2010年12月11日(土) 第4回ち~む@じょいふるボードゲーム部オープン例会 レポート


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

序文

更新が遅くなりまして大変申し訳ありません。
2010月12月11日(土)、桐生市青年の家において、第4回ち~む@じょいふるボードゲーム部オープン例会が開催されました。
11月はお休みでしたので、1箇月半ほど空いての開催となります。
いよいよ冬到来ということで、かなり寒くなってきましたが、群馬JAGA勢を始めとして、多数の方にご参加いただきました。
特に今回は、遥々新潟からお越し頂いた方もいらっしゃいました。
遠いところを本当にありがとうございます。

持ち込みゲームの写真を撮り忘れてしまいましたが、第3回までの状況を考えて今回から多少数を絞ることにしました。
当初30点程度にしようと思っていたのですが、箱の隙間が惜しくなって小物で埋めていった結果、最終的には36点となりました。
今回も例によって軽めのゲームがメインとなっていますが、今回はTGF2010Fの新作の割合が高くなりました。

プレイされたゲーム

【トライコーダ】
自宅例会で遊んでなかなか好評だった「トライコーダ」からスタートです。
初プレイの方もいましたが、やはり好評を得られました。
私は残念ながらメモミスが多く散々な結果でした><

【藪の中】
話題騒然の「藪の中」を早速持ち込みました。
参加した方には気に入っていただけたようで何よりです。

【キャット&チョコレート:ビジネス編】
これまたTGF2010F戦利品。
ビジネス編だけあって、たまーに生々しいネタが・・・w

【はやぶさ君の冒険】
まだ続くTGF2010F戦利品。
デッキ構築型協力ゲーム・・・という感じでしょうか?
今回は初プレイだったので推奨セットをプレイしましたが、多少の余裕をもっとクリアすることができました。
高難度のシナリオはだいぶやばいことになりそうですねー。

【ばるば★ろっさ】
珍しく、「ドミニオン」より先に派生ゲームが立ちました。
派生ゲームの中ではなかなか良い出来だと思いますが、ちょっとプレイ時間が長いのが難点でしょうかね。

【ビア&プレッツェル】
お気楽アクションゲームです。
狙ったとおりの結果が殆ど出たことがないような気がするんですが、多分遠くから投げ過ぎなんでしょうw

【ヤッツィー】
久々にプレイされているのを見ました。
2010年の運ゲーマーは誰だったのでしょうか?

【ばるば★ろっさ】
何と2戦目。
ずらりと歩兵が並んでおります。

【キル・ドクター・ラッキーDX】
殺人がテーマなのに、あまりにも馬鹿らしいためあまりダークな雰囲気になっていないゲームですw
今回はみんなが邪魔カードを出し渋りすぎたため、滅茶苦茶早い段階でドクターが殺されてしまい、大爆笑で終わりました。

【ペンギンパーティ】
途中参加の方が2名で遊ばれていた「ペンギンパーティ」。
なかなか良い評判のようですね。

【キャッシュフロー101】
まさか、このゲームをプレイする機会を得ようとは・・・。
うん、一回やっておけばいいですね、確かにw

【キングスブルク】
本日の最重量級、お持ち込みいただいたゲームです。
言わば「ダイスプレイスメント」、運と戦略のバランスが良いゲームだと思います。
ただ、ちょっと長いんですよねー。

【ドミニオン】
ここに来てようやく初「ドミニオン」。
勿論間もなく日本語版発売の「繁栄」が入っています。

【ジャイプル】
ちょっと隙間ができたので、N島さんと2人で「ジャイプル」。
とても良くできた駆け引きゲームだと思います。

【ブラックウィーン】
このゲーム、「ち~む@じょいふるオープン例会名物」の称号を与えてもいいんじゃないでしょうかw
今回もはみるかるさんが見事真相を突き止めました。
やりこんでますねーw

【RRR】
「ジャイプル」に続いて「RRR」。
やれることはとても少ないのですが、どれをどのタイミングで実行するか、とても悩ましいゲームです。

【藪の中】
写真がありませんが再度プレイされていました。
慣れてくるとだんだん罠の仕掛け方が巧妙になってきますねw

【人狼】
今回の締めも全員で「人狼」です。
前回とは正反対に、さくさくっと村人側の勝利。
「ザ・ヴィレッジ」のルールに従ったのですが、やはり昼の脱落者は正体を明かさないほうがゲームとしては面白いですね。

まとめ

ここで閉館時間が迫ってきたため、今回のオープン例会は終了となりました。
参加者総出で撤収準備をしていただき、荷物を車に積んで会場を後にしました。

ご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました!
更に皆さんが楽しめるイベントにしていきたいと思っておりますので、お気づきの点がございましたら、どんどんご指摘いただければ嬉しいです。

コメント欄

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る