※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 俺は水島翠。この春から両親が海外に転勤することになり、念願の一人暮しをしている。
 が、さすがに広いマンションに一人で暮らすのも飽きてきた。そんなある日親父から電話がかかってきた。
「もしもし、翠か」
「ああ、一体何の用? めったに電話なんてかけてこないのに、珍しい」
「なに、たいした用じゃないんだが…実は家族が一人増えることになってな、それでその娘はお前と一緒に住むからな」
「…は? 何いってんの? ちゃんと分かるように説明しろよ」
「とにかく詳しい話しはそっちに着いたら話すよう言ってあるからな、それじゃあ」
「あっおい、ちょっと、まっ…切りやがった…」
 翠の静止もむなしく父親は電話を切ってしまった。
「しかし、何だったんだ、まったく。まあいいか、本当かどうかも怪しい話しだしな」
 翠は溜め息を着きながら受話器を降ろし、ソファに寝転がりそのままうとうとしだした。
 ピンポーン
「すいませーん、宅配便です」
 しかし翠は5分もしないうちにチィイムに起こされた。
「ったくなんだよ、人がせっかく寝ようとしてたのに」
 翠はブツブツ言いながらドアを開ける。
「あっ、水島さんですね。お荷物お持ちしましたので、受け取りのハンコかサインを」
 宅配員はそう言って紙を差し出す。翠は差し出された紙を受け取るとサインをして宅配員に渡す。
「はい、確かに。お荷物お運びしましょうか?」
 宅配員はサインを確認するとそう言う。翠は不思議に思いながらも、どうせ重いものだと思いその言葉に頷く。
「それじゃあ、お願いします。手伝いましょうか?」
「そうですか、それじゃあ…」
 宅配員は一歩下がってチラッと横を見る。翠も思わず身を乗り出して覗き込む。
「げっ、なんですかこの荷物の量。ほんとにうち宛ですか」
 翠はあまりの荷物の多さに驚き、さっき自分でサインしたことも忘れ、宅配員にたずねる。
「ええ、確かにすべての荷物が水島翠様宛てとなってますが…どなたか引っ越されるんですか?」
 宅配員はそう言いながらダンボール箱を抱え家の中へと入っていく。
「これ、ここに置けばいいですか?」
「あ、はいその辺に置いといて下さい」
 翠はそう言ってから自分もダンボール箱を抱える。が、以外に重かったようだ。
「重っ! 中身なんなんだよ…よっと」
 翠はブツブツ言いながら、リビングにフラフラと歩いていった。


「しっかし、何だ。この大量の荷物は…やたら重いしなぁ」
 翠はソファに座り、目の前のダンボール箱の山に見ながらコーヒーをすする。
「差出人は…水島結? 聞いたことねーな。でも名字が一緒ってことは親戚ってことか……放っとこ、変なモンだったらやだし」
 翠が荷物を片付けるのをあきらめ、コーヒーを飲みながらテレビを見ていると、チャイムが鳴る。
「ったく、次から次へと…」
 翠はカップをテーブルに置き玄関に向かう。のぞき穴をのぞくと少女が一人立っていた。
「おんな…のこ?」
 翠はとりあえずカギを外し、ドアを開ける。すると翠が喋るより早く少女が口を開く。
「あ、あの…水島翠さん…ですか?」
 翠はいきなり問いかけられ、少しとまどったが
「え、ああ、そうだけど…キミは?」
 と、明らかに自分より年下の少女に聞き返す。すると少女は慌てて
「えっ、あっ、ごっ、ごめんなさい。わたしは中村…じゃなくて、水島結と言います」
 少女は少しオドオドした様子で名前を言い、ペコリとおじぎをした。
 翠は改めて、少女…結を見る。自分よりは2~3歳は年下だろうか、幼さは残って見えるが、整った顔立ちに腰の辺りまで伸びる髪が良く似合っている。
 そしてなぜか、少し大きめの旅行カバンを持っていた。
「あの~…翠さん? わたしの顔に何か付いてますか?」
 呼ばれて翠が結の方を見ると、不思議そうな顔で自分を見つめている結と目が合う。
