"Glory to Rome"命令カード抄訳


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Cambridge Games Factory製作のカードゲーム、"Glory to Rome"のカード抄訳です。
ゲームのプレイに必要と思われる部分を抜き出して訳していますが、意訳が多く、誤訳等も多いと思いますので、参考程度に考えていただければと思います。
もし誤訳の指摘等ありましたら、ページ下部にありますメール送信フォームやコメント欄からご連絡いただければ修正させていただきます。

ルール訳はこちら

Academy(学院)

CRAFTSMANアクションを実行した(フォローせず、クリエンテスによるアクションのみの場合でも可)後に、追加で1回のTHINKERアクションを実行してもよい。
Academyの特殊能力は、Academyを完成させたターンから使ってもよい。

例:
あなた:Academy,CRAFTSMANクリエンテス2枚 (手札:なし)
右隣のプレイヤーがCRAFTSMANをリードした。あなたはフォローせずTHINKERアクションを実行し、命令カード5枚をドロー用山札から引いた。
右隣のプレイヤーはCRAFTSMANアクションを実行した。
あなたは2枚のCRAFTSMANクリエンテスにより、CRAFTSMANアクションを2回実行する。命令カード2枚を建物の基礎として手札から場に出した。
あなたはAcademyを起動して、THINKERアクションを実行する。命令カード2枚をドロー用山札から引いた。
ターン終了時、あなたの手札は5枚になっている。

Amphitheatre(円形劇場)

Amphitheatreが完成した時に一度だけ、影響力に等しい回数のCRAFTSMANアクションを実行してもよい。
Amphitheatreの完成から得られる影響力も、これに含まれる。

例:
あなたは最初の建物としてAmphitheatreを完成した。現在の影響力は4(2+2)である。あなたは一度だけ4回までのCRAFTSMANアクションを実行する権利を得る。
あなたは手札からShrineを建物の基礎として場に出し、更に1枚のBRICKを手札から出してその下に加えた。

Aqueduct(水道橋)

CLIENTLEの上限数が2倍になる。
これには、Aqueductを完成して得た2影響力も含まれる。

例:
あなた:Insula(CLIENTELEの上限+2)
あなたは2番目の建物としてAqueductを完成した。
あなたのCLIENTELE上限は、5影響力(2+1+2)にInsulaの特殊能力による2を加え、更に水道橋の特殊能力により2倍されて、合計14となる。

PATRONアクションを実行する毎に、追加で手札から命令カード1枚を出し、CLIENTELEに加えてもよい。
この際、追加の命令カードを手札から出すために、カードプールからクリエンテスを取っている必要はない。

例:
あなた:Aqueduct,PATRONクリエンテス1枚
カードプール:MERCHANTカード1枚
あなたはPATRONをリードした。他のプレイヤーはフォローしなかった。
あなたは1番目のPATRONアクションとして、カードプールのMERCHANTを取り、更に手札からLEGIONARY1枚を出して、共にをCLIENTELEに加えた。
あなたは2番目のPATRONアクションとして、手札から別のLEGIONARY1枚を出し、それをCLIENTELEに加えた。

Archway(アーチ)

ARCHITECTアクションを実行する際、資材を(STOCKPILEから取る代わりに)カードプールから取り、建物の基礎に加えるてもよい。
複数回のARCHITECTアクションを行う場合は、その都度どちらから取るかを選択することができる。
カードプールから取ったカードを、建物の基礎として使用することはできない。

例:
あなた:Archway,ARCHITECTクリエンテス1枚,Gateの基礎,BRICK1枚
カードプール:BRICK1枚
あなたはARCHITECTをリードした。他のプレイヤーはフォローした。
あなたは1番目のARCHITECTアクションとして、カードプールからBRICKを取り、Gateの下に加えた。
あなたは2番目のARCHITECTアクションとして、STOCKPILEからBRICKを取り、Gateの下に加え、Gateを完成した。

Atrium(アトリウム)

MERCHANTアクションを実行する際、資材を(STOCKPILEから取る代わりに)ドロー用山札から命令カード1枚を引き、VAULTに加えてもよい。
この際、カードを見てはならない。
複数回のMERCHANTアクションを行う場合は、その都度どちらから取るかを選択することができる。

例:
あなた:Atrium,MERCHANTクリエンテス1枚,STONE1枚
右隣のプレイヤーはMERCHANTアクションをリードした。あなたはJackカードを使ってフォローした。
右隣のプレイヤーはSTOCKPILEからCONCRETE1枚を取り、VAULTに加えた。
あなたはSTOCKPILEからSTONEを取り、ドロー用山札から裏向きのままカード1枚を取って、共にVAULTに加えた。

