ネガティブ情報


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネガティブ情報とは違反や不正や事故や汚職など会社にとってあまりみんなに知られたくないような情報のことを指します。
CSRレポートには社会貢献や環境保護だけでなく、こうしたネガティブ情報を載せる事も求められています。悪いことをした時は、ちゃんとみんなに謝って、今後同じようなことを繰り返さないようにしましょう、ということです。
きちんと誠実に謝った場合、逆に会社の評価が上がることもありますが、悪いことはしないのが正しいです。