内閣官房_内閣総務官室


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


設置根拠 内閣官房組織令第一条(内閣総務官室)/内閣官房組織令第二条第二項(内閣総務官)


(内閣官房組織令第一条)
 内閣官房に、次の三室及び内閣サイバーセキュリティセンターを置く。
  内閣総務官室
  内閣広報室
  内閣情報調査室

(内閣官房組織令第二条第二項)
 内閣総務官室に、内閣総務官一人を置く。

機構図

内閣官房 内閣官房副長官 内閣総務官室

分掌事務 内閣官房組織令第二条第一項(内閣総務官室)/内閣官房組織令第二条第一項第三項(内閣総務官)

(内閣官房組織令第二条第一項)
 内閣総務官室においては、次の事務をつかさどる。
一  閣議事項の整理に関すること。
二  機密に関すること。
三  内閣の主管に属する人事に関すること。
四  内閣総理大臣、内閣官房長官及び内閣官房副長官の官印その他の公印の保管に関すること。
五  公文書類の接受、発送及び保存に関すること。
六  職員の厚生及び教養訓練に関すること。
七  予算、決算及び会計に関すること。
八  総理大臣官邸の管理運営に関すること。
九  前各号に掲げるもの以外の内閣の庶務

(内閣官房組織令第二条第一項第三項)

 内閣総務官は、内閣総務官室の事務を掌理する。