Bar(酒場)

PATRONアクションを実行する毎に、追加でドロー用山札から命令カード1枚を引き、CLIENTELEに加えてもよい。
この際、追加の命令カードをドロー用山札から引くために、カードプールからクリエンテスを取っている必要はない。
影響力によるCLIENTELE上限数は依然有効である。

例:
あなた:Bar
左隣のプレイヤー:Bar,PATRONクリエンテス1枚
カードプール:CRAFTSMANカード2枚,LEGIONARYカード1枚
右隣のプレイヤーはPATRONアクションをリードした。あなたはフォローし、左隣のプレイヤーもフォローした。
右隣のプレイヤーはCRAFTSMANカード1枚をカードプールから取り、CLIENTELEに加えた。
あなたはカードプールからLEGIONARYを取り、更にドロー用山札からカード1枚(ARCHITECTだった)を引き、共にCLIENTELEに加えた。
左隣のプレイヤーは1番目のPATRONアクションとして、カードプールのCRAFTSMANを取らず、ドロー用山札からカード1枚(LEGIONARYだった)を引き、CLIENTELEに加えた。
左隣のプレイヤーは2番目のPATRONアクションとして、カードプールのCRAFTSMANを取らず、ドロー用山札からカード1枚(MERCHANTだった)を引き、CLIENTELEに加えた。
左隣のプレイヤーの影響力は3だったため、CLIENTELEの上限に達した。
※訳注:原文では右隣のプレイヤーが最後にCRAFTSMANをカードプールから取っていますが、Barに獲得順を変更する記載はないため、通常ルールに沿って並び替えました。

Basilica(バシリカ)

MERCHANTアクションを実行する毎に、追加で手札から命令カード1枚を出し、裏向きにしてVAULTに加えてもよい。
この際、追加の命令カードを手札から出すために、STOCKPILEから資材をVAULTに加えている必要はない。
手札からVAULTに加えたカードの内容を公開してはいけない。

例:
あなた:Basilica,MERCHANTクリエンテス1枚,BRICK1枚 (手札:CONCRETE2枚、Jackカード1枚)
あなたは、JackカードをMERCHANTアクションをリードするために使用した。他のプレイヤーはフォローした。
あなたは1番目のMERCHANTアクションとして、STOCKPILEからCONCRETE1枚を取り、更に手札からCONCTRETE1枚(内容は明かさないまま)を出して、共にVAULTに加えた。
あなたは2番目のMERCHANTアクションとして、手札からCONCTRETE1枚(内容は明かさないまま)を出して、VAULTに加えた。

Bath(公衆浴場)

新たなクリエンテスを獲得した時、直ちにそのクリエンテスのアクションを実行してもよい。

例:
あなた:Bath
カードプール:LABORER1枚,ARCHITECT1枚,MERCHANT1枚,PATRON1枚
右隣のプレイヤーはPATRONアクションをリードした。あなたはフォローし、左隣のプレイヤーもフォローした。
右隣のプレイヤーはカードプールからARCHITECTを取り、CLIENTELEに加えた。
あなたはカードプールからPATRONを取り、CLIENTELEに加えた。これにより、追加のPATRONアクションを得る。
あなたはPATRONアクションを実行し、カードプールからLABORERを取り、CLIENTELEに加えた。これにより、追加のLABORERアクションを得る。
あなたはLABORERアクションを実行し、カードプールからSTONEを取り、STOCKPILEに加えた。
左隣のプレイヤーはクリエンテスを取ることはできない。カードプールは空になっている!

Bridge(橋)

LEGIONARYアクションを実行した時、対戦相手がPalisadeを持っていても、資材を要求することができる。
更に、4-5人ゲームにおいては、両隣のプレイヤーだけでなく全てのプレイヤーから資材を要求することができる。
更に、手札だけでなく、STOCKPILEにある資材も要求の対象となる。

