2008年度新入部員勧誘に関する通達・議論


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こんにちは。Shoです。

さて、いよいよ次の世代に移り変わる時期に入りました。
これから指導などをして4月末には完全引退となると思います。

寂しいですが、受験は失敗してはならないということもありますし、
今からはどう気持ちを切り替えていけるかということですね。
(↑この文は自分に対する言葉でもあります。ってか特に。)

それでは、早速。新入生の部活勧誘についてです。
4/4には部活動集会が無事終わりました。お疲れ様です。
次に入ってくる学年に向けて、勧誘をしないといけません。

勧誘といっても、下足棟の前で呼びかけたり、人を呼び止めて話を聞いたりといったシンプル
なものです。一年のときに自分もされたという経験があると思うのでそれをいかしてください。
IPCCは時期的に去年度は不十分だったのか、IPCCから勧誘された覚えがない人がいるみたいですが、
実際は結構な勧誘作業を行いました。

今年は14名という非常に大量な人数の部活と成功した人数ですが、来年度はそれは保障できません。
4人以上入れば安定する部活だと思います。去年は6人入って2人も出て行ってしまいましたが、
文化部の部活にとってそれは宿命的なものであるのかもしれません。

ということで前置きが長くなりましたが、新二年生に中心に勧誘作業をしてもらうというのは
前回言ったとおりです。

三年生も必要に応じて手伝うことができるので、とにかく勧誘作業もまた”本気”でやってもらいたいと思います。

Sho



  • 連絡はこのコメント欄を使用するか、新規ページを作成してください。 -- Sho (2008-04-04 23:34:45)
  • 考えてみたら、入学式の日に勧誘ってないよなとかも思った (何 ということでこのけんは二年に一応任せてはいるけれど、他の部の様子みながらとかでおkよ。 -- Sho (2008-04-07 21:40:18)
名前:
コメント:
q