2013年1月26日(土) 第20回ち~む@じょいふるボードゲーム部オープン例会 レポート


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

序文

2013月1月26日(土)、桐生市青年の家において、第20回ち~む@じょいふるボードゲーム部オープン例会が開催されました。
今回は幸いにも間を空けることなく、12月に引き続いて開催することができました。
今後もこの調子で続けていきたいと思っています。

なお、今回の参加者は、ち~む@じょいふるから6名、他から9名の計15名でした。
お越しいただきました皆さん、本当にありがとうございました!

今回の持ち込みゲームです。
相変わらず目安は30個にしていますが、大箱と小箱のバランスを取ることで、ケースの数自体が増えないように工夫しています。

プレイされたゲーム

【ヘルプミー!】
今回のオープニングゲームは、お持込みいただいた「ヘルプミー!」から。
10分ちょっとで終わる簡単なゲームですが、なかなか悩ましいゲームでした。

【世界の七不思議】
久しぶりに「世界の七不思議」。
基本+都市の組み合わせは、プレイ時間が延びないので個人的に好みです。

【帝国(古代ローマの新しいゲームから)】 ※写真なし
この度めでたく再販された「古代ローマの新しいゲーム」。
小型化されたことで持ち運びも楽になり、更に使い勝手が良いゲームになったと思います。

【デカスロン】
OKAZU Brandさんの「デカスロン」。
その名の通り十種競技がテーマとなっており、手札のマネジメントがとても悩ましいゲームです。

【エスケープ】
今回も「エスケープ」は人気です。
実は後ほど酷いルールミスが発覚したんですが、その状態でもクリアできたりできなかったり、という感じですね。

【クロニクル】 ※写真なし
カナイ製作所さんの「クロニクル」。
トリックテイクですが、物語やキャラクターの特殊能力のお陰でなかなか派手な展開になります。

【クレオパトラと建築士】
お持ち込みいただいた「クレオパトラと建築士」ですが、ご覧のとおりコンポーネントの仕上がりが凄いことになっています。
元々テーマ性の強いゲームなんですが、このお陰でますますいい感じになっていました。
脱落のルールがあるので最後まで気の抜けないゲームです。

【クー】
前回に引き続き今回も遊ばれた「クー」。
一周目初手番から息をするように嘘をつけるようにならなければいけませんw

【ガントレットオブフールズ】
最初にヒーローを選択したら、後はそのまま死ぬまで走り続ける、という異色のシステム、「ガントレットオブフールズ」。
賛否両論あると思いますが、私は好きなゲームですね。
今回は太く短く生きようと思ったのに、中途半端なモンスターばかりで細く短くになってしまいました><
基本ライフの低いヒーローは避けるのが賢明ですねー。

【カッラーラ】
エッセンシュピールで話題となった「カッラーラ」。
システムはシンプルだけど悩ましい、ドイツゲームの王道のようなゲームだと思います。

【ラー】
競りゲームの名作、「ラー」。
時が流れても良いゲームというのは色褪せないものです。

【ポイズン】 ※写真なし
クニツィアのバースト系ゲーム、「ポイズン」。
最後に失点を避けることができるルールがピリッと効いています。

【ビッグシティ】
これまた懐かしい都市建設ゲーム、「ビッグシティ」。
都市が育っていく過程が視覚的にも楽しいゲームですね。
今回は兎に角いいカードが引けず、引いたところは工場に潰され・・・と散々な結果に終わりましたw

【セブンミッションズ】
鈴木銀一郎氏作、モンスターメーカーの世界をモチーフにしたデッキ構築型ゲーム。
基本的に2人で遊ぶゲームのようです。

【エスケープ】
ここでもう一度「エスケープ」。
2回遊んで1勝1敗でした。

【レジスタンス】 ※写真なし
ここで久々に人狼系の「レジスタンス」。
やや少なめの人数でも遊べるのが良いところですね。
テーマを変えて調整の入った「レジスタンス:アヴァロン」も発売されています。

【ユニオンパシフィック】
お持ち込みいただいた、懐かしの「ユニオンパシフィック」。
路線拡張に株式というテーマでありながらも、比較的短時間で楽しむことのできる良作です。

【イノベーション】
兎に角ド派手な展開が特徴的なカードゲーム、「イノベーション」。
技術や文明をテーマとしているのに、こんなにダイナミックなゲームは他に知りませんw
IELLO版の拡張も出るようですし、その日本語版が待たれるところですが・・・難しいかなあ?
Asmadi版の拡張2にも興味津々です。

【成敗】
カナイ製作所さんの時代劇協力ゲーム、「成敗」。
今回は本当に悪役側に配置されたカードが凶悪だったようで、散々な結果になってしまったようです。
難易度が高く、まだ完全勝利したのを見たことがありませんw

【秦】
クニツィアの陣取りゲーム、「秦」。
いつものように?テーマ性は皆無ですが、なかなか良くできたゲームだと思います。

【Xing(バッティング)】
お持込みいただいた「Xing」、篠原遊戯重工さんのゲームです。
その名の通りのバッティングゲームですが、その後に激しい読み合いが展開されるゲームです。

【ハートオブクラウン】
ドミニオン派生ゲームの中では推す方が多い、「ハートオブクラウン」。
PC版も発売され、更に基本セットの再販も決まったとのことで、今後の展開も楽しみです。

【フリート】
最後のゲームは「フリート」。
漁船団がテーマですが、漁よりもライセンス争奪戦が激しいゲームですw
常にカツカツで無駄が許されない感じなので、やりこみ度は高そうですね。

まとめ

今回は長い時間のゲームが少なかったためか、結構なハイペースでゲームがプレイされていました。
また、「ビッグシティ」や「ラー」等、ちょっと懐かし目のゲームもプレイされていたので、今後もある程度の割合で古いゲームを混ぜていこうと思います。

皆さんが楽しめるイベントにしていきたいと思っておりますので、お気づきの点がございましたら、どんどんご指摘いただければ嬉しいです。
今後ともち~む@じょいふるボードゲーム部をどうぞよろしくお願いいたします!

コメント欄

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る