Wallを持っているプレイヤーは、依然としてあなたのLEGIONARYアクションから守られる。

例:4人ゲーム
あなた:Bridge
左隣のプレイヤー:Palisade,MARBLE1枚 (手札:MARBLE1枚)
正面のプレイヤー:MARBLE1枚 (手札:MARBLE1枚)
右隣のプレイヤー:Wall
カードプール:MARBLE1枚
あなたはLEGIONARYアクションをリードした。他のプレイヤーはフォローしなかった。
あなたはLEGIONARYアクションを実行し、Forum1枚を手札から出してMARBLEを要求した。
あなたはカードプールにあるMARBLEを取り、STOCKPILEに加えた。
あなたは、左隣のプレイヤーと正面のプレイヤーの手札から、MARBLE1枚ずつを受け取り、STOCKPILEに加えた。
あなたは、左隣のプレイヤーと正面のプレイヤーのSTOCKPIKEから、MARBLE1枚ずつを受け取り、STOCKPILEに加えた。(1+2+2=計5枚)
あなたはForum1枚を手札に戻した。
※訳注:もし右隣のプレイヤーが手札やSTOCKPILEにMARBLEを持っていたとしても、Wallを持っているためLEGIONARYアクションの効果を受けることはありません。
※訳注:原文には他プレイヤーの建物(Palisade,Wall)以外に関する記述がありませんが、例の状況に合わせて追加しました。

Catacomb(カタコンベ)

Catacombが完成した時、ゲームは終了し、勝者を決定する。
ターンを続けることはできない。

例:
あなた:Catacombの基礎+STONE2枚,CRAFTSMANクリエンテス2枚
右隣のプレイヤーはCRAFTSMANアクションをリードした。あなたはフォローせず、THINKERアクションを実行し、ドロー用山札から手札の上限に達するまで命令カードを引いた。左隣のプレイヤーはフォローした。
右隣のプレイヤーはCRAFTSMANアクションを実行し、手札から命令カード1枚を出して新たな建物の基礎を造った。
あなたは1番目のCRAFTSMANアクションとして、手札からSTONE1枚を出し、Catacombを完成した。
あなたは3影響力を獲得し、直ちにゲームは終了する。
あなたの2場面のCRAFTSMANアクションと、左隣のプレイヤーのCRAFTSMANアクションは実行されることはない。

Circus(円形曲馬場)

同色のカード2枚をJackカードとして使用してもよい。
(これらのカード自身がJackカードになることはできない)

例:
あなた:Circus (手札:MERCHANT2枚,LABORER2枚)
あなたはLABORERカード2枚を手札から出し、「PATRONアクションをリードする」と宣言してプレイヤーボードの上に置いた。他のプレイヤーはPATRONアクションをフォローした。

MIT Games Clubにおける秘密のハウスルール
1.「請願」のルールを変更する。同色のカードをJackカードとして使用する場合、必要な枚数を3枚ではなく2枚とする。(Circusの効果と同じ)
2.Circusの特殊能力を変更する。「ARCHITECTアクションをリードまたフォローする場合、任意の色のカードをJackカードとして使用してもよい。」

Circus Maximus(キルクス・マクシムス)

アクションをリードまたフォローした時、クリエンテス1枚につき更に追加のアクション1回を得てもよい。
(クリエンテス1枚につき2回の追加アクションを得てもよい。)

例:
あなた:Circus Maximus,MERCHANTクリエンテス2枚
左隣のプレイヤー:Circus Maximus
あなたはMERCHANTアクションをリードした。左隣のプレイヤーはフォローしなかった。
あなたはリードによる1回、MERCHANTクリエンテスによる2回、更にCircus Maximusの特殊能力による2回、計5回のMERCHANTアクションを実行する。
左隣のプレイヤーは2枚のMERCHANTクリエステスにより、MERCHANTアクションを2回実行する。MERCHANTアクションをフォローしていないため、Circus Maximusの効果を受けることはできない。

Coliseum(大円形競技場)

LEGIONARYアクションを実行する際、通常のLEGIONARYアクションに加えて、資材の要求のために公開したカードと同色のクリエンテスを対戦相手のCLIENTELEから取ってVAULTに加えることができる。
もしVAULTに空きがない場合は、クリエンテスを取ることはできず、対戦相手のクリエンテスは生き残る。
一部だけ空きがある場合は、どのクリエンテスを取るかを選択することができる。
この特殊能力によってLEGIONARYクリエンテスを失った場合、その所有者はこのターン、そのLEGIONARYクリエンテスによって実行するはずだったLEGIONARYアクションを実行することはできない。
PalisadeとWallを持っているプレイヤーは、Coliseumの特殊能力から守られる。
Bridgeを持っている場合は、Coliseumの対象は拡大し、Palisadeの防御効果を無視する。

