2006年6月25日例会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006年6月25日交流会
会場 桐生市青年の家~いずみっくす宅
参加者 いずみっくす,N島,これ,E大臣,伝五郎,将軍,るるいえ,サンガ

プレイしたゲーム

海賊組合

メビウス便新着、ゲーム大賞候補作品の「海賊組合」。

プレイヤーは海賊団を操り、船を襲撃して財宝を手に入れます。
単独で襲撃を行うのは難しいですし、他プレイヤーもそれは許してくれませんので、協力して行うことになります。
見事襲撃に成功したら財宝を分配するのですが、必要以上に大きな海賊団で襲撃を行ってしまうと、自腹を切って報酬を支払わなければならなくなってしまいます。

・・・というわけで、ルールを読んだところ、どうやら「金庫破り(ASS)」のリメイクのようです。
財宝タイルが追加になり、積極的に襲撃を行う理由付けが強くなったのが大きな違いです。

序盤は手探りで進みます。
どうなっても多めの現金が手に入るよう、比較的数値の高い海賊から、それも平たく配置される傾向。
最終的にはコマがなくなり襲撃するしかなくなるわけですが、そのタイミングの計りあいが続きます。

ゲームも中盤に差し掛かり、みんな慣れてきたと思われる頃、N島マジックが炸裂。
財宝タイルを狙ったのか、既に巨大化したスタックにさらに参入!
・・・勿論その結果は、多額の自腹支払いが発生し、戦いからほぼ脱落する結果となりました。

そしてさらに進んで最終ラウンド。
財宝タイルはほぼ均等になり、勝敗の行方は全く読めない状態。
こうなると現金収入をできるだけ増やしたいところ。
私は最終ラウンド開始時点で既に高額コマがスタックに含まれていたため、やや他力本願にならざるを得ない展開でした。

結果は下記のとおり。
点差が2点ずつという、見事な接戦でした。
唯一人を除いては・・・。
私はもう少し強気でコマを乗せていっても良かったかもしれません。

とても良いゲームですね。
メビウス便の分配で高崎にいくことになりましたが、これは桐生でも補完しておこうと思います。

しかし、プレイ時間、2時間近くかかりましたが・・・(;´∀`)

(いずみっくす)

結果 コメント
るるいえ 76 ◎ おまいら!! しゅーげきだあー。
サンガ 70 分かり易くいいゲームですね。
いずみっくす 74 N島マジック炸裂。
N島 54 財宝に目がくらんではだめですね。
将軍 72 シンプルの割には考える。頭いたくなった。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

プライバシー

いよいよこのゲームをプレイするときがやってきました。
「プライバシー」です。

思想や性癖等、日常的にはタブーとされる領域に属するような際どい質問を行い、秘密投票で回答を行います。
プレイヤーは「はい」の回答数を予想し、ぴったり正解すれば3マス、±1ならば1マス、コマを進ませます。
これを繰り返し、最初にゴールに到達したプレイヤーが勝者となります。

序盤からとんでもない質問がばんばん飛び出し、大変盛り上がる展開となりました。
メンバーを入れ替えつつ2回連続でプレイされたのがその証です。

結果は下記のとおりなんですが、あまり結果を気にするゲームではありませんで・・・。
場所と相手さえ選べば、非常に盛り上がるコミュニケーション系ゲームであることは間違いありません。

(いずみっくす)

結果 コメント
いずみっくす 前半爆走、後半牛歩。ドキドキものでした。
N島 -3 投票人数当てるほうが意外なところで当たって面白かった。
るるいえ -4 実は、私・・・。
将軍 -4 かいしゃくがびみょう。
E大臣 -8
サンガ -12 分かり易くいいゲームですね。あ、でも条件付きで。
これ -16 攻めすぎた。

結果 コメント
これ 攻めたら勝てた。
伝五郎 -3 大変おもしろうございました。
E大臣 -8 意外というか、予想通りというか・・・。
N島 -8 人数多いとやっぱり当たりませんね。
るるいえ -11
将軍 -15 思わずカムアウトしたくなる。
いずみっくす -15 ちょっと攻めたらずれまくりんぐ。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

ジャスト・フォー・ファン

別卓でブラックベネチアが行われる中、軽いものということで始めたのですが
4人でやったときなかなか終わらず3人がベストなのかと思っていたところ・・・
妨害をするカードの組み合わせがこないうちにあっさり勝利条件を満たされるという顛末に。
どうやらこのゲーム4人で時間をかけてやるゲームのようです(笑

(N島)

1st 2nd 3rd 4th コメント
将軍 運ゲー脳トレによい。
N島 3人だと止めきれない??
るるいえ 数毒?

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

傾いてるよ、傾いてるよ、オイ!

ジャスト・フォー・ファンがあっさり終わってしまったので気を取り直してゲーム開始
皆アグレッシブな荷物の置き方をするので、2回戦までは将軍が連続ミス。
3回戦に入ると皆慣れてきたのか着々と荷物が積みあがっていきます。
ダイス運にも恵まれたのかついに全部置く事にとに成功。

(N島)

1st 2nd 3rd コメント
将軍 × × すごく神経をすりへらす。
るるいえ ぼくにもつめた!!
N島 パラッツォ・パレッティの汚名返上?!

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

ブラックベネチア

入手してからなかなかプレイ機会のなかった「ブラックベネチア」を遂にプレイ。

推理系のゲームで、27人の容疑者の中から3人を絞り込みます。
質問カードを使い、他プレイヤーの手札(=シロ)に関する少しずつ集めていきます。

初プレイはルールミスが2つもあり、ほぼ参考程度に。
気を取り直しての2回戦はメモのミスを数回やってしまい、そこで推理が崩壊(;´Д`)
ここまでは全員告発失敗という散々な結果に。

そして会場を自宅に移しての3回戦。
私は論理式で導き出した容疑者が外れてしまい、無念の告発失敗。
しかし今回はこれ君が見事3人を当てて勝者となりました。

非常に良くできたゲームです。
要素は少ないのに、システムが良くできているおかげでテンポが良くて難易度も丁度いい感じです。
とりあえず、今まで遊んだ推理ゲームの中ではNo.1ですね。

(いずみっくす)

1st 2nd 3rd コメント
伝五郎 × × ×
いずみっくす × × × 何故か毎回途中でバグる。
これ × ×
E大臣 × × ×
N島 × 推理が悪く迷宮入りしてしまった。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

プライバシー

つっちーが加わって夕食の後、再び「プライバシー」。
今回も大いに盛り上がりました。

ハウスルールで、どう考えても全員「はい」、或いは「いいえ」と思われる問題は却下することにしたため、ますます読めなくなっていい感じに。

人数が増えると当てづらくなり、同時に意外性も増すので、一度最高の12人で遊んでみたいですね。
問題そのものを調整しつつ作り直すのもありかもしれません。

(いずみっくす)

結果 コメント
いずみっくす ボーナス問題?を排除して、さらに面白く。
つっちー -3
伝五郎 -6
E大臣 -9
これ -12
N島 -14

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

ブラックベネチア

(後日アップ予定)

(これ)

結果 コメント
伝五郎 ×
N島 × 最初よりは解ってきたけど結局間違ってました。
つっちー ×
これ
E大臣 ×

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る