2006年1月22日交流会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006年1月22日交流会
会場 桐生市青年の家
参加者 いずみっくす,N島,これ,伝五郎,あねご,将軍,るるいえ,ポン太,ポン子

プレイしたゲーム

フェットナップ

フェットナップはうんちカードを取らないようにするゲームです。
ゲームの進行は、手番になったら、1枚の数字カードをプレイして、今までの数字に合算する、これだけです。
数字が上がっていく時はノイのように数字を足していきます。
足していって、31以上になったら、今度は数字が下がることになります。
下がる時は、プレイする数字分だけ数を引いていきます。
9以下になったら今度は上がります。
上がる下がる、上がる下がる…を繰り返します。
プレイヤーは「地雷カード」を持っていて、この地雷カードと同じ数字を言ってしまうとうんちカード1枚を引き取ることになります。
もし、うんちカードを4枚集めると、そのプレイヤーの敗北でゲームは終了となります。
地雷カードは原則非公開情報として手札に持たれますが、手札に持つ寸前に全員に公開します。
したがって、記憶力さえよければ、絶対地雷を踏むことは無いんですが、だんだん地雷カードは増えていきます。
それで、「もう覚えられないよ!」となる訳です。

今回は、ポン太と将軍のビリ争いだったんですが、かろうじて、ビリにはなりませんでした。
このゲームはビリにさえならなきゃいいんですよ。

(ポン太)

結果 コメント
将軍 × 最後はハメでした。
るるいえ おぼえられん。
ポン太 何とか負けずにすみました。
ポン子 0をたして踏んだのが1回(汗 あとはOK

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

魔法の掃除機(1)

メビウス便新着の「魔法の掃除機」。
今回は初めてなので、基本ゲームをプレイすることにしました。

システムは単純明快。
目測でタイルを選び、飛行ルートをプロットしていき、タイミングを計って飛行を開始。
障害物や他プレイヤーにぶつからないように進んでいき、ゴールを目指します。
(ちょっと「ウィングス・オブ・ウォー」を思い出しました)

慣れれば簡単・・・と思いきや、人間の目測というのがこれがまた驚くほど当てになりませんで、結構ミスを起こしてしまいます。
また、飛行を開始するタイミングで他プレイヤーの進路を妨害したりできるので、その辺りも考慮に入れなければなりません。

結局、ゴール寸前でルートを誤った私を尻目に、これ君がさくっと決めました。

なかなか面白いゲームですね。
別のヴァリエーションも試してみたいと思います。

(いずみっくす)

結果 コメント
これ 意外に目測とずれる・・・。
N島 大回りしすぎた。
いずみっくす 2回も間違えた!

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

デルファイ

デルファイは得点が高いプレイヤーが勝つ、カードゲームです。
得点はメモ用紙にペンで記録するんですが、得点のブレが、後半になるほど大きくなります。

ポン太は、後半に頑張るべく、前半はカードを温存する作戦。
しかしそれをぶっ飛ばす、特殊な神託カードが出て、その作戦は破綻。前半のリードを維持して、ポン子の勝利です。

(ポン子)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
ポン太 -1 -2 -3 -2 -3 +7 0 -4 +10 +2
ポン子 0 +4 +5 -2 +4 +5 -3 -4 +6 +15 ◎
るるいえ +3 0 +4 +5 -3 -4 +4 +8 -5 +12
将軍 +2 +3 -3 +3 +6 0 +6 -4 -5 +11

コメント
ポン太 神託カードで負けた・・・。
ポン子 たった一枚のカードで・・・。
るるいえ アポカリプスでえー。
将軍 計算してみないと結果が?

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

アーク

「ノアの方舟」をテーマとした「アーク」。
船倉に動物カードを配置していき、動物の種類ごとに多数を獲得していきます。

基本行動は「引く」か「置く」と単純なのですが、カード配置のルールがやや複雑ですね。
ルールの書き方がやや分かりづらいので、リファレンスを用意すると良いかもしれません。

最初のうちは、満遍なくカードを配置し、中盤以降は狙えそうな種類で多数を取っていきます。
とは言え、カード配置の縛りルールが結構厳しいので、なかなか思うようにはいきません。
途中手札が一度に一枚しか出せない「遅い」動物だらけになってしまい、やや困りました。
全体の中の多数を占めればいいので、ダントツにトップをとるのは効率が悪いですね。

最終的にはこれ君と同点になりましたが、手札の残り枚数で私の勝ちになりました。

今回はルールを間違えてプレイしていた部分があったので、次回はそこを正して遊んでみたいですね。

(いずみっくす)

内気 重い 遅い 便利 食料 チップ 合計
これ 8 10 4 2 10 3 37
N島 2 6 4 6 4 5 27
いずみっくす 8 2 10 10 4 3 37 ◎

コメント
これ ペットは内気に限ります。
N島 流れにのれませんでした。
いずみっくす 独占はピンチと背中合わせ。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

ババンク

ババンクはギャンブルをテーマにしたハッタリのゲームです。
このゲームは、先手プレイヤーと比べると後手の方が先手の動きをじっくり見て考えられるので、明らかに後手有利のゲームです。
しかし、ラウンドごとに、所持金によって、プレイ順が変わりますので、その点、うまく考えられてます。