「いや、何も付いてないが…それで俺に何か用?」
「あっはいっ、実はそのぅ…」
 結はそう言ったきり下を向いてモジモジしだした。
「ここでは言いにくい事か?」
「…はい」
「…」
「…」
 しばしの沈黙。翠がどうしようか考えていると、沈黙を破るようにリビングで電話が鳴る。
「まあ、立ち話もなんだし、とりあえず上がらないか?」
「…そうですね、それじゃあ、おじゃまします」
 結は翠がリビングに向かうのについてゆく。
「ちょっと座って待ってて」
 翠が受話器を取って、ソファを指差すと、結は微笑を浮かべながらソファに腰掛ける。翠はそれを見て話しを始める。
「もしもし?」
「ああ、翠か。結はもう着いたか?」
「あ? なんで親父が名前知ってるんだ。それにどうしてうちにいるって知ってるんだ?」
「なんだ、まだ何も聞いてないのか。まあいい、とりあえず結はお前と一緒に暮らすことになるから、そのつもりでな。それじゃ」
「おい、ちょっと、まっ……また切りやがった。…ったく」
 受話器を降ろし、結の方を振り返ると、何やら不安そうな表情でこちらを見ている。
「悪いな、待たせちゃって。コーヒーでいいかな?」
 翠がカップを取り出して結に問いかける。
「あっはいっ」
 結は短く返事をすると、きょろきょろと部屋の中を見回す。
「はい、どうぞ」
「あっ、すみません…あの…一人で住んでるんですか?」
「えっ、そうだけど? ……そろそろ用事話してくれないかな。気になることもあるし」
「はい。実はですね、わたしと翠さんは兄弟なんです。それで、わたしはここで翠さんと一緒に住むことになったんです」
「はい? 今なんて言った?」
「え? だからわたしが翠さんと一緒に…」
「ちがうっ、その前だ。誰と誰がなんだって?」
「だから、わたしと翠さんが兄妹だと言ったんです」
 翠は事情はよく分からないが、とりあえず残った気力をその一言に集める。
「マジか!」
 すると結は翠の目をまっすぐに見つめ極めてまじめに
「まじですっ!」
 と、言い返す。その言葉を聞いた瞬間、翠は軽いめまいを感じ、テーブルに手をつく。
「あっ、翠さん。大丈夫ですか?」
 テーブルに手をつくのを見て、立ち上がろうとする結。翠はそれを手で制して
「ああ、大丈夫だ。それよりもっと詳しく話してくれないか?」
「詳しく…ですか。どの辺りから話せばいいですか?」
 翠の言葉に結は少し表情を曇らせる。翠は気を使い
「あのさ……話したくないなら無理に話さなくてもいいけどさ」
 と言った。すると結は
「いいえ、やっぱりちゃんとお話しします。大事なことだから」
 と翠の方をまっすぐに見て言った。


「…とゆう訳です」
 結が翠の家に来た理由を話し始めてすでに1時間以上が経っていた。
「なるほど。つまり、半年前に結の両親が交通事故で二人とも亡くなって…」
 翠は結から聞いた話をまとめて復唱する。結はそれを聞きながら頷いている。
「親戚の所を転々としてたら、うちの両親が養女として引き取るっていったけどうちの両親は海外だから俺のとこに来た、とゆう事でいいんだな」
 翠が話し終わると結は「はいっ」と答える。
「つーことは、あの大量の荷物はやっぱりお前のか」
 そう言ってリビングの隅にある荷物の山を指差す。
「えっ荷物? もう届いてたんですか?」
「ああ、ついさっきな。かなり重かったぞ」
「えっ、あっ、ごめんなさい。急いで荷造りしたからいろいろ混ざっちゃって」
 結は荷物の方を見てから、翠の方を見てペコリと頭を下げた。
「まあ、荷物の事はいいとして、なんて呼べばいいかな?」
「わたしの事ですか? そうですねぇ…結でいいですよ。それよりわたしは翠さんの事なんて呼んだらいいですか?」
 結は少し恥ずかしそうに聞いてくる。翠は予想外の質問に戸惑いながらも
「え? そうだな…結の呼びたいように呼んでくれればいいけど?」
 と答える。すると結は嬉しそうに
「そうですか? それじゃあ…兄さんって呼んでもいいですか?」
