守れるようになるために、諦めずに生き続けます。

だからみんなも、みんなの中にある、あった、愛を、諦めずにいてほしいと、今はただそう願います。もっとみんなの笑顔を感じて、もっとみんなの生きる姿を見て、笑い返せるようになりたいから。

あまり行儀の良い贈り物の仕方ではなくなってしまったけれど、正直な思いの丈と共に、贈ります。

ささやかなプレゼントでごめんなさい。もっともっと他に出来ることがあったのかも知れないけれど、今はこれが精一杯です。

次の年も、その次の次の年も、ずっとみんなと一緒にいられますように。

-城 華一郎(じょう かいちろう)より


| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|