コンコルディア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



メーカー PD-Verlag
作者 Mac Gerdts
対象年齢 12歳以上
プレイ人数 2~5人
所要時間 90分

ゲーム概要

「コンコルディア」は、およそ2000年前のヨーロッパを舞台としたゲームです。
プレイヤーは名家のリーダーとなり、様々な人物の協力を得て勢力を拡大し、勝利点を獲得することを目指します。

Mac Gerdtsと言えば、「インペリアル」や「ナヴィガドール」等々、「ロンデル」というシステムを用いたゲームが有名ですが、「コンコルディア」にはロンデルは使用されていません。
基本となるシステムは非常にシンプルになっており、プレイヤーが手番で行うことは「手札から人物カードを1枚プレイし、その効果を解決する」だけです。

人物カードは9種類あり、

ゲーム開始時から所有している6種類

護民官 使用済のカードを全て手札に戻し、新たなコマを配置する
建築士 コマを移動させ、拠点を作る
長官 商品を生産するか、お金を得る
商人 お金を得て、商品を売買する
外交官 他プレイヤーが使用したカードをコピーする
元老院議員 人物カードを購入し、手札に加える

と、

入植者 新たなコマを配置するか、お金を得る
執政官 人物カードを購入し、手札に加える
専門家 対応する商品を生産する

購入することで使用可能になる3種類に分かれています。
どの人物カードを、どのタイミングで、どうやって使うか、この判断が「コンコルディア」の肝となっています。

得点計算はゲーム終了時に一度だけ行われます。
人物カードには種類に応じて得点の獲得条件(10金毎に1点、拠点1個毎に1点等々)が記されており、その達成度と枚数に応じて得点を獲得します。
こうして、最も多くの勝利点を獲得したプレイヤーが勝者となります。

写真


綺麗に色分けされたボード。都市で生産される商品の種類はゲーム毎に変わります。

初期の人物カード、拠点・開拓者・船コマ、勝利点のリファレンスカード。

レンガ、食料、道具、ワイン、布の商品コマと、それを格納する倉庫ボード。

雑感

手番にできることが1つだけ、というと簡単なゲームに思えるかもしれませんが、さにあらず。
地図、コマ、商品、カードと要素がかなり多いので、どの人物カードをどう使うか、毎手番非常に悩まされることになります。
また、セットアップが終わってしまうと、後は人物カードの登場順以外にはランダム要素がないため、かなりカッチリとしたゲームでもあります。
若干好き嫌いの出るところはあるかもしれませんが、苦しい判断を楽しく感じるようなコアなゲーマーにはばっちりはまるのではないでしょうか。

「コンコルディア」は2013年エッセンシュピール発表の新作ですが、いよいよNew Games Orderさんより販売が開始されるとのことで、国内流通が始まります。
悩ましいゲーム好きな方は是非遊んでみてください。

(2013/11/29 いずみっくす)

プレイレポート


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る