「えっ…まあ、いいけど」
 翠は想像はしていたが、実際に呼ばれるとなんだかくすぐったく感じた。
「それよりさあ、結」
「なに、兄さん?」
「その、なんだ、俺達兄妹なんだからさ、敬語使うのやめないか、お互いにさ」
 結は少し考えていたが
「ん~そうだね。じゃあ、もう敬語使わないね」
 笑いながらそう答えた。
「さてと、それじゃあ結の部屋決めちまうか」
「え、部屋? 余ってるの?」
「ああ、確かひとつは物置にしてるから、一部屋余ってるな」
「じゃあ、荷物運んじゃう?」
「まあ待て、結。あの部屋はぜんぜん使っていない、とゆうことは当然?」
「…ホコリまみれ?」
「そゆこと。つまり最初にする事は部屋の掃除、それからいる物の買出しってとこだな」
 翠がとりあえずやるべき事をリストアップしてゆく。結はそれを聞きながら頷いている。
「それじゃあ、やろっか」
 結は立ち上がり腕まくりまでしている。やる気十分のようでそのまま部屋に向かっていく。翠もまた、これから結の部屋になる使われていない部屋に向かっていった。


「まあ、こんなもんか。意外に早く終わったな」
 翠はきれいになった部屋を見回してつぶやく。
「そうだね、兄さん。物が無いからやりやすかったしね」
 結は仕上げにモップを掛けている。
「よし、結もういいだろ。片付けて買い物に行くか」
 すると結は、モップを掛けるのを止め、翠にモップを渡し
「うん、わかった。あっでもその前に着替えるからちょっと待ってて」
 と言い残して、リビングに向かう。
「着替えって、まだ荷物開けてないよな……あのカバンの中か?」
 翠がそんな事を考えていると、予想通り結が旅行カバンを持ってリビングから出てきた。
「あの……兄さん?」
 結が部屋でカバンを開けながら後ろに立っている翠に遠慮がちに声を掛ける。
「ん? どうした結。なんか足りないものでもあったか?」
 翠はまったく気付いていない様子で答える。
「いや、そうじゃなくて…その…兄さん? 着替えようと思うんですけど…」
 結は翠の方を向き着替えの服を胸の前で抱きしめながら、翠に訴える。ようやく気づいた翠は
「えっ、あ、ああ、悪い。お、俺も着替えるから先に終わったら呼んでくれ」
 そう言い残し、顔を真っ赤にしながら急いで結の部屋から出て行った。
「ふぅ…兄さんって……鈍いのかなぁ?」
 と、結はしみじみとつぶやく。

「結~まだか~?」
 翠はすでに着替え終わり、結の部屋の前で彼女を呼んでいる。
「今いく~」
 結の元気のいい声が響き、ドアを開け結が出てくる。
「お待たせ、兄さん」
 さっきまでは動きやすそうなパンツルックだったが、今はシャツとワンピースの組み合わせに着替えている。
「準備できたか?」
「うん、わたしはオッケーだよ。兄さんは?」
「大丈夫。サイフも携帯も持ったし、いる物もメモったしな」
 翠はそう言ってズボンのポケットを叩く。
「それじゃあ、いこっか」
 結はそう言って玄関のドアを開ける。
「よし、そんじゃ行きますか」
 翠も結に続き、ドアを閉める。
「ねぇ、ところで兄さん? 買い物ってどうやって行くの?」
 カギを閉め終え、一歩を踏み出すと同時に結が当然の疑問を投げかける。
「ん? 何言ってんだよ結。歩く以外に何か方法があるか?」
 翠はさも当然のように言う。すると結は
「え? 歩き? 冗談でしょ兄さん。自転車ぐらい持ってるよね?」
 と、聞き返す。結は翠の言った事を信じていないようだ。しかし翠は
「ん、チャリ? 持ってないけど。必要無いからな」
 と、結の希望を打ち砕いた。結は信じられないといった表情で
「でも、学校は? 結構距離あるんじゃないの?」
 エントランスを抜けた辺りで結が尋ねる。すると翠はある建物を指差し
「ふ、残念だったな結。あいにくと学校はここから徒歩約20分だ。それに商店街もここから近いしな」
 結は翠の指差す方を見やる。そこには確かに学校らしい建物が見える。
