2005年9月3日例会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

会場 いずみっくす宅
参加者 いずみっくす,ドリーマー,これ,伝五郎

プレイしたゲーム

エル・カバレロ

迷った挙句、面子的にいけるだろう、ということで「エル・カバレロ」を選択。

タイトル、そして雰囲気からして「エル・グランド」の続編のように思われますが、実際はかなり違うゲームです。
タイルを配置し、それによって作られる島に騎士や船を派遣してポイントを得ます。
タイル配置ゲームというと比較的軽いゲームが多いのですが、「エル・カバレロ」は戦略性が高く重厚な部類に含まれるゲームでしょう。

初プレイのため、全員手探りで進めていきます。
まず私とドリーマーが効率の良い小さい島を押さえますが、これ君と伝五郎君は大きな島に勢力を伸ばし、将来の可能性を高めていきます。

中盤は停滞期。
ドリーマーは陸への進出に出遅れ、私は進出可能な陸がほとんどないことに気づきます。
これ君と伝五郎君は逆に、お互いの衝突地域が多かったため、伸び悩みます。
私は陸で小さいポイントを拾い、ドリーマーは海に力を注ぎ始めました。

ここで中間決算。
前述の策が功を奏し、私が辛うじてトップ。
但し、海への出遅れがあり、予断は許しません。

後半に入ると、先ほどの戦略をさらに突き詰める形になりました。
私はさらに陸へ注力。
本当は海にも進出したかったのですが、もはや美味しい場所も少なく、また決算直前に騎士を大量消費したこともあり、その余裕もなくなっていました。
これ君・伝五郎君もメインは陸。
最初の大きな大陸で食い合ってしまったのがちょっと響いている感じです。
そしてドリーマーは海メイン。
それまでは出遅れ感は否めなかったのですが、大きな湾を作ってそこに自ら蓋をしたことにより、一気にトップ争いに参入。

完全に混沌としてきました。
一応ルール的には妨害も可能なんですが、そんなことをしている余裕もないので、1点でも自分のポイントを高めるべく最善手を模索。

そして、結果は・・・。
なんと、陸と海の覇者が同点で並ぶという結果にΣ(゚Д゚;
制覇した湾を地道に育て上げた、見事な見事な追い上げでしたヽ(´ー`)ノ

冒頭でも書きましたが、戦略性が高く、歯ごたえのあるゲームですね。
良いゲームですが、やや人を選ぶ傾向があるのは否めないところ。

(いずみっくす)

合計 コメント
これ 46 11 57 我が道を行くべきだった。
いずみっくす 59 7 66 ◎ もう少し海に絡めればなあ・・・。
伝五郎 50 13 63 海の既得権が弱かった。
ドリーマー 29 37 66 ◎ 海は私のものだ。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

キャント・ストップ

2と12を制覇して勝った!
これ以上何を語ることがあろうか!!!

・・・もうキャント・ストップは引退してもいいかも(;´∀`)

(いずみっくす)

合計 コメント
これ 2 6がいま一歩。
いずみっくす 3 ◎ 遂に両端戦略が勝利を!!!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
伝五郎 0 うほ、無冠の帝王。
ドリーマー 1 ダイスはいかん。ダイスというのがいかん。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る