juno-106 @Wiki キャリブレーション

更新履歴

取得中です。

html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サービスマニュアルの和訳です。


調整


調整は次のリストの順序で行われなくてはなりません。

電源供給基板
	↓
テストモードに入る
	↓
モジュールボード
	↓
ジャックボード
	↓
MIDIの機能確認


注意


暖機運転(ウォーミングアップ)を少なくとも10分してください。
VCF 調整するのに必要です。




1. 直流電圧供給器(電源供給基板)



注意
この基板の上のどんなわずかな調整でも、残りの完全な調整によって後に続かれなくてはなりません。
電圧がないかテストポイントをチェックする前に、不意図的にトリミング器に触れないで下さい。

測定器:10mVの分解能を持つデジタル電圧計

1-1. 調整 VR1 for -15V +/- 10mV at (A).
1-2. 調整 VR2 for +5V +/- 10mV at (B).
1-3. 確認 +15V +/- 0.8V at (C).
1-4. 確認 +5V +/- 0.5V at (D).

(画像1)

TEST PROGRAM


次の調整は、CPUボードの上のCPUに保存されているテストプログラムの支援で行うことができます。


テストモードに入るには、
キートランスポーズ を押し下げた状態でJuno-106の電源を入れます。
画面には

       ----  ----
       |  |  |  |
       ####  ----    (#### = Segment on)
       |  |  |  |
       ----  ####

を表示されます。これはテストモードに入ったことを意味します。
テストモード中は それぞれのスイッチは以下のように動作します。


==============================================================================
SWITCH テストモード中の機能
==============================================================================
KEY POLY 1 UNISON: すべての6つのモジュールは
ASSIGNMENT 同時に押されているキーに割り当てられます
-------- ------------------------------------------------------
POLY 2 NON 前の鍵盤が押し続けられる限り、
ROTARY: 音色は CH6 に CH1 の順番で
押された鍵盤に割り当てられます
画面は現在のチャンネル番号を示します。
-------- ------------------------------------------------------
POLY 1 ROTARY: 音色は周期的な方法で割り当てられます;
& 7番目の鍵盤は1番目の鍵盤と同様になります。
POLY 2
画面は現在のチャンネル番号を示します。
==============================================================================
BANK GROUP A HOLD OFF
GROUP GROUP B HOLD ON
==============================================================================
TAPE SAVE MIDI FUNCTION II CHECK
CHECK LED VERIFY MIDI FUNCTION I CHECK
==============================================================================
MIDI CH D/A 出力を 0V にします。
==============================================================================

同様にバンクスイッチを押すと、次に示すテストプログラムを開始し、
下に示す前面パネルコントロールを呼び出します。
バンクスイッチはテストモードでは使えません。


=============================================================================
B TEST LFO DCO H VCF VCA ENV C
A FUNCTION --- ------------------- P --------------- --- ------------ H
N R D R S S S N L P P F F R E E L K L A D S R O
K A E A Q A U O F W W R E N N F Y / E R
T L N U W B I O M M E S V V O B S V U
N E A G A S Q O D E S
O Y E R E M P L
. E O O
D L
E A
- ------------ - - - -- -- -- -- - - - - --- -- - - - -- - - - --- -- --- -
1 VCA OFFSET 5 0 8 0 0 0 0 M 1 10 0 0 N 0 10 5 0 0 10 0 0
2 SUB OSC 5 0 8 10 0 0 0 M 1 10 0 0 N 0 10 5 0 0 10 0 0
3 VCA/CF GAIN 5 0 8 0 0 0 0 M 1 6.3 10 0 N 0 10 5 0 0 10 0 0
4 RAMP WAVE 5 0 8 ON 0 0 0 0 M 1 10 0 0 N 0 10 5 0 0 10 0 0
5 PWM 50% 5 0 8 ON 0 0 0 0 M 1 10 0 0 N 0 10 5 0 0 10 0 0
6 NOISE LEVEL 5 0 8 0 10 0 0 M 1 10 0 0 N 0 10 5 0 0 10 0 0
7 VCF HI/LO 5 0 8 0 0 0 0 M 1 10 0 0 N 0 10 5 0 0 10 0 0
8 RE-TRIGGER 5 0 8 ON 0 0 0 0 M 1 10 0 0 N 0 10 5 0 1.3 0 1.3 0
=============================================================================

編集機能はテストモード同様に有効です:
編集時、ディスプレイにはドットが表示されます。
テストモードに戻るために、バンクスイッチを押してください。



2. DCO CV オフセット (モジュールボード)


測定器 : 電圧計(1mVの分解能)
測定箇所: TP3
キーアサイン: POLY 1 (ユニゾン テストモードの間)

2-1. MIDI CH ボタンを押す:D/Aコンバーターの出力を0Vにする。

注意
pressing any key on the keyboard releases MIDI CH,
letting the D/A to develop voltage according to that key

どんなキーでもキーボードリリース midi ch の上に押し付けます。
そのキーによって電圧を発振させるために、D/Aをそうさせて、

press MIDI CH again to defeat the key voltage
キー電圧を破るために、再び MIDI CH を押します。

2-2. 調整 VR33 0Vを表示するように
2-3. 次の3の調整のために、MIDI CH ON を抜けます。



3. VCA BIAS (モジュールボード)


測定器 : 電圧計(1mVの分解能)
測定箇所: TP7
キーアサイン: POLY 1 (ユニゾン テストモードの間)

3-1. "2-1の注意"を参照しながら、MIDI CH を押します。
3-2. 調整 VR34 +0.25V - +0.27Vを表示するように



4. VCA OFFSET (モジュールボード)


測定器 : オシロスコープ
測定箇所: TP8 (CH1) から TP13 (CH6)
キーアサイン: POLY 1 (ユニゾン テストモードの間)

4-1. 以下のトリムをそれぞれ調整して、叩くようなノイズを最小にします。

(リスト)
(画像)



5. VCARESONANCE (モジュールボード)


注意

この調整は、3. VCA BIAS の調整後、10分以上経ってから行う必要があります。

測定器 : オシロスコープ
測定箇所: TP19 (CH1) から TP14 (CH6)
キーアサイン: POLY 1 (ユニゾン テストモードの間)