「ふ~ん、あれが兄さんの通ってる学校なんだ」
「まあな。…でも、多分結も通う事になると思うぞ?」
「ふ~ん…え? でも兄さん、わたしまだ中学だよ? 兄さんは高校でしょ?」
 結は良く分からないと言った感じで聞き返してくる。
「あれ、言ってなかったっけ? うちの学校、高等部と中等部があるんだよ」
「へぇ~そうなんだ。珍しいね~」
 結は納得したようで、ウンウンと何度も頷いている。
「それより兄さん。ちゃんとどこに何があるのか教えてよ。買い物行くとき困るからね」
 結は翠の前にピョンと飛び出し、翠を見上げる。翠はそんな結のしぐさに思わずドキッとしてしまう。
「兄さん? お~い、聞こえてる?」
 結は翠の目の前で手をヒラヒラと振る。翠はそれで我に帰りまた歩き始める。
「ねぇ兄さん。ちゃんと聞いてた?」
 結は頬を膨らませながらしつこく聞いてくる。
「ん? ああ、大丈夫、ちゃんと教えてやるから。とりあえずはあそこから行くか」
 そう言って翠は町の中心にある大きな建物を指差す。
「あれ…デパート? そう言えば何買うの?」
 結は歩きながら翠に尋ねる。翠はポケットからメモの紙を取り出し
「え~っとな…まずは結のベッドだろ、それから三段ボックスだろあとは…」
 翠は次々と買う物を読み上げる。結は感心したように翠を見上げている。
(へ~兄さんって以外にしっかりしてるんだ。それにちょっとかっこいいかも)
 結は思わず翠に見とれてしまう。そのせいですぐ目の前にある電柱に気付いていないようだ。
「結、あぶないっ」
 翠は結の手を取り、自分の方に引き寄せる。結果、結が翠に抱きつく格好になる。
「きゃっ、ちょっと、兄さん?」
 結は状況がわからず、顔を真っ赤にして翠の胸に頭を預けている。
「ちゃんと前見て歩けよ。もうちょっとで電柱にぶつかってたぞ」
 翠は目の前にある電柱に結の顔を向ける。結は翠の胸から離れながら電柱を見やる。
「え? あ…うん。ありがと、兄さん」
 結はそう言いながら真っ赤になった顔を手でパタパタとあおいでいる。翠はそんな結を見て不思議に思い、声をかける
「結? 暑いか?」
 今は6月中旬で少しずつ暑くなってきてはいるが、そんなに暑くはないはず。
「えっ? ううん、大丈夫よ」
 結は胸に手を当てて答える。
(はふ~、まだどきどきいってるよ~。相手は他人だったとはいえ今は兄さんなんだし…)
 結はそんな事を考えて、また顔を赤くするのだった。


「すっかり暗くなっちゃったね、兄さん」
 結は持っていた荷物を地面に置き、伸びをしながら翠を見る。翠も結の方を見ながら
「そうだな、飯食ってたらすっかり遅くなっちまったな。買い忘れたもんないよな?」
 翠は指を折りながら買った物を確認している。結も隣で買った品物を確かめている。
「特に無い…よね?」
 結は翠に同意を求める。翠も頷きながら
「そうだな、必要な物は一通りあるだろ。後はいる時に買えばいいし」
 と言い、荷物を持ち歩き始める。結も頷きながら後を追う。
「ところで、結?」
 マンションに続く緩い坂道にさしかかった辺りで翠が結にたずねる。
「なに、兄さん?」
「いや、たいした事じゃないんだけどさ、いつから学校行くんだ?」
 翠はずっと気になっていた事を聞く。結は少し考えていたが
「そういえば、手続きとかあるんだよねぇ…あっ思い出した、明日お義父さんとお義母さん来るって言ってたよ」
 と重要な事をサラリと言う。
「ゆい~、なんでそんな大事な事今まで黙ってたんだ?」
「ご、ごめんなさい。でも黙ってたわけじゃないよ、家に着いてからいろいろ忙しかったから、その…」
 結はすまなそうに事情を話す。
「忘れてたってわけか。まぁいいか。別にこっちに帰って来たってどうせすぐに海外に戻るからな。ま、気にするなよ」
 翠は笑いながら結を励ます。
「そう言えば、結は父さんと母さんに会ったことあるよな?」
「うん、前に何回か会ってるよ」