例:3人ゲーム
あなた:Coliseum,LEGIONARYクリエンテス1枚,ARCHITECTクリエンテス3枚 (手札:LEGIONARY2枚,MERCHANT1枚,PATRON1枚)
右隣のプレイヤー:LEGIONARYクリエンテス1枚,MERCHANTクリエンテス1枚
左隣のプレイヤー:LEGIONARYクリエンテス1枚,ARCHITECTクリエンテス1枚
カードプール:MARBLE2枚
右隣のプレイヤーはLEGIONARYアクションをリードした。あなたはフォローした。左隣のプレイヤーはフォローせず、Jackカードを場から取った。
右隣のプレイヤーはLEGIONARYアクションを実行し、手札からMARBLE2枚を公開して、MARBLE2枚を要求した。
右隣のプレイヤーは、カードプールからMARBLE2枚を取り、STOCKPILEに加えた。
あなたは手札からMARBLE1枚を出し、右隣プレイヤーに渡した。右隣のプレイヤーはそれをSTOCKPILEに加えた。
あなたはLEGIONARYアクションを実行し、手札からBRICK(LEGIONARY)1枚とSTONE(MERCHANT)1枚を公開して、これらを要求した。
左隣のプレイヤーは手札からSTONE1枚を出し、あなたに渡した。あなたはそれをSTOCKPILEに加えた。
あなたは右隣のプレイヤーのCLIENTELEからLEGIONARYクリエンテス1枚とMERCHANTクリエンテス1枚、左隣のプレイヤーのCLIENTELEからLEGIONARYクリエンテス1枚を取り、それらをBRICK2枚とSTONE1枚としてVAULTに加えた。
左隣のプレイヤーは、既にLEGIONARYクリエンテスをColiseumの特殊能力で失っているため、LEGIONARYアクションを実行することはできない。

Dock(港)

LABORERアクションを実行する毎に、追加で手札から命令カード1枚を出し、STOCKPILEに加えてもよい。
この際、追加の命令カードを手札から出すために、カードプールから資材をSTOCKPILEに加えている必要はない。

例:
あなた:Dock,LABORERクリエンテス1枚
カードプール:WOOD2枚
右隣のプレイヤーはLABORERアクションをリードした。あなたはフォローした。
右隣のプレイヤーはカードプールからWOOD1枚を取り、STOCKPILEに加えた。
あなたは1番目のLABORERアクションとして、カードプールからWOOD1枚を取り、更に手札からBRICK1枚を出して、共にSTOCKPILEに加えた。
あなたは2番目のLABORERアクションとして、手札から別のBRICK1枚を出して、STOCKPILEに加えた。

Forum(フォーラム)

全ての種類のクリエンテスをCLIENTELEに持っている場合、直ちにゲームに勝利する。

例:
あなた:Forumの基礎+MARBLE2枚,全種類のクリエンテス1枚ずつ
左隣のプレイヤー:Forumの基礎+MARBLE2枚,全種類のクリエンテス1枚ずつ
あなたはCRAFTSMANアクションをリードした。他のプレイヤーはフォローした。
あなたはCRAFTSMANアクションを実行し、手札からMARBLE1枚を出してForumの下に加え、完成した。
あなたは直ちにゲームに勝利する。左隣のプレイヤーは勝利することはできない。

Ludus Magnaとの組み合わせ

ForumとLudus Magnaを共に完成している場合、Forumの勝利条件を満たすために、MERCHANTクリエンテスそれぞれを他のいずれか1種類のクリエンテスとして扱ってもよい。

Stairwayとの組み合わせ

2人以上のプレイヤーが同時にForumの勝利条件を満たす場合、ゲームの勝者は、通常通り得点計算によって決定される。

Storeroomとの組み合わせ

ForumとStoreroomを共に完成している場合、Forumの勝利条件を満たすために、任意のクリエンテスをLABORERクリエンテスとして数えてもよい。
LABORERとして数えたクリエンテスは、同時に元の種類として数えてはならない。

Foundry(鋳造所)

Foundryが完成した時に一度だけ、影響力に等しい回数のLABORERアクションを実行してもよい。
Foundryの完成から得られる影響力も、これに含まれる。

例:
カードプール:WOOD1枚,BRICK2枚,MARBLE2枚
あなたはCRAFTSMANアクションをリードした。他のプレイヤーはフォローした。
あなたはCRAFTSMANアクションを実行し、最初の建物としてFoundryを完成した。現在の影響力は4(2+2)である。あなたは一度だけ4回までのLABORERアクションを実行する権利を得る。
あなたはBRICK2枚とMARBLE2枚をカードプールから取り、STOCKPILEに加えた。

Fountain(泉)

