2006年9月23日例会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006年9月23日例会
会場 いずみっくす宅
参加者 いずみっくす,これ,N島

プレイしたゲーム

アタック

Dr.K作の「アタック」から開始。

変則のトリックテイキング?なゲームです。
勝利条件は色を集めることなので、回数は少なくてもピンポイントでしっかりと勝つことが重要です。

結果は下記のとおり。
最初は出された色がそのまま通ってしまうことが多く、大丈夫なのか?と思いましたが、中盤以降はちゃんと膠着してきました。
最後は場に残ったカードの色をしっかり見極めたこれ君が、N島さんとの壮絶な直接叩き合いを制して勝利。
私は・・・まあ、精一杯頑張りましたよ(;´∀`)

シンプルなルールですが、駆け引きは結構ありますね。
場に少ない色を見極めたり、どのタイミングで最終兵器に近い「7」「10」のカードを使うか。
昔のDr.Kらしさが良く出ている感じがしますね。

(いずみっくす)

1st 2nd 3rd 結果 コメント
N島 1 3 3 7 引き負けた・・・。
これ 4 3 4 11 ◎ たまには運ゲーマー。
いずみっくす 3 4 3 10 惜しくも届かず。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

侯爵

コンポーネントの豪華さが兎に角目立つ「侯爵」。
木箱に本格的なコイン、大きなカード。
これをもう少し妥協してくれれば価格が・・・というのはいいっこなしで。

システムはとてもシンプルで、キャラクターカードを出してアクションを行うだけです。
一瞬フェドッティの作かと思いました(;´∀`)
ただ、キャラクターカードの能力が結構複雑になっているので、インストやゲーム中の確認に結構手間がかかりますね。
リファレンスの人数分コピーは必須に思いました。

基本的に、キャラクターカードは場に出ている他のカードと干渉するようになっています。
「場に○○が出ていたらコインを奪う」「左隣のキャラクターの購入レートを使用する」・・・等々。
悩み出したらきりのないシステムですが、幸い?手札の枚数は4枚と限られているので、諦めはつきやすいかもしれません(;´∀`)
そうやってコインを獲得し、そのコインでできるだけ効率よく、宝石を購入していきます。

結果は下記のとおり。
中盤でこれ君が「侯爵」で大量得点を獲得しましたが、残る2人もじわりじわりと追いついていきました。
結果、最後にダイアモンド商人での購入を成功させたN島さんが、残りコインの枚数差で勝利。
超接戦でした。

今回は3人プレイだったので、キャラクターカードの効果がやや大人しめになった印象がありますね。
今度は是非4人で遊んでみたいところです。

(いずみっくす)

結果 コメント
N島 13(4) ◎ ダイアモンド商人のおかげでなんとかなった。
これ 13(0) 途中の手札回しをミス。
いずみっくす 13(0) これが精一杯でした。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る