※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


てか、キノコとかナホクとか言えば、どんなのか大体分かるよね?
1 名前 性別 年齢
ナホク 一応女 本体の年齢は19歳 
隊長ナホクはようやく一歳 
※神様に呼ばれたのは、ナホク達のみ
2 国籍 住所
 日本 
愛知県の辺りで本体と共に生活している
3 人種 種族
 本体は人間 ナホク達はキノコナホクという種族
4 容貌 容姿
 潰れた顔、グルグル書きの目、柔軟な餅の様なボディに小さな足がある。足音はポテポテ。ちゃんと腕もある。
 髪の毛は黒で、体にはナの一文字がある。
全長は30㎝で、隊長ナホクは他のナホクより、ちょっとだけ身長が高い。もっちりとしたボディは抱き枕に最適
隊長ナホクのみ、肩から袋を下げている
小さいため機動力と俊敏力は素晴らしく良い
5 社会的地位 職業 信仰する宗教
 本体は未成年で学生 ナホクはその分身 ペットの様な扱い(?)
仏教っぽいが、基本的に宗教には囚われない。都合の悪いときは神様と仏様に助けを求める(ただし、今回の事件で神様は信用しない事にしたらしい)
6 性格 癖 ポリシー
 基本的に怠け者。
萌に敏感で、萌を感じ取るといたる所に生える。ナホク達が生える萌の基準は、本体の趣味で決まる。
男同士だろうが女同士だろうが男女だろうが、燃えるシチュエーションには勝手に生えてくる。
 日々本体の心を潤すため、萌を探求している…が、それ以外は基本的にどうでも良い
7 美点、弱点
 萌に弱い。本体と同じ趣味嗜好で、あまりにも強力な萌を感じると、悶えまくり悶絶しまくり、部屋の中を転げまわる。
 8 知性、知識 健康
 頭はあんまりよろしくないが、野生のカンはなかなか鋭い。
 本体が何かに嵌ると、ナホク達はそれについての萌探求が忙しくなり、寝不足になる事が多々ある。
9 趣味 特技 好物 嫌いなモノ
人間以外のモンスターや動物と会話が出来る。
隊長ナホクのみ、キノコナホクを生やす事が出来る(萌を感じて生えてくるのは自然現象で、隊長ナホクがやっているのではない)
本体と趣味嗜好は同じ。そのため食べ物の好き嫌いが激しく、生魚・生肉・生野菜と貝類・野菜類全般が食べれない。後辛い物が食べれない
 風船が苦手で、風船を見かけると挙動不審になり、その場から逃げ出す。
 キノコナホク達は『萌』を主食としており、これが足りないとカラカラに干乾びて死んでしまう。ただし、隊長ナホクだけは萌が足りなくても、ちゃんと食事を取っていれば死なない。
ちなみに干物になったキノコナホクは、火であぶって食べると美味い。
10 武器 武術 魔法 その他の能力
戦闘手段はコスプレ(!?)
様々な衣装を身に着ける事で、その衣装に応じた能力を得る(剣士とか騎士のコスプレをすると剣が使えて、魔法使いの格好をすると魔法が使える)
テイルズシリーズのなりきりダンジョンみたいな感じ、といえば分かる人には分かるか…?
コスプレで得た能力を使うには、萌パワーを消費しなければならない。萌パワーは『萌』を食べる事で回復する。
ナホクは萌パワーがゼロになると、カラカラに干乾びて死ぬ。
ちなみにコスプレの衣装は、ナホク達の萌パワーによって生み出され、使い終わった衣装は『萌』に変換される。
ナホク達が萌を感じると『萌』が生み出される。
『萌』は飴玉みたいな物や、クッキーの様な物など、様々な形状をしている。基本的にビー玉ぐらいの球体で、大きく萌と書いてある。
隊長ナホクは肩から下げた袋の中に、大量の『萌』を持ち歩いており、もしもの時の非常食にしている。
11 口調 言語
 やや関西弁が混じっている様な微妙な名古屋弁 日本語を使用
12 履歴 過去のトラウマ
 特になし。ナホク達はお気楽能天気に生きている。
13 両親、親戚、兄弟姉妹、配偶者、恋人、子供
 本体には両親と6歳違いの妹がいる ナホクは本体の分身なので、本体の家族はナホクの家族、という事になる。

  
添付ファイル