「なら、まあ、明日留守番してもらっても大丈夫か」
 翠は頷いている結を見てボソッとつぶやく。それを聞いた結は
「あっ兄さんひどーい。わたしだって中学生だよ、留守番ぐらい一人でできるよ~。それに家以外のどこにいればいいのよっ」
 翠はちょっとからかっただけなのだが、結はかなり怒ったようで歩調を上げ、一人マンションに入っていった。
「あら? 冗談だったのにな。ま、いいか、どうせ俺が行かなきゃ開かないだろうし」
 翠は笑いながらそう言ってマンションに歩いていく。
「うぅ…番号忘れたよぅ~、何番だっけ~」
 翠がマンションの入り口に入ると、予想通り、結が番号がわからないため中に入れず困り果てていた。
「やっぱりな、こんな事だろうと思ったよ。ちゃんとロックの番号ぐらい覚えとけよな」
 翠はボタンを押しながら結の方を見て言う。
「うん…。来た時はちゃんと覚えてたのになぁ」
 結は俯いて悔しそうにつぶやく。翠は笑いたいのを堪えながらロックを解く。
「まあ、最初の頃はそんなもんだよ。あとで紙に書いといてやるから」
「うん…ありがと、兄さん」

「はぅ~疲れたよ~」
「そうだな~歩きっぱなしだったからな」
 家に帰るなり二人とも荷物を投げ出して、ソファに身を投げ出していた。
「兄さん、なにか飲む~?」
 結が冷蔵庫に向かって歩きながら翠に聞く。
「ああ、そうだな…ジュースがあったはずだから」
「わかった~」
 翠の言葉を聞いて、結は冷蔵庫の中を探し始める。
「あったか?」
「うん、あったよ」
 そう言ってペットボトルとコップを二つ持って戻ってくる。
「はい、兄さん」
「おお、サンキュ」
 翠はコップを受け取ると一気に飲み干す。結はコップに口をつけたまま翠を見て固まっている。
「ふう、うまかった。ん? 結どうした、なに固まってるんだ?」
 翠は空のコップにジュースを注ぎながら固まっている結に話し掛ける。
「えっ? いや、その…兄さんってすごく美味しそうに食べたり飲んだりするなぁーって思って」
 結はジュースを一口飲んでから遠慮がちに言う。すると翠は
「やっぱそうか? 友達にも言われるんだけど…そうかぁ」
 と考え込んでしまう。結は慌てて
「でっでも、それはいいことでしょ。別に考え込まなくてもいいと思うよ」
 とフォローしながら微笑む。すると翠も
「そうだな、別に悪い事じゃないしな。ありがとな結」
 と笑いかける。結は翠の笑う顔を見て自分の顔が熱くなるのを感じ
「それじゃあ、わたし部屋の片付けしてくるね」
 と言い残し、慌てて部屋に向かっていく。
「結のやつなんだかなぁ…フロでもためといてやるかな」
 翠は結の様子を変に思いながら、浴室に向かう。

「ふう、ま、今日のところはこんなとこかな。まだ家具がなんにもないしね」
 結は部屋を見回して満足そうに一人つぶやく。
「そう言えば、わたし今日はどこで寝ればいいのかな? 布団は明日届くわけだし」
 結は少し考えていたが翠に聞くのが一番だと思い、翠の部屋に行こうとドアを開けようとした時ドアがノックされる。
「結~、フロたまったから先に入れよ」
 と言うと翠はすぐに自分の部屋に戻っていく。結はドアに向かって「わかった~」と叫ぶ。結はかんじんな事を聞くのを忘れていたのを思い出したが、後で聞けばいいやと思い替えの下着とパジャマを取り出すため、旅行カバンの前に座り込む。
「あ、そういえば着替えの服って全部荷物の中だっけ。どうしよう、もう明日着る服しか残ってないし…兄さんに頼んでみようかな」
 結は仕方なく、下着だけを持って翠の部屋に向かった。
「兄さん、ちょっといいかな?」
 結は翠の部屋のドアの前に立つとノックをしてからそう言った。
「ああ、入っていいぞ」
「うん、おじゃましま~す。…ふ~んここが兄さんの部屋なんだ」
 部屋に入った結はキョロキョロと落ち着かない。
「んで、どうしたんだ?」
 翠はテレビから結の方に顔を向け、話しを進めようと話しかける。
「えっと…あの…その……」