今回は、ポン子が順当に最初のラウンドから1位をキープ。ってそれじゃ、後のラウンドで不利になるからダメじゃん…と思いきや、素直なプレイ(?)がみんなの裏をかくことになり、結局最後まで1位を譲りませんでした。圧勝(?)。

(ポン子)

結果 コメント
将軍 140 裏の裏は表だった。
るるいえ 120 表の表は裏か?
ポン太 620 将軍についていったら良いことがあった。
ポン子 715 ◎ エサの多いところが素直によかった。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

魔法の掃除機(2)

魔法の掃除機は、いろんなヴァリアントがあるらしい…とのことですが、今回は最もオーソドックスなルールで遊びました。
目的は単純、黒猫(ゴール)にぶつかれば良いだけです。
このゲームにはボードが無く、テーブル上を進んでいくレースゲームです。
しかし、途中には城タイルと言うお邪魔タイルもあり、それにはぶつからないように進んでいかなくてはなりません。
ゲームの進行は、新たな、「軌跡」をとるか、今までためた軌跡全部を順番どおりに使用して飛ぶかの2つに1つです。
このゲームでは、他プレイヤーともぶつかれないため、他プレイヤーも障害物のような感じになり、お互いがお互いを邪魔しあう感じです。
軌跡も比較的真っ直ぐな軌跡が人気があり、これを相手に取らせまいと、自分のところにストックする戦法もありました(軌跡は5つまで貯めておくことができる)。
レースの方はかなりの接戦になりました。

(ポン太)

結果 コメント
ポン太 けっこう予想がつきません。
るるいえ
将軍 タッチの差で負けた。
ポン子 曲がり具合が難しい。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

トロイの木馬

続いてはポン太さん持参の「トロイの木馬」。
コマを挿入して押し出す木馬のギミックが印象的なゲームです。

例によって?多数を占めれば良い訳ですが、「はげたかのえじき」よろしく、トップタイだと共倒れになってしまいます。
そうならないように木馬の中のコマをしっかりと記憶し、有利になるようにコマを配置していかなければなりません。
しかし、コマを配置できる数はカードと数字宣言によって決まるので、この辺りの兼ね合いが肝になります。

木馬の中に入るコマは僅か2つ、簡単に記憶できそうなんですが、他のことにも気を配っていると、結構忘れてしまいます。
今回も、「あれ???」というようなことが幾度もありました。

序盤、みんなが群がった高得点エリアが2-2-2-1となってしまい、1だったポン子さんが制しました。
コマは各色10個しかいなので、他の3人にとっては大きな損失です。

その後は各自エリアを獲得することに成功しましたが、結局ポン子さんが頭ひとつ抜け出したまま逃げ切りました。
やはり、あの高得点エリアが勝負を決めましたね。

(いずみっくす)

結果 コメント
いずみっくす 15 早々と黄色が・・・。
ポン子 22 ◎ 他人の手番を見るトレーニングかも。いかに自分が見てないか。
ポン太 8 全然覚えられないです。
これ 7 連チャンが遅すぎです。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

盗賊の親方

「しょっぱな親方!。ルビーが引ければ勝ったも同然!」
根拠のない心の声に追われ、最初に親方を指定。
他にもそんなことをしていた人が一人いたのは誤算でしたが。
ルビーは引けませんでした。もうゲームが終わった心地でした。
なんか不当にうまい思いをしているような探偵が目に映ります。

さて、私の心とは裏腹に続くゲーム。
私も何とか地味に稼ぎを増やし、不思議なほどうだつのあがらない
あねごを除いては、中盤では皆がそこそこの収支を出していました。
しかし、さらにゲームが進むにつれ、ワントップでるるいえさんが
頭一つ抜け出ます。

しかし、私には秘策(?)がありました。
いつの間にか、じゃらじゃらとダイヤが敷き詰められた引き出し。
私はその場所を覚えていました。
盗賊の私の寸前に手番を行うポン太さん。盗賊の作業を終え、立方体
のコンポーネントから手を離しました。
このとき、私の狙っていた引き出しは上を向いていました。
ひそかに高鳴る胸をごまかすかのように、私はクールに言いました。
「(立方体のコンポーネントを)まわさなくてOK?」
・・・まわされてしまいました。
ご丁寧に私が狙っていた引き出しが下を向くように。
この際、泣く泣く私は別の引き出しを開け、運よく2つほどのダイヤを
手に入れはしましたが、逆転はなりませんでした。
順調に宝石を増やしたるるいえさんの勝利です。

ともあれ、最終的に勝負になっただけでも僥倖です。

(伝五郎)

ルビー サファイア ダイアモンド 減点 合計
これ 1 1 2 -4 4
伝五郎 1 2 5 0 13
N島 0 2 3 -4 3
将軍 1 2 7 -3 12
あねご 0 0 1 -6 -5
ポン子 1 1 8 -2 12
ポン太 0 1 4 -2 4
るるいえ 0 6 6 -2 16 ◎

コメント
これ
伝五郎
N島
将軍 思考ルーチンが同じの人が2人いた!
あねご
ポン太 コンポーネントは一見の価値あり。
ポン子 最初は、「盗賊のお館」だと思った(勘違いでした(^^;)。
るるいえ コンポーネントカコイイ!

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る