※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三日目の予定についてはここで


九州湯布院民芸村

http://machi.goo.ne.jp/snd/spotID_TO44010052/leisure/details.asp

期間 通年
営業時間 8:30~17:30
休業日 無休
入場料 入場料=650円(古陶院との共通券980円)/藍染・陶芸体験=1300円~/
カード 不可
住所 大分県由布市湯布院町川上1542-1
交通 JR久大本線由布院駅から徒歩15分
駐車場 無料 30台
お問い合わせ

0977-85-2288


庄屋屋敷、明治の酒蔵など、九州各地の古い建物を移築・復元。民芸民具館、手漉き和紙工房、民芸ガラス工房では実演が見られ、陶芸や藍染温泉しぼりなどの体験ができる。


陶芸

1500円コース:自分で作る。

2500円コース:轆轤を使って作る。

出来た作品は着払いで郵送してくれる。


金鱗湖

http://itp.ne.jp/contents/kyusyu/oita/oit01.html

所在地 由布市湯布院町川上
営業時間 -
休業日 -
入場料 無料
駐車場
アクセス JR久大本線由布院駅から金鱗湖へ徒歩20分。
問合せ先 由布市商工観光課
TEL

0977-84-3111


大分川の源流である金鱗湖は、清水と温泉が半分づつ湧く不思議な湖です。四季通じて水温もほとんど変わらず、由布院盆地の有名な朝霧の発生源としても知られています。名前の起源は明治17年儒者「毛利空桑(もうりくそう)」が、ふなのうろこ(鱗)が金色に輝くのを見て名付けたと言われています。

今のところこの二つを考えている。他にいいところがあれば書いてください。byハーネット

これで確定でいいと思います BY ジョン☆