 結は下を向き指を絡ませながら、言いにくそうにモジモジしている。
「え? なんだ、ちゃんと言わないと分からないだろ」
 翠は優しい口調で話す。結はその言葉で決心したのか、まっすぐに翠を見て
「うん、あの…実は着替えの服がもう明日の分しかなくってパジャマも無いの。
 それで兄さん、何か代わりになるような服、貸してくれない…かな?」
 結はそれだけ言うと顔を真っ赤にして下を向いてしまう。
「分かった、探して持ってくからフロ入っとけよ。大丈夫、のぞいたりしないから」
 翠は立ち上がり衣類が入っているらしいボックスに歩きながら言う。
「うん、分かった。ありがと、兄さん」
 そう残して結は翠の部屋を出て行った。
「パジャマの代わりになる服ねぇ…まあ、適当に持っていけば結が自分でいいのを選ぶだろ」
 翠はボックスの中から数枚の服を取り出し浴室へと向かう。
「そういえば、シャンプー切れてなかったっけ? 確か今日買ってきたはず」
 翠はシャンプーが切れていることを思い出し、買い物袋の中から取り出す。
「結、とりあえず何枚か服持ってきたから置いとく…ぞ……」
 翠はそう叫びながら脱衣所へのドアを開ける。すると、正面に立っていた下着姿の結と目が合い、固まってしまう。
 結の方はと言えば、ブラジャーを外そうと背中に手を回している時に翠が入って来たため胸を手で隠す事も出来ずにそのまま固まっている。
「………」「………」
 しばらく脱衣所に気まずい空気が流れ沈黙が続く。
「……あの…兄さん?」
 結はとりあえず翠に声を掛ける。翠は結の体を上へ下へと、じ~っと見ている。
「ん、ああ…えっと着替えここに置いとくからな。あと、シャンプー切れてるからこれ使ってくれ」
 翠はそう言い終わっても出て行こうとはしない。結は腕で胸を隠しながら
「兄さん、どこ見ながら話してるのよっ、用が済んだんなら早く出てって」
 と、怒鳴りあげる。翠はさすがにまずいと思い脱衣所のドアを閉める。
「まったく、もう兄さんったら……ま、いっか、裸見られたわけじゃないし」
 ブラジャーにショーツの姿も全裸とほとんど変わらない気もするが、結は全く気にしていないようでまた脱ぎ始める。
「それにしても、この家って兄さん一人で住むには広すぎると思うんだけどなぁ。でもおフロが広いのは嬉しいな。お掃除するのは大変そうだけど」
 結は広い浴室を見渡しながら感想をつぶやく。
「ふぅ、気持ちいい。荷物の本格的な片付けは明日かなぁ。明日は兄さん学校だし、お義父さんとお義母さんが来るまで一人っきりかぁ。つまんないなぁ。体洗おっと」
 結は湯船につかりながら明日の予定を考えていたが、体を洗おうと思い湯船から上がる。
「はぅ~、それにしてもやっぱり下着姿見られたのはショックだよ~。ブラしてたから胸が小さいの分からなかったと思うけど……もっと大きくならないかなぁ胸。やっぱり兄さん、胸は大きいほうがいいのかな?」
 結はスポンジで体を洗いながら、身長と同じく悩みの種である年相応より小さいだろう胸を触りながらため息混じりにつぶやく。
「そろそろ上がろっかな、兄さんも待ってるだろうし。そういえば、兄さんちゃんと着替え持って来てくれてたみたいだけど、どんなの持って来てくれたのかな?」
 結はタオルで体を拭きながら翠の持ってきた服を手に取る。
「えっと、Tシャツに、カッターシャツか、後は……バスローブ? なんでこんなのが普通の家にあるの?」
 結はバスローブの存在に驚きながらも、下着を着て翠の持ってきた服を着てみる。
「う~ん、バスローブは問題外としてぇ、まずはTシャツかな。う~ダボダボで寝にくそうだし、胸が見えちゃうよ、Tシャツはダメね。それじゃあカッターシャツか。ん~ちょっと大きいけど……パンツが見えそうなのよね。…ま、大丈夫かなぁ」
 結はシャツの裾から下着が見えそうなのを気にしつつも、翠の部屋へと向かった。

「兄さん、いいかな?」
