2006年2月5日例会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006年2月5日例会
会場 いずみっくす宅
参加者 いずみっくす,これ,N島,つっちー,伝五郎

プレイしたゲーム

ディアボロ

メビウス便新着の「ディアボロ」をプレイ。

やることは実にシンプル、手札からカードを出して、同じ色のカードの天国側か地獄側のどちらかに配置するだけです。
配置されたカードによってそれぞれの色の得点が決まります。
天国側に配置した場合はプラス点となり、地獄側に配置した場合はマイナス点となります。
こうして各色の点数が確定した後に、誰がその色の得点を獲得するかを決定します。
その判断基準がは、「手札にあるその色のカードの価値の合計」になっているのがポイントで、「色の価値を高めるには高い数値のカードを出したいが、出してしまうと優位が取れない」という素敵なジレンマが待ち受けています。

初プレイなので、最初のうちは勝手が分かりません。
とりあえず、下がりすぎた色にはプラスを、上がりすぎた色にはマイナスを配置する無難な戦術で様子を見ます。
しかし、いきなり選択ミスをし、小さいながらもマイナスを取らされることがほぼ確定。
色毎に5枚まで、という足枷の厳しさにここで気づきました。

中盤に入ると、全員少しずつ慣れてきたようで、カードの配置の仕方も大胆になっていきます。
そして、途中からマイナス祭り発動(;´∀`)
基本的にどの列もマイナス傾向になり、兎に角それを取らないように・・・という姿勢になっていきました。
こうなると、なかなかプラス点をとるのが難しくなります。
手札に大きい数のカードを残しているとマイナスを取らされることになりますので、早め早めに出していく展開に。
勿論、出す先はマイナス側です(;´∀`)

そんな厳しい駆け引きが続きましたが、結果は以下のとおり。
マイナスを見事に避け続け、たまに発生したバブルでしっかり得点を稼いでいた伝五郎君が圧勝。

最初の印象どおり、やや先の見えない「フリンケ・ピンケ」という印象でした。
手札が固定されていない分、息苦しさは薄くなっていますが、ジレンマは同じくらい重く感じます。
プレイ自体は簡単で時間もかからないので、かなりお得なゲームだと思います。

(いずみっくす)

1st 2nd 3rd 4th 5th 合計 コメント
伝五郎 +6 +14 +2 +6 +28 ◎ バブルを乗りきった!
N島 +12 -7 +5 +10 出入りがはげしい。
つっちー +4 +2 +1 +6 +13 マイナス大好き。
いずみっくす -4 -2 +12 +2 +8 むずかちーーーーー。
これ -3 +1 -2 何もできず。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

ジャマール「決闘」

「ディアボロ」で神経をすり減らした後は気軽にいきたい、ということで、やはりメビウス便新着の「ジャマール」をプレイ。

今回は、基本ゲームである「決闘」を行いました。
基本は「袋に手を突っ込んでコマを探す」です。
2人のプレイヤーが袋に同時に手を入れ、指定された形のコマを探します。
先に見つけたプレイヤーがそのコマを獲得し、規定数を獲得したプレイヤーが勝者となります。

この面白さを文章で伝えるのは難しいですね~。
形が似ているコマがあり、焦っていると間違ってそれを取ってしまったりするのが実に面白いところ。

最終的な結果は下記のとおりです。
私は調子よく卵形のコマを揃えていったんですが、前述の罠にはまり、惜しくも勝利を逃しました。

メンバーにもよると思いますが、盛り上がりは必至です。
子供から大人まで楽しく遊べそうなゲームですね。

(いずみっくす)

結果 コメント
伝五郎 2(1) 後半は何も探り出せず。
N島 1(0) ラクダどこーーー!!
つっちー 8(2) ◎ 勝利の鍵はラクダを無視したこと・・・か?
いずみっくす 4(4) 卵ゲッターーーーー。
これ 5(0) アツイ戦いでした。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る