CRAFTSMANアクションを実行する際、資材を(手札から出す代わりに)ドロー用山札から命令カード1枚を引いてもよい。
引いた命令カードを確認してから、建物の基礎として場に出すか、街の外の現場に基礎を造るために2番目のアクションを使用するか、既にある建物の基礎の下に資材として加えるか、或いは手札に加えるかを選んでよい。
Fountainの特殊能力は、完成すると直ちに有効となる。

例:
あなた:Fountain,CRAFTSMANクリエンテス2枚
あなたはCRAFTSMANアクションをリードした。他のプレイヤーはフォローした。
あなたは1番目のCRAFTSMANアクションとして、ドロー用山札から命令カード1枚(Palisadeだった)を引き、それをPalisadeの基礎としてWOOD現場カードと共に場に出した。
あなたは2番目のCRAFTSMANアクションとして、ドロー用山札から命令カード1枚(別のPalisadeだった)を引き、それをPalisadeの基礎の下に加えてPalisadeを完成した。
あなたは3番目のCRAFTSMANアクションとして、ドロー用山札から命令カード1枚(更に別のPalisadeだった)を引き、それを手札に加えた。

Garden(庭園)

Gardenが完成した時に一度だけ、影響力に等しい回数のPATRONアクションを実行してもよい。
Gardenの完成から得られる影響力も、これに含まれる。

新たに獲得したクリエンテスは、建物とは違い、そのターンには追加のアクションを与えないことに注意。

例:
あなた:クリエンテス0枚
カードプール:LEGIONARY2枚,CRAFTSMAN1枚,PATRON2枚
あなたはCRAFTSMANアクションをフォローした。他のプレイヤーはフォローした。
あなたはCRAFTSMANアクションを実行し、最初の建物としてGardenを完成した。現在の影響力は5(2+3)である。あなたは一度だけ5回までのPATRONアクションを実行する権利を得る。
あなたはPATRONアクションを4回実行することにし、PATRON1枚、CRAFTSMAN1枚、LEGIONARY2枚をカードプールから取り、CLIENTELEに加えた。
あなたは最後のクリエンテス枠を、別のPATRONで埋めてしまうことを避けた決定をしたことになる。

Gate(門)

基礎が造られているMARBLE建物の特殊効果が直ちに有効になる。
但し、完成するまでは影響力は上昇しない。

例:
あなた:Templeの基礎+MARBLE0枚
あなたはGateを完成した。あなたは直ちにTempleの特殊効果(手札の上限+4枚)を得て、手札の上限は9枚になる。

Insula(インスラ)

CLIENTELEの上限が2増える。
これには、Insulaを完成して得た1影響力も含まれる。

例:
あなたは最初の建物としてInsulaを完成した。あなたのCLIENTELEの上限は5(2+1+2)になるが、VAULTの上限は3(2+1)である。

Latrine(公衆トイレ)

THINKERアクションを実行する前に、手札から命令カード1枚をカードプールに捨ててもよい。

例:
あなた:Latrine (手札:LEGIONARY4枚)
右隣のプレイヤーはARCHITECTアクションをリードした。あなたはフォローしなかった。
あなたは手札からLEGIONARY1枚をカードプールに捨て、ドロー用山札から手札上限(5枚)に達するように命令カード2枚を引いた。

Ludus Magna(ルドゥス・マグヌス)

CLIENTELEにいるMERCHANTクリエンテスそれぞれを、全ての種類のクリエンテスとして扱ってもよい。

例:
あなた:CRAFTSMANクリエンテス1枚,MERCHANTクリエンテス1枚,Ludus Magnaの基礎+MARBLE2枚
あなたはCRAFTSMANアクションをリードした。他のプレイヤーはフォローした。
あなたは1番目のCRAFTSMANアクションとして、手札からMARBLE1枚を出して、それをLudus Magnaの基礎の下に加え、Ludus Magnaを完成した。
あなたのMERCHANTクリエンテスは、CRAFTSMANを含む全ての種類のクリエンテスになるため、更に追加のCRAFTSMANアクションを実行できる。
あなたは2番目のCRAFTSMANアクションとして、手札からInsulaを出して、それをInsulaの基礎としてRUBBLE現場カードと共に場に出した。
あなたは3番目のCRAFTSMANアクションとして、手札からRUBBLE1枚を出して、それをInsulaの基礎の下に加えてInsulaを完成した。

Market(市場)

VAULTの上限が2増える。
これには、Marketを完成して得た1影響力も含まれる。

例:
あなたは最初の建物としてMarketを完成した。あなたのVAULTの上限は5(2+1+2)になる。

Palace(宮殿)

