2006年5月4日例会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006年5月4日例会
会場 いずみっくす宅
参加者 いずみっくす,N島,雪風,あねご

プレイしたゲーム

王への請願

この参加メンバーでダイスゲームとなるとやはり雪風氏が厳しいことになるかと思いきや
序盤から目が走り、私がその後を追っかける形に。
あねごもはじめのうちはまだ良かったものの次第に取り残されてゆきます。
私も雪風氏に続いて領主を取ったので、雪風氏は王様ゲットで最終ラウンドへ。
最終ラウンドの最初の手番は私。振るダイスに最低1個は6を出し続け
キャラクターの能力を温存し結局持ちダイス9個すべてを6に。
あねごはダイス数が足らずここでリタイア。
そして雪風氏はキャラクターを駆使し、なんとか6を8個まで持ってきました。
残りダイスも2個なのであと1個6を出せば勝利です。
コロコロ・・・・出ません。
さあラスト1個・・・・出ませんでした。
最後の最後で雪風氏のダイス運がつきてしまいました。

(N島)

結果 コメント
雪風 6×8 運ゲーに勝てねえ。
N島 6×9 ◎
あねご 放棄 最後はどうにもならず。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

郵便馬車

メビウス便新着の「郵便馬車」。
ドイツ国内に郵便網を作っていくゲームです。

カードを使い、一筆書きの要領でルートを繋いでいきます。
基本的には場にあるカードを取り、手札から出す・・・の繰り返しなので、システム的には分かりやすいです。
また、手番ごとに一度特殊能力を使うことができるので、これを上手く活用するのがポイントになります。

開始直後にどん詰まりのルートを埋めることに成功。
これで楽になるか・・・と思いましたが、しばらく場札の流れが悪く、苦労することに。
その結果、他の人が長めのルートを狙う中、やや短めのルートを細かく刻んでいくことになりました。

ルートの選び方が非常に難しいですね。
手札を貯め込めば安全かというとさにあらず。ルート完成後に手札に残しておけるカードは少ないので、余計に貯め込むと捨てることになってしまいます。

中盤以降は今度は長めのルートを狙っていきます。
巨大なバイエルンをうまく利用し、ルートの延長に勤しみます。
序盤、細かいルートを作ったのが、この段階では上手く作用していました。

終盤、後は未到達の地域をカバーして、ボーナスを増やしていきたいところ。
しかし、なかなか欲しい地方のカードは手に入りません。
場に出ても、取られてしまったり流されてしまったりしてしまいます。
ゲーム終了が見えてきて、焦りはつのるばかり。
しかし、遂に我慢の甲斐あって、今まで手に入らなかった地方のカードがまとめて出ました。
首尾よくこれをゲットして、「バイエルン以外」のボーナスをゲット。
間もなくゲーム終了となりましたが、これが効いて勝利することができました。

「乗車券」に似たテイストがありますが、遥かにシビアなゲームですね。
一手番も無駄にできない雰囲気があります。

(いずみっくす)

結果 コメント
N島 11 あれえ・・・間違ったかなあ・・・。
雪風 16 カードの引きで負けました。
あねご 13
いずみっくす 19 ◎ 最後が神がかってました。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る