※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「トップページ」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る
トップページ」を以下のとおり復元します。
*■ジェイサチとは?
落ちるのイヤっ!合格したいならJ&Sachi塾

小学校受験・中学入試・高校入試・大学入試・定期テスト対策・
大学入学後も全てJ&Sachi塾・予備校へお任せください。
総ヒノキ造りの安全・安心な環境と情熱あふれる先生たちにぜひ会いに来てください。
最高の学習環境を提供します。

*■ジェイサチの夢
1、子どもたちの自信溢れる笑顔。
2、目と目が合って言葉を交わさなくとも気持ちが伝達可能になる時の豊かさ。
3、何よりも「自分ですごいぞ」と感じてくれる場面をたくさん体感してもらいたい。
4、ジェイ・サチに勤務する140名全てが心1つに自己犠牲愛を発揮し、伸びやかな人材を育て上げる事に感動すること。
5、溢れる子ども達への関心が指導技術、言葉かけ、挨拶、マナーなどに、全てあらわれています。

*■ジェイサチの教室へのこだわり
校舎の特徴

・御影石と天然しっくいの外壁
・ガラス窓には電波カットフィルム、壁・床・天井にはアルミシートで電磁波対策
・ヒノキの机・椅子&ヒノキ(塗装はドイツ製天然系)
・有機化合物を分解して空気清浄できる照明
・床下には室温で遠赤外線を出して植物・人間を元気にする天然石
・蛍光灯は生徒の帰宅後の睡眠を妨げない電球色を使用
・天井クロスは、小麦粉のでんぷんを主成分とした接着剤や天然綿でシックハウス対策

*■校舎
ミッドランドスクエア校、いりなか駅前校、一社駅前校、江南駅前校
ジェイアンドサチ - 予備校・大学受験・幼児教育・小学校受験・中学受験・高校受験
http://www.j-sachi.com/main/

*■ジェイサチの講師育成プロジェクト

塾の指導方法には、「一斉指導」、「個別指導」と2種類の教え方があり、「一斉指導」は20~30人を教室へ集め指導する
昔からあるスタイルです。それに対して「個別指導」はその子の学力や性格的なことを考慮し、きちんと消化できる
カリキュラムを各担当講師が組みます。

・個別指導塾講師の現状

J&Sachi塾では1978年の開校以来「こんな塾があったらいいな」をテーマに責任者2人、森先生とさち子先生が
世の中の常識を物ともせず、追求してきました。そのこだわりの一番大きなところが個別指導です。

個別指導塾と聞くと、学生アルバイト講師がメインであまり評判のよくない塾が多いらしいです。
更に、ほとんどの個別指導塾ではたいした研修を行っていないというのも良く耳にします。

・奇跡の合格率は塾生だけではなく、講師育成がしっかりしているから生まれる!!

J&Sachi塾では、身だしなみから始まり、指導に入る前・指導に入ってからの指導の始め方、採点方法(科目別)、
宿題の出し方、授業終了時の挨拶の仕方まで100を超えるチェック項目を日々確認してから指導に入っております。

大切なお子様達の未来のために、社員講師であっても学生講師であっても、指導内容に差が出てしまっては、
個別指導を行う意味がありません。
講師は入塾からしっかりと3ヶ月以上の基礎講習を行い、VTRを見せて終わりや、マニュアルを読ませて終わり
ではなく、こちらも個別指導を行いながら講師のスキルアップを図っています。

*■良くある質問

・自分の受けたい科目だけ受けることは可能ですか?
当塾ではさまざまなコースを準備しております。全ての科目をトータルにアドバイスさせていただくものから、ご自分の苦手とする科目のみを選択するコースまで様々です。

・入塾学力テストの結果で落ちるということはありますか?科目数は?
入塾テストは入塾できるできないを決めるものではありません。今の自分の力を認識し、 それにあったプログラムからスタートしなければ成績が伸びるものも伸びなくなってしまいます。あくまでこれからの自分(お子様)の未来の為に実施します。その一つのきっかけになればと思います。科目に関しては学年で違いますので詳細はお問い合わせください。

・定期テスト対策などもこの塾でして頂けるのでしょうか?
はい実施します。学校で使われている教科書や普段の授業から学ぶ事によって、 短期間で定期テストの学年順位を100番近く上げた方も多数いらっしゃいます。

・偏差値40で年齢も20代後半の僕でも入塾することは可能ですか?
もちろん大丈夫ですよ。今の年齢、学力が大切ではありません。これから自分がどうしたいのかと思う気持ちがとても大切です。そんな人を全力で私たちはサポートしていきます

・夏期講習(春期、冬期など含め)だけ受ける事はできますか?
もちろん大丈夫ですよ。休み期間中に集中して勉強したいと思われる方は多数いらっしゃいます。その声にお応えして聴講生として入塾することができます。休み期間中一緒に頑張りましょう。

復元してよろしいですか?