アクションをリードまたはフォローする時、1枚辺りアクション1回を行うために、同色のカード(Jackカードを含む)を複数枚同時に出してもよい。

例:
あなた:Palace,MERCHANTクリエンテス1枚 (手札:MERCHANT3枚,LABORER1枚,Jackカード1枚
あなたはMERCHANTアクションをリードするために、手札からMERCHANT3枚とJackカード1枚を出した。他のプレイヤーはフォローした。
あなたはMERCHANTアクションを5回実行し、5枚の資材をSTOCKPILEからVAULTに移動した。

Palisade(柵)

他プレイヤーのLEGIONARYアクションによって、カードを失うことはない。
もし望むならば、カードを渡してもよい。
もしPalisadeの存在を忘れてカードを渡した場合、それを取り戻すことはできない。

例:
Palisade (手札:LEGIONARY1枚,PATRON1枚)
カードプール:MARBLE2枚
右隣のプレイヤーはLEGIONARYアクションをリードした。あなたはフォローした。
右隣のプレイヤーはLEGIONARYアクションを実行し、手札からMARBLE1枚を公開して、MARBLEを要求した。
右隣のプレイヤーはカードプールからMARBLE1枚と、更に右隣のプレイヤーの手札からMARBLE1枚を取り、共にSTOCKPILEに加えた。
右隣のプレイヤーは、Palisadeがあるために、あなたの手札からMARBLE1枚を受け取ることはできない。
あなたはLEGIONARYアクションを実行し、手札からMARBLE1枚を公開して、MARBLEを要求した。
あなたはカードプールからMARBLE1枚と、両隣のプレイヤーの手札からMARBLEを取り、共にSTOCKPILEに加えた。

Prison(牢獄)

Prisonが完成した時に一度だけ、他プレイヤーが完成している建物1つを選び、それをPrisonの上に置いてもよい。
奪った建物を今完成したのと同じ特殊能力を得て、元の所有者は特殊能力を失う。
その代わりに、Prisonの下にある現場カードを取り、奪った建物の元の所有者に3影響力として与えなければならない。
元の所有者の建物、手札、クリエンテス、VAULTの下の資材は、例え建物の特殊能力を失ったことにより条件を満たせなくなっても、影響を受けることはない。

以前に他のプレイヤーのPrisonによって奪わされた建物を奪ってもよい。
既に同じ名前の建物の基礎が場にある場合は奪うことはできない。
「完成した時に一度だけ」のタイプの特殊能力は、新所有者が建物を奪った時にも発動する。

例:
対戦相手:Tower,Templeの基礎+RUBBLE1枚+MARBLE1枚
あなたはPrisonを完成し、他プレイヤーからTowerを奪い、代わりにSTONE現場カードを3影響力として与えた。
あなたはRUBBLEをどの建物の基礎に対しても使うことができるようになり、対戦相手はTempleを完成するためにRUBBLEを使えなくなった。

Road(道路)

STONEの建物を完成するために、どの資材を使ってもよい。
Roadの特殊能力は、Roadを完成させたターンから使ってもよい。

例:
あなた:Roadの基礎+RUBBLE0枚,Catacombの基礎+STONE1枚,ARCHITECTクリエンテス1枚,RUBBLE1枚,WOOD2枚
対戦相手はARCHITECTアクションをリードした。あなたはフォローした。
あなたは1番目のARCHITECTアクションとして、STOCKPILEからRUBBLE1枚をRoadの基礎の下に加え、Roadを完成した。Roadの特殊能力が有効になる。
あなたは2番目のARCHITECTアクションとして、STOCKPILEからWOOD1枚をCatacombの基礎の下に加えた。
Catacombを完成するには、更にいずれかの資材1枚が必要である。

School(学校)

Schoolが完成した時に一度だけ、影響力に等しい回数のTHINKERアクションを実行してもよい。
Schoolの完成から得られる影響力も、これに含まれる。

例:
あなた:(手札:2枚)
あなたは最初の建物としてSchoolを完成した。現在の影響力は4(2+2)である。あなたは一度だけ4回までのTHINKERアクションを実行する権利を得る。
あなたは1番目のTHINKERアクションとして、ドロー用山札から手札が上限(5枚)に達するまで命令カードを引いた。
あなたは2番目のTHINKERアクションとして、Jackカードを場から取った。
あなたは3番目のTHINKERアクションとして、別のJackカードを場から取った。
あなたは4番目のTHINKERアクションとして、ドロー用山札から命令カード1枚を引いた。
あなたの手札は8枚になり、ターンを終了した。

Scriptorium(写字室)