 結は翠の部屋のドアを少し開いて、中をのぞきながら言う。
「ああ、いいぞ」
 翠は勉強でもしていたのか、机に向かっていた。
「ごめんね、兄さん。勉強してた?」
 結はそう言って翠の横に立ち、机の上を眺める。
「まあな。でも、もう終わったし。どうした?」
「うん、えっと服ありがと、ちょっと大きいけど…ね。これありがと」
 結はそう言って笑いながら裾の部分を手で押さえる。着なかった残りの服を翠に渡しながら、聞けなかったことを思い出す。
「ねぇ、兄さん。わたし今日どこで寝ればいいのかな?」
「あっ、そうだったな…」
 翠は結の言葉で考え込んでしまう。
「あの、兄さん?」
「ちょっと待ってろ、結」
 翠はそう言って再び考え込む。結は仕方なくベッドに寝ころがる。
「別に、わたしは寝れればどこでもいいよ~」
「そういう訳にもいかないだろ。疲れてるだろうし、それに女の子なんだからさ……」
 翠はそう言い終わって急に立ち上がり
「そうだ、結お前ここのベッド使っていいぞ」
 と言って、押入れを開ける。
「え、それは嬉しいけど兄さんどこで寝るの?」
 結はベッドの上に座り直して翠に聞く。翠は押入れから毛布を引っ張り出して
「いや、リビングのソファが一つソファベッドになるから、そこで寝ようかなと」
 リビングの方を指差して言う。
「えっでも悪いよ」
「いいからいいから。明日も忙しいんだから、今日はゆっくり休めよ。フロ入ってくるからな」
 そう言って翠は部屋を出て行く。
「もう、兄さんったら強引なんだから……」
 結はそう言ってベッドに横になる。
「水島翠兄さん…か。まさか、今になって兄さんができるなんてね、なんか変な感じ……」
 結は天井を見上げながらつぶやく。しかし、その表情は言葉とは違い、とても嬉しそうに笑っている。
「まあ、いいや。なるようになるよね。そんなに、悪そうな人じゃ……なさそうだし…」
 結はそう言いながら、そのまま眠ってしまった。

「結~フロ上がったから……な。なんだ寝ちゃったか」
 翠は微笑を浮かべながら、布団を掛けてやる。翠が結を見ていると、突然結が
「ん…兄…さん……」
 と寝言を言う。翠はいきなり名前を呼ばれ、少し驚いていたが
「なんだ、寝言か。おやすみ結」
 翠はそう言い残して部屋を後にする。
「それにしても、今になって一つ下の妹ができるとはな。ゲームとかならかなりおいしい展開なんだけどな~。俺、大丈夫かな」
 翠はソファに寝転がりながらつぶやく。
「しっかし、あれで一つ下とは、どう見たって2つ下ぐらいだよな。成長止まってんじゃないのか、あいつ。クラスメイトには言えねーな絶対。
 そのうちばれるだろうけど、とりあえず言わないように気をつけないと」
 翠はそう言って、目をつぶった。

 翌朝。翠はいつも通りに目覚めたつもり……だった。
「あれ? ここは…何処? 俺は水島翠…」
 まだ覚醒していない意識の中、翠は体を起こした。
 そして数分後、俺はこの異常事態に気づく。
 今俺はレンガで造られた真四角の部屋にいる。
 木製の机と椅子。そして小さな窓と鉄の扉。
 翠は小さな窓をのぞくと
「……闘技場?」
 が見える。とりあえず外に出るにはあの鉄の扉しかないみたいだ。
 分からないことだらけな現状に翠は、頭を抱える。
「そ、そうだっ、結!! 結はどこだ!?」
そう言って翠は鉄の扉を開けようとする。だが
「お、重い……」
 あまりの重さに扉は開かない。
「あれ…使うか」
 長い間封印していた。この能力は危険だから。
「触れた物を真水に変える力……解!!」
 翠は両手を合わせ、ぶつぶつと呪文らしきスペルを唱える。
 これで今、俺の手に触れた物は全て真水となる。
 翠は鉄の扉に触ると
 ザバ~~~!!
 真水と変化した鉄の扉は翠の足元を流れる。
「あぁ、ちきしょ!! 靴がビショビショだよ」
 やっぱ危険だなこれ。
 そして翠は外へ足を踏み入れた。
 同時にそれは、もう戻れない戦場へと赴くということであった。