2005年5月8日例会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

会場 泉宅
参加者 泉,N島,伝説の餓狼,これ

プレイしたゲーム

五番街

さてさて、5日に引き続いて今日も世間の評判が微妙なゲームを(;´∀`)
「氷河期」に続いて微妙な評価のAlea「五番街」です。

ニューヨークを舞台とした建築ゲームで、7+1に分かれた区画に中のより価値の高い位置にビルを建てることを狙っていきます。
手番で選択できるアクションには、A~Dの4つのセットがあり、それぞれ決まった組み合わせのアクションを行うことになります。
大枠のシステムはそれほど複雑ではありませんが、幾つか細かいルールがあるために、インストには多少の時間を要しました。

さて、いよいよゲーム開始。
ある程度商店が配置された時点で、ビルの保有数によってはボーナスが得られるため、とりあえずは全員それに乗り遅れないようにビルの建築を急ぎました。
その後は建てたビルの価値を高めるべく、周囲に商店を配置していく流れになりました。
システム的に大きな差はつかないので、地味に、取り残されないように必死になる必要があります(;´∀`)

で・・・全然決算が起きません(;´Д`)
誰も次の手番プレイヤーが有利な決算を起こせる位置にコマを止めておかないので、結果的に決算が含まれるアクションセットを選択することがないのです。
おかげで、いい加減ゲーム終盤まで、全員の得点が一桁台でした。

さて、終盤。
得点はこれ君がややリード。
ふとボード上を眺めると、私だけ特別な区画であるタイムズスクウェアにビルが全然ありません。
上記のように決算が起きない以上、通常区画に建てたビルの価値は苦労の割には今一つ。
一方、タイムズスクウェアのビルは運が良ければ1つ当たり5点になります。
この状況は大変良くありません(;´Д`)

ここで知恵を絞り、私のビルが建っていない区画を「建設禁止」にしてしまうことにしました。
建設禁止になった区画は全てのビルが取り払われ、そこに建っていたビルは本来の半額で決算されます。
そして、建設禁止にしたプレイヤーにも得点が入るので、その区画に乗り遅れているプレイヤーとしてはなかなかの上策といえます。
丁度いいタイミングで条件が合致する区画で競りが発生したため、貯め込んでいた(というか、使い道がなくてずっと残っていた)カードを一気に投入して、その区画を建設禁止にすることに成功ヽ(´ー`)ノ

ところが、これでタイムズスクウェア分の遅れを少し取り戻したか…と思ったのも束の間、次の手番でこれ君が別の区画を建設禁止にするべく動いてきました。
私は力を使い果たしており、抵抗する術はなし。
これにより「2区画が建設禁止になる」という終了条件を満たしたため、即座にゲーム終了。
なんか、あっけなく終わってしまった感じです。

最終決算を行いますが、もう勝負は見えています。
これ君には絶対届かず、タイムズスクウェアの単価によっては伝説の餓狼君にも逆転されてしまいます。
そして、その結果…逆転されて3位転落 _| ̄|○

う~ん・・・。
評価が微妙なのもうなづけるような気がします。
前述のように「取り残されないように必死」になっているうちに行き詰まっているうちに、いきなり終わってしまった・・・という感じで何とも消化不良。
決算が全然起きなかったので、余計閉塞感が強かったですね。

本当に正しいルールだったのかと思って確認してみたところ、一応、ルールミスが2つありました。
1つは大勢に影響はありませんでしたが、もう1つは初期配置の関係で、特に序盤戦に影響を与えそうです。
今度、正しいルールでもう一度・・・遊ぶのか?(;´∀`)
それくらいでは何とも言えないあのムードを拭い去るのは難しい気がしますね。

(泉)

結果 コメント
伝説の餓狼 41 むずかしいー。
これ 50 ◎ そんなのビミョーすぎー。
N島 37 セントラルパークで25点。
40 街を壊して全部公園にしようヽ(`Д´)ノ

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る