CRAFTSMANアクションかARCHITECTアクションを実行した時、いずれかの建物の基礎にMARBLE1枚を加え、その建物を完成してもよい。
Scriptoriumの特殊能力は、Scriptoriumを完成させたターンから使ってもよい。

例:
あなた:Scriptoriumの基礎+STONE2枚,Wallの基礎+CONCRETE0枚,Templeの基礎+MARBLE1枚,CRAFTSMANクリエンテス2枚 (手札:WOOD1枚,STONE1枚,MARBLE2枚)
あなたはCRAFTSMANアクションをリードした。他プレイヤーはフォローした。
あなたは1番目のCRAFTSMANアクションとして、手札からSTONE1枚を出してScriptoriumの基礎の下に加え、Scriptoriumを完成した。Scriptoriumの特殊能力が有効になる。
あなたは2番目のCRAFTSMANアクションとして、手札からMARBLE1枚を出してWallの基礎の下に加え、Wallを完成した。
あなたは3番目のCRAFTSMANアクションとして、手札から別のMARBLE1枚を出してTempleの基礎の下に加え、Templeを完成した。

Senate(元老院)

毎ターンの終了時、対戦相手が場に出したJackカードを手札に加えてもよい。
複数枚のJackカードが使用された場合には、望む枚数(0枚も可)だけ手札に加えることができる。
Senateの特殊能力は、Senateを完成させたターンから使ってもよい。
もし完成したSenateが場に複数ある場合、このターンのプレイ順に従って解決していく。

例:
あなた:Senate
左隣のプレイヤー:Senate
あなたはJackカードを使ってPATRONアクションをリードした。左隣のプレイヤーはJackカードを使ってフォローした。右隣のプレイヤーはJackカードを使ってフォローした。
ターン終了時に、あなたは対戦相手の使ったJackカード2枚を手札に加えた。左隣のプレイヤーはあなたの使ったJackカードを手札に加えた。

Sewer(下水道)

毎ターンの終了時、このターンに自分がリード或いはフォローのために場に出した命令カードを、STOCKPILEに置いてもよい。

例:
あなた:Sewer
右隣のプレイヤーは、MERCHANTアクションをリードした。あなたは手札からMERCHANT1枚を出し、フォローした。
ターンの終了時、右隣のプレイヤーが出したMERCHANT1枚を通常通りカードプールに置き、あなたの出したMERCHANTカードをSTOCKPILEに加えた。

Shrine(神殿)

手札の上限が2枚増える。

例:
あなたは最初の建物としてShrineを完成した。あなたの手札の上限は7枚(5+2)になる。

Stairway(階段)

ARCHITECTアクションを実行する際、STOCKPILEから資材1枚を取り、完成している対戦相手の建物の下に資材を加えてもよい。
この建物の特殊能力は、直ちに全プレイヤーが使うことができるようになる。
建物の下に資材を加える際、建物の色と資材の色は同じでなければならない。
この建物の特殊能力が共有になっていることを忘れないように、建物の下に加えた資材をそのままにしておくこと。
プレイヤーが共有となった建物と同じ建物を既に完成している場合、共有になった建物の特殊能力を使うことはできない。
「完成した時に一度だけ」のタイプの特殊能力は、建物の特殊能力が共有になったことによって発動しない。

例:
あなた:Stairwayの基礎+MARBLE2枚,ARCHITECTクリエンテス2枚,MARBLE1枚,BRICK1枚
対戦相手:Archway,Shrine
あなたはARCHITECTアクションをリードした。他のプレイヤーはフォローした。
あなたは1番目のARCHITECTアクションとして、STOCKPILEからMARBLE1枚を取ってStairwayの基礎の下に加え、Stairwayを完成した。
あなたは2番目のARCHITECTアクションとして、STOCKPILEからBRICK1枚を取って対戦相手のArchwayの下に加え、特殊能力を全プレイヤーが使えるようにした。
あなたは3番目のARCHITECTアクションとして、Archwayの特殊能力を使い、カードプールからBRICK1枚を取って対戦相手のShrineの下に加え、特殊能力を全プレイヤーが使えるようにした。
全員の手札の上限は2枚増える。

Statue(彫像)

Statueの基礎を場に出す際、任意の現場カードを選択してもよい。
Statueは、現場カードの示す資材か基礎の資材(MARBLE)によって完成することができ、必要となる資材の数は選択した現場カードによって決まる。
完成した際に得られる影響力も、選択した現場カードによって決まる。
ゲーム終了時にStatueが完成している場合、追加の3勝利点を得る。

