イナゴの分類



高速イナゴ

電光石火のスピードが持ち味のイナゴ。何か情報が出れば内容も確認せずに飛びつく。
他のイナゴが乗りおくれる銘柄にも間に合うメリットがある半面、どうでもいい内容の情報も少なくない為
損切りで終わることの方が多い。また、稀に共食いイナゴに進化する。



下級イナゴ

情報を分析する能力が備わったイナゴ。しかしその能力は極めて低く「凄そう」という理由で飛びつく。
情報分析する時間の分、高速イナゴに比べて乗り遅れることも多く、共食いイナゴのエサになる場合も多い。



上級イナゴ

下級イナゴの進化系。情報を精査する能力が格段にアップしており、無駄打ちが少ないのが特徴。
あえて他のイナゴ達が荒らした後に入ることも多いが、その分乗り遅れも多く、イナゴ心を忘れてしまったイナゴ



養分イナゴ

ATM代わりに存在するイナゴ。完全に終わった銘柄に飛び乗って、皆にお金をばらまいている。
自分が損した銘柄の情報提供者への怨恨は凄まじい。煽りイナゴに進化する。



煽りイナゴ

養分イナゴの進化系。ただお金をばらまくだけだったのが、執拗な買い煽りを繰り返し
皆を巻き込もうとする特殊能力が備わった迷惑極まりないイナゴ。



共食いイナゴ

高速イナゴの進化系。誰よりも早く乗った銘柄を、遅れてきたイナゴに売りつけるイナゴ殺しのイナゴ。
昨今このタイプの台頭が凄まじく、高騰銘柄が長続きしない元凶でもある。別名ババ抜きイナゴ。



殿様イナゴ

イナゴ界のレジェンド。特定の掲示板などで崇拝されているイナゴで、他のイナゴとは違い
あえて先に特定の銘柄を仕込み、その後銘柄名を叫ぶことによってイナゴ達を飛びつかせる手法を取る。
叫んだ銘柄は必ず騰がるので負け知らずの名実ともに最強イナゴである。



電子イナゴ

機関投資家のプログラム売買による超高速のイナゴ。適時開示情報が00分00秒に更新され、その瞬間にプログラムが内容を一瞬で吟味して買いが入るため、手動で対抗するのは不可能である。決算の上方修正が出て、板を見に行ったら既に特買いになっていたというのは電子イナゴの仕業である。



開示イナゴ

適時開示情報にいち早く反応するイナゴ。タイトルだけ読んで早押しで飛びつくため、材料が当たりの場合は誰よりも早く買えるが、どうでもいい新製品のリリースなどにも誤って飛びつく恐れがある。また、電子イナゴが近年進化しているため、競争になると勝てない場合も多くトータルでは儲からないという意見がある。まれに大当たりの材料があり、一瞬でストップ高した銘柄を買えた場合は羨望の的となる。



おまけ

種銭
100億円以上 シドー
70億円以上 ベリアル
50億円以上 バズズ
30億円以上 アトラス
10億円以上 アークデーモン
7億円以上 デビルロード
5億円以上 サイクロプス
3億円以上 キラーマシーン
1億円以上 はぐれメタル
7000万円以上 くびかりぞく
5000万円以上 ドラゴンフライ
3000万円以上 サーベルウルフ
1000万円以上 メタルスライム
700万円以上 マンドリル
500万円以上 よろいムカデ
300万円以上 バブルスライム
100万円以上 スライムベス
100万円未満 スライム