例:
あなたは最初の建物として、BRICK1枚とMARBLE1枚を使ってStatueを完成した。
VAULTに資材がない場合、この時点での勝利点は7(2+2+3)である。

Storeroom(貯蔵室)

CLIENTELEにいるクリエンテスそれぞれを、本来の種類の代わりにLABORERクリエンテスとして扱ってもよい。

例:
あなた:Storeroom,LABORERクリエンテス1枚,CRAFTSMANクリエンテス1枚,PATRONクリエンテス1枚
カードプール:STONE1枚,BRICK4枚
あなたはLABROERアクションをリードした。他のプレイヤーはフォローしなかった。
あなたはCRAFTSMANクリエンテスとPATRONクリエンテスをLABORERクリエンテスとして扱い、4回のLABORERアクションを実行した。
あなたはSTONE1枚とBRICK3枚をカードプールから取り、STOCKPILEに加えた。

Temple(寺院)

手札の上限が4枚増える。

例:
あなたは最初の建物としてTempleを完成した。あなたの手札の上限は9枚(5+4)になる。

Tower(塔)

資材を建物に追加する際、RUBBLEをいずれかの資材として扱ってもよい。
街の外の現場を使う際、追加のCRAFTSMAN/ARCHITECTアクションなしに基礎を造ることができる。
Towerの特殊能力は、Towerを完成させたターンから使ってもよい。

例:
あなた:Towerの基礎+CONCRETE1枚,ARCHITECTクリエンテス2枚,CONCRETE1枚,RUBBLE1枚
現場:STONE現場カード0枚
あなたはARCHITECTアクションをリードした。
あなたは1番目のARCHITECTアクションとして、STOCKPILEからCONCRETE1枚を取り、Towerの基礎の下に加え、Towerを完成した。Towerの特殊能力が有効になる。
あなたは2番目のARCHITECTアクションとして、あなたは手札からSewerを建物の基礎として場に出し、街の外のSTONE現場カードと共に場に出した。
あなたは3番目のARCHITECTアクションとして、STOCKPILEからRUBBLE1枚を取り、Sewerの基礎の下に加えた。
Sewerを完成するには、更にSTONEかRUBBLEのいずれかが2枚が必要である。

Villa(邸宅)

ARCHITECTアクションを実行した場合、Villaは資材1枚で完成することができる。

例:
あなた:Villaの基礎+STONE0枚,STONE1枚
あなたはARCHITECTアクションをリードした。他のプレイヤーはフォローした。
あたにはARCHITECTアクションを実行し、STOCKPILEからSTONE1枚を取ってVillaの基礎の下に加え、Villaを完成した。
影響力は5(2+3)となり、CLIENTELEとVAULTの上限が5になった。

Vomitorium(ヴォミトリウム)

THINKERアクションを実行する前に、手札を全てカードプールに捨ててもよい。

例:
あなた:Vomitorium (手札:PATRON3枚,Jackカード)
右隣のプレイヤーはARCHITECTアクションをリードした。あなたはフォローせず、PATRON3枚をカードプールに捨て、Jackカードを置き場に戻した。
あなたはドロー用山札から手札の上限(5枚)に達するまで命令カードを引いた。

Wall(防壁)

ゲーム終了時に、STOCKPILEにある資材2枚につき、1勝利点を得る。端数は切り捨てとなる。
この勝利点は、Wallの完成による2影響力から得られる2勝利点とは別に計算される。

例:
あなた:Wall,Insula,資材5枚,VAULT0枚
ゲーム終了時、あなたの勝利点は7(影響力2+2+1とWallの特殊能力による2)である。

他プレイヤーのLEGIONARYアクションによって、カードを失うことはない。
もし望むならば、カードを渡してもよい。
もしWallの存在を忘れてカードを渡した場合、それを取り戻すことはできない。
この特殊能力はPalisadeと同じだが、対戦相手がBridgeを持っていてもWallを乗り越えてカードを要求することはできない。

例:
あなた:Wall,STONE1枚 (手札:STONE2枚,BRICK1枚)
対戦相手:Bridge
カードプール:なし
対戦相手はLEGIONARYアクションをリードした。あなたはフォローした。
対戦相手はLEGIONARYアクションを実行し、手札からSTONE1枚を公開してSTONEを要求した。あなたは「ローマに栄光あれ!」と宣言した。
あなたはLEGIONARYアクションを実行し、手札からSTONE1枚を公開してSTONEを要求した。

更新履歴

2010/09/11 第1版をアップ。

メール送信フォーム

名前
メールアドレス
内容

コメント欄

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る